3月10日水曜日の夜は、ヤンマースタジアム長居でのJ1リーグ戦、セレッソ大阪×清水エスパルス戦へ。
D176C1DD-8C65-405D-84EE-0F03F2D7532C_1_105_c
開幕節を白星で飾ったセレッソだったが、関東でのアウェイ2連戦は大久保嘉人選手が開幕からの連続試合ゴールを決めるも、いずれも逆転負け。

昨季までセレッソの指揮官だったロティーナ監督率いるエスパルスとの対戦。

午後7時のキックオフには間に合わず。
スタジアムにつくと、既にエスパルスが先制。
5分にセレッソのパスミスの隙を突かれ、最後は中山克広選手に決められたようです。
C5F3040F-EC6D-44A8-80DB-1A5EDA337953_1_105_c


その後も劣勢が続いたんですが、22分に西尾隆矢選手が流れからJ1初弾。
CA60C23D-7D38-4A3E-AC31-5592B7EAF650_1_105_c
5B0439D9-89B2-4679-BB31-26684857BCA1_1_105_c

前半は1−1で折り返し。

後半は一進一退が続きましたが、39分に勝ち越しゴールが。
坂元達裕選手の右からのクロスに、
22731B12-2B17-4A38-9400-7E11FFD5F37E_1_105_c

清武弘嗣選手がボレーで合わせて、
F203ABF5-3453-4C95-9437-46C70F5735F6_1_105_c

エスパルスゴールの右隅へ鎮めました。
D31A8313-6C8B-4B42-AAF6-481AC0A2EB2C_1_105_c
8834E501-24D3-4D17-9F0F-9F1A975A6CB1_1_105_c
C9F23782-EDA1-46C1-8FFF-ACFA0D0BEFA0_1_105_c


試合終了間際にはPA内でエスパルスのハンドが取られ、PKを獲得。
9CB862D0-35D9-47B4-8936-8F5E8147421D_1_105_c


キッカーは途中出場の加藤陸次樹(かとう・むつき)選手。
CF5D0529-57F1-4E5A-8AC8-D8885462AFC5_1_105_c

大久保選手、清武選手が引っ込んだ後なので、お鉢が回ってきたか。

しかしPKは失敗に。
B8F55CA6-367A-4514-AC15-CC3EFF8DF415_1_105_c
0CE6757B-F9C9-4B86-9267-116767DF61FD_1_105_c

零れ球を拾うもハンドを取られ、追加点ならず。

この後は、エスパルスの反撃を受けることなく試合終了。
298B59F5-76B7-4441-9B76-547AA453292E_1_105_c

今季初の逆転勝利を収めました。
DC525A5E-8051-4AE2-8E45-7623D04CD5C1_1_105_c


試合終了直後、PK失敗で落胆する加藤選手を、松田力選手と高木選手が慰めてました。
E3C5C1AA-E165-4BFD-BED6-139F244F640C_1_105_c


F677D4A9-AC0C-4DBB-8903-7EF2FE34F19B_1_105_c
69496632-D932-4D24-B289-BB60E03486E2_1_105_c


試合後には、昨季までの2シーズンまでセレッソを率いたロティーナ監督と片山瑛一選手がセレッソゴール裏まで挨拶に訪れたようです。
#私はその時間にはスタジアムを後にしていました。


片山選手。この日も獅子奮迅でした。
41BF8788-EA31-4D21-A5C5-F6F7374E3C0A_1_105_c


なお、この日の大久保嘉人選手はゴールならず、開幕からの連続試合ゴールは3でストップ。
試合前には、450試合出場の表彰。

さらに等々力で掛けられていた大久保選手のゴール数のカウンターが長居へ。
おおきに。




◆3月10日 大阪・ヤンマースタジアム長居(長居陸上競技場)

C大阪 2−1 清水
(前半1−1)
(後半1−0)

【得点者】中山克広(清水)西尾隆矢、清武弘嗣(C大阪)

リンク:試合結果@Jリーグ公式

試合監督のクルピ監督、ロティーナ監督の話(Jリーグ公式より。)
===
[ レヴィー クルピ監督 ]
日本においては、簡単な試合は1試合もないと常々、思っています。今日の対戦相手も非常にバランスの良いチームでした。そういう相手に選手たちがタフに戦って勝てたこと、本当にうれしく思います。

−−最後まで攻める姿勢が生んだ得点だと思うが、清武 弘嗣選手の決勝点について。
清武選手は、以前、私がいたときからよく知っている選手。技術レベルの高さは皆さんにお話をする必要はまったくないと思います。今日のゴールも、彼の高い技術力が凝縮されたゴールだと思いますし、右足、左足、どちらでもあのようなシュートが打てる意味でも素晴らしい選手。今日のゴールも、彼らしさが出たと思います。

−−決勝アシストも含め、今日の2得点に絡んだ坂元 達裕選手について。
タツ(坂元)は期待している選手の1人です。彼の持っているアグレッシブなドリブル、ゴールに向かって勝負を挑む姿勢。そういうところを存分に出してほしいという期待を込めて送り出しています。彼のクオリティーも、勝利につなげてくれていると思います。

[ ロティーナ監督 ]
良いスタートを切って自分たちの時間帯を作った試合でした。その中で1点が生まれ、2点目が取れるチャンスがありましたが、そこで2点目が取れませんでした。そこから相手がボールを握って、特にCKでチャンスを作っていました。そこから同点ゴールが生まれました。ハーフタイムに修正した点を表現して、後半はまたわれわれの時間帯を作れてボールを持ってチャンスを作れましたが、そこでまたゴールが生まれませんでした。その中で、清武(弘嗣)の素晴らしいゴールが生まれました。内容を考えると、より良い結果を手に入れられたのではないかと思いますが、彼らが2点を取って、われわれは1点を取りました。それ以上でも、それ以下でもありません。

−−2失点目の守備の対応はどうだったか?
2点目も避けられたし、1点目も避けられたゴールだったと思います。強いチームは、あのような失点をしません。2点目は簡単にクロスを上げられて、そのあとはじき返すべきボールだったと思います。

−−ゴールを決めた中山 克広のパフォーマンスに対する評価は?
彼は素晴らしいレベルにあると思います。彼の貢献度には満足しているし、それはゴールだけでなく仕事量、その他の仕事についても満足しています。

−−チャンスが多くあった中で決め切れなかった要因は?
良いプレーができてチャンスも作れていたので、それを続けていくこと。あとは決め切るところだったり、少しの運が必要だと思います。良いプレーができていますが、自分たちのエリアと相手のエリアでより改善すべき点があると思います。
===
以上。