今年、スピードの出し過ぎで運転免許を「免停」処分下りました。

そのときのエピソードを今後の戒めとしてまとめておきます。

1:オービス

まず、今年6月。制限80キロの「阪和自動車道」を結構なスピードで出ていた中(と記憶)で、突然目の前に赤い光が!
道路上に取り付けられているオービスが光ったのだと直ぐにわかりました。


真っ昼間にもかかわらず、はっきりとわかる赤い光でした。

そのときスピードメーターを見ると、一発免停である40kmオーバーであることがわかりました。
(一般道では30kmオーバー、高速道路では40キロオーバーが免停の対象)
あとで調べたら、オービスは(免停で)検挙できるスピードでないと赤い光を出さないのだそうです。

観念しておちついたスピードで帰路に。

2:警察に出頭

オービス光って1ヶ月以上たったある日、一通の呼出状が大阪府警から届きました。
9E4634D8-DF30-4CC5-AAB7-63F6EB55A5E4_1_105_c

「オービスにより速度超過を検知したから出頭して下さい」とのこと。
呼出状には出頭する日にちと場所が指定されていました。

大阪府内の高速道路上での検知でしたので、出頭場所が大阪府警の交通警察隊の事務所でした。
要はオービスを設置している府県の警察によりますので、遠方の高速道路で検知されたら、その遠方まで行かなければならなくなります。
白バイによる検知でなく、機械での検知ですので、呼出状が届くのが時間かかる場合が多いようです。

因みに大阪府警の交通警察隊の事務所は、阪神高速松原線の阿倍野入口近く。
IMG_3114


指定された期日(その日は偶々夏季休暇中でしたので、有給休暇を取得せずに済みました)
に、府警の交通警察隊の事務所に向かいました。
地下鉄だと御堂筋線動物園前駅から直ぐでした。
IMG_3116
IMG_3117


中に入り取り調べというか撮影された写真の確認。
一瞬の撮影にもかかわらず、ナンバープレートと運転席の私の顔がハッキリわかるものでした。
とても鮮やかで、認めざるを得ませんでした(苦笑)

写真は裁判所に送られるので渡せないと言われました。
その場で赤切符が切られました。
高速道路で45キロオーバーなので、30日間の免許停止となりました。
ただ試験場で講習を受ければ29日間の停止処分が短縮になる。実質1日の停止になると云われました。

赤切符には、裁判所に出廷し「行政処分」を受ける日にちが指定されました。
また別に運転免許試験場から「違反者講習通知書」が送られてくるので、それに従って、試験場で処分を受けて下さいとのことでした。

3週間くらいたって、門真の試験場から「違反者講習通知書」が届きました。
E65DE70B-74B8-4AE2-B06E-6375DB4D9172_1_105_c

免停処分の開始日が裁判所に出廷する日により先でしたので、先にに門真の試験場に向かいました。

3:免停講習

門真の試験場に向かいました。
IMG_3833
IMG_3795

当日は朝9時からの受付でした。
免停講習は、いつもの更新時には来ないフロア。4階の「処分者講習フロアー」でした。
IMG_3799
IMG_3804


受付で「運転免許停止処分書」「講習結果票」に
84350938-317B-4DD2-B075-88CFB45CB41D_1_105_c

「停止処分者講習受講申出書」をもらいました。
8D767BD8-D7F4-43D9-952D-BC9C603E1B3A_1_105_c

こちらには収入印紙を買って貼りつけました。
01245B62-0A78-4420-81E0-B2C502A2C6A8_1_105_c

印紙代(講習費用)は12600円でした。

講習についての簡単な説明とスケジュールが掲示されていました。
IMG_3812

IMG_3814

10時から17時。途中昼休み休憩ありますが、ほぼ一日びっしりでした。

午前はペーパーテストに、実車講習がありました。
ペーパーテストは冷静に考えれば無理なく答えられる問題ばかりでした。
05357108-6367-4526-9F2E-2AFF5A49D32B_1_105_c

実車は。結構恐れていたんですが、難なくパスできたと思いました。
06AA499E-4FB6-4EC2-A3EF-09F64C025785_1_105_c


午後のドライブシミュレーターによる適性講習は難儀しました。
E8E15DE6-1908-4B93-8979-265D517956DF_1_105_c
B56BF1C5-0F5B-41E8-9477-BCFE6EF5848D_1_105_c

シミュレーターで表示される画面に酔いそうになりました。
0439AD07-E4D1-40E8-B0D0-0FD885C52AFA_1_105_c

ハンドルがふらつきました。
ハンドルが軽すぎたからだと思いました。

そのほかの「法令」は講師から話を聴く時間でした。
集中力と眠気の戦いかと思いましたが、講師のかたが非常に話の巧いかたで、ダレずに聴けました。
ええ講師のかたでツイていました。

最後に考査を終えて、講習修了となりました。
結果、免停は1日で終わりました。
3D13F272-6A9D-45DA-B7FF-06EF6BC7BB3C_1_105_c


3:裁判(検察庁へ)

最後に略式裁判へ。
阪急宝塚線三国駅から徒歩の「大阪区検察庁交通分室」に向かいました。
IMG_3956

交通違反関連を専門に扱う所なようで。
IMG_3953

検察庁と簡易裁判所が同じ建物に入っており
簡単な取り調べから略式起訴→裁判、罰金の納付までは取り扱われていました。
72DF9C3A-DD02-4A8C-8120-90A018D40472_1_105_c


取り調べといっても大したことは聴かれず、ほぼYES、YESで罰金納付まで。
途中待たされましたが2時間も掛かりませんでした。

罰金は他に罪状(汗)はありませんので70000円で済みました。

顛末はここまで。

免停くらって、お金のペナルティ(罰金と講習含めて80000円超)が痛いですが、それより仕事があったので平日3日(わたしの場合は2日)休みを取る必要あるのが大きいです。
会社に事情を説明せんとアカンので。

もうせんようにと思います。

皆様、くれぐれも安全運転を。


(2021.5.4 0:00追記)
当時と比べ道交法が開催されたりオービスの性能もよくなっているのでいろいろ事情が変わっているようです。
お気を付けて安全運転を。


リンク:
違反者講習について/大阪府警本部
赤キップ 罰金と大阪交通警察官室について | 車情報車大好き
知ってた!? オービスの種類は6つあります@新車・自動車ニュースのWEBマガジン CarMe[カーミー]