今年、リニューアル工事が竣工した「ヨドコウ桜スタジアム(長居球技場)」。
建設資金の寄附者向けに、オンライン内覧会が5日、YouTubeライブで配信されました。
01_SAKURA_STADIUM_PREVIEW
事前に、寄附者向けにURLと配信日時が記された葉書が届いてました。
00_PREVIEW_NOTICE_POSTCARD

当日、そのURLにアクセスすると、YouTubeライブを行うURLが記載され、そこへアクセスする仕組みで。

予定の18時半ちょっと過ぎて配信スタート。

「YODOKO SAKURA STADIUM」のプレートが掲げられた入口前で。
番組進行はセレッソ大阪戦のスタジアムレポーター池田愛恵里さん。
02_SAKURA_STADIUM

セレッソ戦のスタジアムDJ西川大介さんとともにエントランスへ。
03_ENTRANCE

入ると、案内役のセレッソ大阪森島寛晃社長が出迎え。
04_PREDIDENT_MORISHIMA

社長、相変わらずの腰の低さ(ちょっと猫背(微笑))。

エントランス右側のガラス張りのスペースは「ミックスゾーン」。
05_MIX_ZONE

森島社長曰く試合日でないときはクラブスタックの飲食スペースになるという。外から丸見えな。

ビジター側の控え室から紹介されました。
ウォームアップルーム。
06_WARMUP_ROOM(VISITER)


ビジターのロッカールーム。ACL開催基準を満たす30人分の配置。
07_LOCKER_ROOM(VISITER)
08_LOCKER_ROOM(VISITER)


審判控室。
09_REFEREE_ROOM
10_REFEREE_ROOM


選手入場口。
11_PLAYERS_GATE


選手入場口は竹中工務店が開発した「ECMカラーコンクリート」に覆われ。
12_CONCRETE(CHERRY_BLOSSOM_COLOR)

コンクリートを生成する段階で桜色の粉が混ぜられてるようだ。削っても桜色のままという。
13_CONCRETE(CHERRY_BLOSSOM_COLOR)

#コンクリートに着色(外側から塗料を塗ることはあっただろうが)できるのは知らなかったです。

ベンチシート。20人掛け。
14_BENCH(HOME)

15_BENCH(VISITER)

#RECAROでなくなりました。

ピッチ上からセレッソ大阪藤本康太アンバサダーも参加。
バックのゴール裏スタンド。ヨドコウの屋根付き。いかにもヨド物置な屋根。
16_GOAL_URA_STAND

屋根下には照明が付けられなかったようで。ナイトマッチ開催時は後方の席は暗そうな。

ホーム側のロッカールーム。
17_LOCKER_ROOM(HOME)
18_LOCKER_ROOM(HOME2)

広い。
別にスタッフさんのも。
21_LOCKER_ROOM(HOME_STAFF)

ビジターとの差別化が図られている。
19_LOCKER_ROOM(HOME3)


ロッカールーム中央には、セレッソの清武弘嗣選手と、セレッソと共に新スタジアムをホームとするラグビー「NTTドコモレッドハリケーンズ」のヴィンピー・ファンデルヴァルト選手のユニフォームとスパイクが展示。
22_LOCKER_ROOM(KIYOTAME AND WIMPIE)
23_LOCKER_ROOM(WIMPIE)




ロッカールーム天井のLED照明。
24_LOCKER_ROOM(LED)

試合結果などによって、照明の配色が変えられるとのこと。
#レッドハリケーンズだと赤い照明になるんかな。

シャワールームには、深さ130cmの浴槽が温水、冷水それぞれ設けられていて、ハーフタイムでのクールダウンに使えるようだ。
25_BATH_ROOM(HOME)
26_BATH_ROOM(HOME-2)


シンク。
クーラーボックスに溜まった水を棄てることを考慮して、低い位置に。
27_SINK

スタッフさんの負担を軽減。

ホーム側のウォームアップルーム。前述のビジター側とともに人工芝が敷き詰められている。
28_WARMUP_ROOM(HOME)


その先にはホーム選手用のラウンジ。立食。
29_PLAYER_LOUNGE


外とはガラス張りの。
ラグビーのアフターマッチファンクションは、此処でやるんかな。

記者会見室。
30_PRESS_ROOM

会見室中央に柱が。。。

9日に行われる天皇杯の前日会見も此処で行われるようで。
実際にはコマーシャルボードが背景として掲げられるようです。

スタジアム正面に出ると、スタジアムロゴのLED標示。
JR阪和線の車窓から見える位置に。
31_ILLUMINATION


正面の壁に建設資金寄附者のネームプレートが掲げられるようだ(8月以降になるとのこと)
32_IN_FRONT_OF_THE_FRONT


メインスタンドのゲートは南北に1箇所ずつ。
北はナカバヤシゲート、南はコーナンゲート。
33_GATE(HOME)

34_GATE(HOME)_STAIRS

ゲート、いきなり階段。
寄附金での建設である為、必要最低限のコストで拵える必要あったのだろうが、スタンドの見た目の立派さに比べて、なんとも簡素な。
この狭い階段がもう1箇所含めて。2箇所しかない。
試合終了後、帰る観客のボトルネックになること間違いないだろうな。

2階コンコースへ。メインスタンドの下層席は2階。
35_2F_CONCOURSE
36_2F_CONCOURSE

ヤンマースタジアムよりはちょっと狭い。照明が明るいのは良い。

阪和線が拝めるアングル。
37_HANWASEN


森島社長の案内により、スタンドへ。このゲートは広い。
38_MAINSTAND_GATE
39_MAINSTAND_GATE
40_MAINSTAND_GATE
41_FROM_MAINSTAND_VIEW

ただ、このゲート手前に数段の段差がある。躓き(つまづき)注意。
それと、前述のゲート入口階段の狭さとのアンバランス。ゲート階段が狭いので試合後コンコースで人が詰まるだろうなあ。

下段スタンドからの眺め。
43_FROM_MAINSTAND_VIEW
45_FROM_MAINSTAND_VIEW
46_FROM_MAINSTAND_VIEW
47_FROM_MAINSTAND_VIEW


セレッソのマスコットロビーをあしらったゲート入口。
42_GATE_DESIGN

ここのほかにもロビーがあちこちと。
48_LOBBY


階段で2階から5階へ。
49_UP_FLOOR

池田さん、息切れてました。。。

5階は上段スタンドの最上段。まさに屋根裏な位置で、放送ブース(2室分)が設けられています。
50_5TH_FLOOR

ハーフラインの位置にスタジアムアナウンサーのブースが。
51_DJ_BOOTH

セレッソ戦では西川さんの作業場所になります。
そこからの眺め。
52_DJ_BOOTH_VIEW
53_DJ_BOOTH_VIEW
54_DJ_BOOTH_VIEW

上層スタンド最上段からの眺め。
55_MAIN_UPPER_STAND
56_MAIN_UPPER_STAND
57_MAIN_UPPER_STAND

58_MAIN_UPPER_STAND

かつてのメインスタンドの最上段と同じ高さですが。
2段スタンドでフィールド(ピッチ)に近い位置で建設されているので、俯瞰で近く拝めるかと。

サッカーだけでなくアメリカンフットボールも見易そう。

3階。下層スタンドの最上段な位置。「ビジネスラウンジ」。
59_BUSINESS_LOUNGE
60_BUSINESS_LOUNGE

ラウンジ付きシーズンチケット購入者向けのラウンジ。法人が商談で利用といっていたが、個人利用している人もいますよ。
新スタジアムでは料理のグレードアップもしてほしいところですが。
試合日以外ではイベントスペースとして利用を促したいようで。
そこからの眺め。
61_MAIN_UPPER_STAND

上段スタンドがせり出している分、圧迫感が。
南側に配されているスコアボード(ビジョン)拝めるのだろうか。
日産スタジアムのようにモニター設けてないところを見ると、それはないのだろうが。

VIPルーム。京セラドーム大阪でいうところのビスタルーム。
62_VIP_ROOM
63_VIP_ROOM

別室で調理された料理が振る舞われる想定。
64_VIP_ROOM

借りてみたく。

スタンド屋根の照明がLEDにグレードアップしたことで、試合前後でのショーアップに利用できるようだ。
66_LED_ILLUMINATION


メインスタンド最前列へ。
西川さんが立っている位置がサッカーのサイドラインあたり。
スローインなどは手が届きそうな位置にから選手の助走が拝めることに。
67_SIDE_LINE

森島社長がアップを続ける選手の位置に。声援は確実に届きますよ。

ゴール裏スタンド。
ヨドコウの屋根が覆います。
69_NORTH_SIDE_STAND
70_NORTH_SIDE_STAND

ACL規定をクリアすべく全席背もたれ付きの座席はコトブキシーティング製で、桜の花弁を模している。その並びが美しい。
72_SEAT@KOTOBUKI_SEETING


バックスタンドとなった旧メインスタンドの最前列は車椅子観戦者の観戦スペースに。
73_WHEELCHAIR_SPACE

スペース後方はLEDリボンの設置工事中。

バックスタンド側のロッカールームに。
74_BACKSTAND_LOCKER_ROOM

新スタンドのそれとは歴然。
風呂がないので、体を冷やす場合は、大きな桶を置いて貰って漬けていたという、当時選手の藤本アンバサダー。

バックスタンドの選手入場口。
手前はミックスゾーン。
75_BACKSTAND_PLAYER_GATE


ピッチ(フィールド)上へ。
76_PITCH
77_PITCH
78_PITCH

新スタンドが壮観。
こけら落としが楽しみだ。
番組は1時間半越えて終了。
80_ENDING


ヨドコウ桜スタジアム(長居球技場)
大阪市東住吉区長居公園1-1
地図

リンク:
ヨドコウ桜スタジアム
「ECMカラーコンクリート」を開発、初適用|プレスリリース2020|情報一覧|竹中工務店

(2021.06.06 10:14追記)
一部、文言の追加修正を行いました。