4月4日日曜日は、神戸ユニバー記念競技場でのラグビーのトップリーグ第6節、神戸製鋼コベルコスティーラーズ×パナソニックワイルドナイツ戦へ。
8D1238A7-7DB8-4D4A-BA1C-574F4B8EDCC1_1_105_c
ついに来たワイルドナイツとの対戦。

ワイルドナイツはかつての三洋電機ラグビー部。
神戸とはいくつもの死闘を繰り広げてきた相手。
だがトップリーグになってからは初年度の03年シーズンで勝って以来は負け続けている。
神戸が日本一を果たした2018年シーズンは、ワイルドナイツとの対戦がなかった。

今回は是非とも勝って欲しいところ。

チケットは完売必至かと思われたので、神戸のファンクラブ先行始まってすぐに抑えました。
JRFUメンバーズより300円引き。

しかし天気が生憎の雨。
99318EC4-EE11-47C2-975E-C01D3F3D53CF_1_105_c
87DFD84B-90B7-4877-A93C-560499E671DF_1_105_c

しかも会場の駐車場についてから雨が降り出してきた。

本降りで結局。試合終了まで雨に降ったままでした。
040BA669-477C-48F4-927E-CF8D4255E823_1_105_c


雨のユニバー。ポンチョが多彩。神戸のチームカラーに合わせて赤く染まれと謳えんかったか。
他競技の「セレッソ大阪」の簡易ポンチョや「阪神タイガース」のポンチョも。
6FF6D278-0AD6-410D-8647-D8039262BFC1_1_105_c


神戸のメンバーは。
833ADBAD-250E-4B8A-976A-BAA64BCE0866_1_105_c

フロントロー。右PR(プロップ)に渡邉隆之選手。
ナエアタ選手が欠場中のNo8(ナンバーエイト)にはブロディ・マクカラン選手。
バックスはCTBラファエレ・ティモシー選手が練習中の怪我で欠場。
かわりに右WTB(ウイング)ベン・スミス選手がCTBに。
右WTBには井関信介選手が先発に。

対するワイルドナイツは、FW第一列に稲垣啓太選手や坂手淳史選手。
B824A94A-816A-42E9-AEAF-74202FB97F9B_1_105_c

8D97045A-E79C-4E8C-B30A-4DE6654B6F5D_1_105_c

堀江翔太選手やヴァルアサエリ愛選手がリザーブという恐ろしいメンツ。
医者になる為、今季で現役を引退する福岡堅樹選手は先発。
CE30D9BB-A8B3-45D3-BEA8-309BF77BEF75_1_105_c

彼に走られたくない。

選手入場。
まずビジター側から。コロナ渦を考慮してか。両軍別々の入場。
C664F07E-9A5C-4542-AA55-7DFB7AEF1140_1_105_c

C664F07E-9A5C-4542-AA55-7DFB7AEF1140_1_105_c


つづいてホームの神戸。
450F87A1-D371-4F97-AF54-76298E32FC6E_1_105_c

たのむで。

キックオフ。

試合はまず神戸が先制。
相手陣内での中央でペナルティを獲得すると。
7379F8BF-2D4A-4470-AB6E-DE86CAB6D1BD_1_105_c

HOヘイデン・パーカー選手がキックを決めて。
72117006-F46C-4D3E-8903-AEDFBED21E8C_1_105_c
3CE65CD6-4CB9-4A43-8F8A-53E7846CFD24_1_105_c
06157264-FFC1-431E-B470-96D079F5A3CB_1_105_c
956C9730-4D43-4077-840D-B3C50F1241F8_1_105_c


その後は一進一退。ゲームが動かず。
658C5169-8B03-4EA1-AA09-4D9DF0D7E103_1_105_c

神戸FB山中亮平選手のアタックに、ワイルドナイツの第一列稲垣啓太選手が対応。大相撲のようにがっぷり四つ。
ワイルドナイツFB(15番)竹山選手の位置が、まるで行司(笑)

神戸は、ラインアウトは優位に見えたが、
CFBBAA2F-145A-4B47-84AD-88A4B39536C7_1_105_c

FW戦は不利。
D0A79468-1C8F-4549-A816-34129EE1FB89_1_105_c

スクラムを回してしまいペナルティを貰うことしばしば。
FW第1列の力の差がもろ。
相手の左フロップ(稲垣啓太選手)の押しに、神戸の右プロップ(渡邉選手)が屈しているような。

前半15分にワイルドナイツにペナルティを献上。
キッカーは松田力也選手。
9E3FB9DC-71A3-4E5D-B10D-0DF34A51AF3C_1_105_c

きっちり決めて、同点。
78538BDC-F759-4A17-93BD-2C03D5B7479D_1_105_c
65BAB080-1A11-47EC-92D3-9D7C00334CE1_1_105_c

試合は振り出しに。降り続ける雨でスコアボードが白く見えてました。
E9012561-485C-400B-9E39-FB4A48C1CBA1_1_105_c


25分には、FW戦で屈して相手のペナルティを。
D1ACCB54-FEBF-4131-BDC2-4A445AF6D6D7_1_105_c


キッカーは松田力也選手。
F0038428-25DD-4255-8A41-969523864B8B_1_105_c


連続写真で。
05FE6435-2B5A-4140-8D00-7F7003F5F5D1_1_105_c
1525D8CF-DFD7-4474-B6A9-80B4722AE1C8_1_105_c
1FE684B7-15D8-4AA0-9BC3-6F7DA39EEC7A_1_105_c
C8A5549D-9FA6-4FCB-BC06-49A8AEF78989_1_105_c

決められてしまいました。
832FF57A-2610-4A8B-B852-0AA71894D678_1_105_c


ビハインドに。
51605F15-970B-4972-8DBA-003A27261135_1_105_c
B6820E28-2B29-424C-A6D9-94CEC9B97484_1_105_c


その数分後に、神戸ペナルティ獲得。

ヘイデン・パーカー選手が確実に決めて。
9F948312-4AA0-4FF0-8E71-6AA4474686DA_1_105_c
F79C104D-8A8F-48E1-9816-0D307DB2B41C_1_105_c
240311BE-8BA7-4887-8C10-BD0FDD152CC3_1_105_c
84A548CF-5025-4064-9552-6E4AAE1ED307_1_105_c
DA019F89-7278-4716-8172-37DA3CA82F4F_1_105_c

063C7DA3-E57D-4121-89F0-E4F61A7AD4BB_1_105_c


試合は6−6で振り出しに戻って、前半終了。
2A11B1F9-FFD8-4F56-A472-D01BDE9C456E_1_105_c


後半アタマに神戸は選手交替。
FW第1列の渡邉選手を、山下裕史選手に。交替は功を奏して、スクラムは安定しました。

3分に神戸に勝ち越しトライの場面。
ヘイデン・パーカー選手の外へのパスに。
E609CA8B-6EFA-4D09-8320-3A75C964FA49_1_105_c

反応したのが。
C36BEB23-8252-41B8-843D-A1C882C0E988_1_105_c

WTBで先発の井関信介選手(14番)。
338DB03C-52D4-44FF-8D75-562CF3548541_1_105_c

相手ディフェンスを躱し、ボールをきっちりグラウディングしてくれました。
4EB108D1-C000-4726-8CCB-D84A5688226C_1_105_c
0BE31DAC-A901-4793-A0FF-2AB7F31F2BB7_1_105_c
2D240150-FCE1-40E7-B377-56A44C3F8101_1_105_c

5F78F665-13DD-482A-BECE-55762EAFADBF_1_105_c

パーカー選手のコンバージョンも決まって、13対6に。

しかし、その数分後に、相手に同点につながるトライを献上。


自陣中央でのスクラムから球出ししたワイルドナイツSH内田啓介選手に、神戸のラインの隙を突かれ、突破。独走。
BB4E107F-16ED-470F-82C2-9639BDE3EFC8_1_105_c
32B576A8-3C57-42AB-BB67-1C92754C6E97_1_105_c
FD3CFF8A-3093-4A07-AB1E-56810A341315_1_105_c

そのままトライへ。
2F6B4B54-25EC-470B-AA50-4A7A8D8063AE_1_105_c

してやったり。な。
9BD9FC44-B7D5-430B-8A2E-D60F55BF30B9_1_105_c

コンバも決まって、再び同点に。

その後、お互い得点が取れずに迎えた後半37分。

相手陣内でペナルティ獲得。
621DA3F3-2EC1-4EBC-AB35-EB1356FC9001_1_105_c


キッカーは元オールブラックスのアーロン・クルーデン選手。
EEFFA56E-6F51-4E9C-B36A-D5A6D49ACC2E_1_105_c
7BB2BE35-5100-4968-811D-5D8B7FDBE4F3_1_105_c

決まれば、ほぼ勝利は。
4C16A7E2-67DB-4AB8-A083-0537BCEB061F_1_105_c

だったんですが、キックは失敗。
44599EDC-8D38-4FAA-AF0E-278EE1DA2592_1_105_c

がっくり。

そしてノーサイド寸前の。
自陣でワイルドナイツの山沢拓也選手にキックで自陣のライン裏に転がされると、ボールは転々。
これを両軍全力疾走するも、ボールはインゴール寄り外側に出てワイルドナイツのトライはならず。
D772EFCD-B6C9-4E4D-BFC5-C307A3497E48_1_105_c


その後のラストプレーは神戸の攻撃。
27D10CAF-605D-41C5-A9BD-134B47952895_1_105_c

展開にしてトライに繋げるかと思ったら、キックで前方へ。相手選手が受け、そのままタッチへ。ノーサイドに。
EB16ED20-EC8A-459F-9D33-5CFEBE65C431_1_105_c

4B76F1EF-488C-41AF-A65F-CB710FF14720_1_105_c

あかんやん。ボールを保持し続けないと。トライにならんやん。
ワイルドナイツは引き分けでも順位は変わらんけど、神戸は引き分けでは2位のままやん。勝ちに行かないと。

しかし、雨中での激突に、両軍ファン惜しみない拍手が降り注がれていました。
E2367CC0-BD40-4669-81DE-C9D94E421C33_1_105_c


◆4月4日 神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

神戸製鋼 13−13 パナソニック
(前半6−6)
(後半7−7)

リンク:試合結果@トップリーグ公式サイト

この結果、レッドカンファレンスは最終節を残して、神戸とワイルドナイツの2位以上が確定。
再戦があるとしたら、プレーオフファイナル(日本選手権決勝)となりますが、次は勝ってほしいです。
DB8B8ED5-4C61-4F88-8835-1FD2D0925B0D_1_105_c


なお、試合後は、神戸の橋本大輝選手がリーグ通算100試合出場達成の表彰。
7A8C9F4C-A192-40BD-BF24-D973DC40F959_1_105_c
CF70C48B-0699-40A8-990A-244321F5DE25_1_105_c

両軍選手が揃って祝うのもラグビーならでは。
83E6ABE6-ACC1-4093-867B-E22493B99D38_1_105_c


雨が降り止まない神戸ユニバーから、以上、このへんで。
009C525D-B144-42F3-8F24-D6576C4CDC6F_1_105_c