仙台の楽天生命パーク宮城で行われたイーグルスとオリックス・バファローズの首位攻防。
昨日を「雨天中止」で流した20日の2戦目。
イーグルスは早大卒のルーキー早川隆久投手。
オリックス・バファローズは初回から走者を置くも得点できずにいましたが、6回にようやく早川投手を攻略。

1死で走者を2人置いて、打者はスティーブン・モヤ選手。
01_モヤ先制打-01


打った当たりは。
02_モヤ先制打-02

左前にポトリ。
03_モヤ先制打-03

ようやくの先制。
04_モヤ先制打-04

05_モヤ先制打-05


続くは(昨年は相手のイーグルスに居た)ステフェン・ロメロ選手。
06_ロメロ加点-01

打った当たりは。
07_ロメロ加点-02

背走する二塁手の先でポトリ。
08_ロメロ加点-03

2点目。
09_ロメロ加点-04


そして伏見寅威選手の。
10_伏見3点目-01


内野ゴロ間に。
11_伏見3点目-02

3点目。
12_伏見3点目-03


両軍の好不調がツキになって表れたような3点。
早川投手はこの回で降板。

一方オリックス・バファローズの宮城投手は8回を投げ、
13_宮城8回無失点-01

被安打5の無失点。
14_宮城8回無失点-02

9回は平野佳寿投手に繋いでリレー完封。
15_9回は平野締める


イーグルスとの首位攻防はオリックス・バファローズの連勝。
16_首位攻防2タテ-01

イーグルスと並んでの同率首位となりました。
17_首位攻防2タテ-02


オリックス・バファローズの首位は2014年シーズン以来らしい。
森脇男前監督のときですかね。エライ昔。

(画像はパ・リーグTVのハイライトより。)



◆6月20日 楽天生命パーク宮城(宮城球場)

イーグルス 0−3 オリックス・バファローズ

B 000 003 000|3
E 000 000 000|0

リンク:日刊スポーツスコア速報