元大阪近鉄バファローズOBのドラゴンズ門倉健2軍投手コーチが、家族に黙って失踪。
その二軍戦も欠席したままで、その後、郵送されていた退団届を球団が受理して門倉投手の退団が決まったという。
門倉

中日スポーツの報道によると。

15日から無断で練習を休み、以降、連絡が取れず、16日には家族から愛知県警に捜索願が出されていた。先週末に門倉コーチから退団届が郵送で届き、その後、球団が受理。加藤球団代表は「無断で練習を休んだことも重く受け止めている。(退団届は)本人のものと確認できたので受理しました」と話した。球団、家族とも、現在も連絡は取れていないという。

何にもなければよいのですが。

リンク:【中日】門倉健2軍投手コーチが一身上の理由で退団…15日から無断で練習を休み、16日には家族から捜索願@中日スポーツ