東京は大井町にあるホテル「アワーズイン阪急」に宿泊。
OURS IN HANKYU

JR京浜東北線の大井町駅前にある「アワーズイン阪急」。
かつては一泊5500円で泊まれる格安ホテル。
ただし部屋には風呂、シャワーがなく、汗を流したければ最上階16階の展望大浴場へ。
風呂なしホテルと揶揄されましたが、銭湯育ちとしては浴室が別なのは問題ありませんでした。

その「アワーズイン阪急」が下階の阪急百貨店を含め「阪急大井町ガーデン」として再整備。
16階建てのホテルが、30階建てのシングルルーム専用のシングル館とツインルーム専用のツイン館と2つのビルが建つ大規模がホテルに生まれかわりました。
OURS IN HANKYU全景@公式サイトより

(上図は公式サイトより。)

シングル棟は遠方までの眺望が売りなようで。14日は歌舞伎鑑賞で都内での宿泊を考えていたのですが、平日(金曜日)ということもあり、公式サイトで空室を予約することができました。

当日は横須賀線の西大井駅から「光学通り」を経て大井町へ。
西大井から緩やかな坂を下っていくのですが、その先にアワーズイン阪急のシングル棟が見えました。
聳える感じがよくわかりました。


着いて、チェックイン。シングル館とツイン館はチェックインも別でした。
チェックインを済ませ、客室へ。高層階24階の東側の部屋でした。
IMG_4631

東京湾、羽田空港方面が一望でした。


以前と較べシングルルームにはシャワールームが着いていました。
しかもトイレとは別、セパレートでした。
IMG_4629

ただ汗を流したいかたは、それでええんでなないでしょうか。

シャンプー、リンスは旧アワーズの展望大浴場と同じくサラヤ製でした。本社が私の地元東住吉区にある・・・。
IMG_4627


料金は1000円ほど上がりましたが。
旧アワーズとは雲泥でした。ベッドもよさげで。

大浴場は最上階でなく下階にある「おふろの王様」という外部の温浴施設(後述)を利用することになっています。
宿泊料金とは別料金(500円)でチェックイン時に料金を支払いました。
IMG_4689


24階からの眺望。南北を貫く通路の北側より、東京都心方面が望めました。
IMG_4635


夜の客室からの眺望。向こうに「羽田空港」滑走路からの光が。
IMG_4683


朝になって風呂へ。温浴施設の「おふろの王様」へ。

一般客とは入口が別となっていました。客室のタオル持参が必要でした。
旧アワーズはタオルは使い放題だったと記憶。

外部業者の導入。専門ですから快適さは違いますが、朝から入りに来ている外部のお客さん多かったです。
おふろの王様

露天もありました。(浴室の画像はいずれもホテル公式より。)
おふろの王様露天風呂


朝食は和、洋と選べ、和食を選択。ホテル1階にある「大戸屋」で摂りました。
IMG_4694

値段が値段ちゅうのがありますが、簡素すぎる朝食でした。
IMG_4691

洋を選ぶとホテル直営のカフェでトーストセットだったようです。

朝はちゃんと摂りたいです。

まあ客室だけなら、かつてとは雲泥です。

人気で予約取れないのがよくわかりました。


アワーズイン阪急
東京都品川区大井1-50-5
03-3775-6121
JR京浜東北線大井町駅から徒歩1分(目の前)
地図


リンク:
【公式】アワーズイン阪急
阪急大井町ガーデン
おふろの王様