鉄道友の会制定の2021年「ブルーリボン」賞に、近鉄の名阪特急「ひのとり」として運行されている80000系が選ばれた。
kintetsu 80000 hinotori

「ブルーリボン賞」は、投票の前年に新たに営業運転を開始した鉄道車両の中から「鉄道友の会」会員の投票により選定される賞である。選定車両は年1形式のみとなっている。
鉄道友の会は1953年11月14日に設立された日本の鉄道愛好者の任意団体である。

「ひのとり」のプレミアムシートは「しまかぜ」のそれと同じくらいの乗り心地。
BE23E56E-C189-467E-B9C6-0006043E80D3_1_105_c

バックシェルのお陰で後席を気にせずにリクライニングを倒せるのが大きい。
CA54E8F5-8FFD-43FB-8B83-60241C35BFFC_1_105_c


東海道新幹線のグリーン車よりよりハイグレードな座席。
包まれたかのような感じで、名古屋まで快適の2時間だったのが、昨年乗車したときの鮮明な記憶に。

レギュラーシートもバックシェル付き。
B6CE8AAD-C450-472D-9D06-564CEA09CB1C_1_105_c

3D38857D-5462-4550-9016-7FC73C5A3374_1_105_c
5F987575-B9F2-4502-859E-24E37D1CF31A_1_105_c
99E07349-80BD-4F38-BCE3-6D25762FC641_1_105_c
0E7B5C3C-F7D6-4BA6-AB52-9FAEB7A52A66_1_105_c


速さなら新幹線でしょうが快適さでは、むしろこちらを選びたくなる「ひのとり」です。
39DD029F-97DC-41DF-86FB-8B333421B31E_1_201_a
6BDF9C7A-36C4-46D1-83D8-A93F8D6FF049_1_105_c




(写真は2020年8月に撮影。)


リンク:
鉄道友の会選定  2021年ブルーリボン賞・ローレル賞決定 – 鉄道友の会
近鉄特急「ひのとり」がブルーリボン賞に選出、ローレル賞にはN700S・サフィール踊り子 - 鉄道コム
鉄道友の会 - Wikipedia
特急ひのとり|近畿日本鉄道
近鉄名阪特急「ひのとり」(大阪難波⇔名古屋)(2020年8月6日) : MASARUのブログ(過去記事)


以下、楽天市場にリンクしています。