オリックス・バファローズが前身のブルーウェーブ時代1997年以来の10連勝。
10連勝
スコア0−1の2回表に、T-岡田選手が右中間へ同点ソロを放つと。
11_T岡田同点弾-01
11_T岡田同点弾-02
11_T岡田同点弾-03
11_T岡田同点弾-04


6回には、四番杉本裕太郎選手が左翼線への2点適時打で勝ち越し。
21_杉本勝ち越し2点適時打-01
22_杉本勝ち越し2点適時打-02
23_杉本勝ち越し2点適時打-03
24_杉本勝ち越し2点適時打-04

7回には、宗佑磨選手の右翼フェンス直撃の当たり。ファイターズ近藤健介選手のグラブ惜しくも届かず。の適時打で加点。
31_宗適時打-01
32_宗適時打-02
33_宗適時打-03
34_宗適時打-04
35_宗適時打-05

8回にも、杉本選手の適時打で駄目を押した。

投手陣は先発山岡泰輔投手が1回表途中1/3で降板するも、
01_山岡降板

山田投手を皮切りに後続の投手がファイターズ打線を抑えた。
41_山田
51_澤田
61_10連勝
62_10連勝

勝ち投手は4番手の富山投手。

(画像はパ・リーグTVハイライトより。)

◆6月22日 京セラドーム大阪

オリックス・バファローズ 5−2 ファイターズ

F 100 000 001|2
B 010 002 11×|5


リンク:日刊スポーツスコア速報