所用で球場に行けなかったので、DAZN中継でチェック。
3連敗中のオリックス・バファローズ。
3回までライオンズ先発ニール投手に単発の3安打に抑えられていたが、4回にようやく先制。


一死一二塁からT-岡田選手。
01_T-岡田先制打-1

放った打球は。
01_T-岡田先制打-2

右翼線への適時二塁打に。
01_T-岡田先制打-3
01_T-岡田先制打-4

この後ガッツポーズするT-岡田選手。
01_T-岡田先制打-5

さらに続く伏見寅威捕手が。ライオンズの意表を突く、初球スクイズを決めました。
02_伏見初球犠打で加点-1
02_伏見初球犠打で加点-2

してやったりな表情の伏見選手。
好投の宮城大弥投手に報いてやりたかったそうな。
03_伏見初球犠打で加点-3


続く5回には、走者2人置いて吉田正尚選手。
04_5回吉田正尚3ラン-1

ニール投手の投じた球をフルスイングすると。
04_5回吉田正尚3ラン-2

打球はセンターバックスクリーンへ。15号3点本塁打。
04_5回吉田正尚3ラン-3

スコア5−0とし、ライオンズを突き放します。

ネット裏上段席最後方で埼玉の「NACK5」向けに実況していた加藤暁アナウンサー曰く、5回表の山川穂高選手の飛球(中堅後方への飛球)とは打球の伸びが違ったという。
NAACK5公式twitterより

(NACK5サンデーライオンズの公式Twitterより)

この高さだと、打球の高さはわかりづらいが、伸びはわかると思う。大阪近鉄バファローズ時代の大阪ドーム上段席のシーズン席買って観戦していたときに、そんな打球はよく見ました。

そして7回にビッグイニング。
走者1人置いて、吉田正尚選手が。
05_7回吉田正尚左前適時打-1
05_7回吉田正尚左前適時打-2

左前への適時打を放つと。
05_7回吉田正尚左前適時打-3

さらに安打や死球と二死満塁となり。
打者は4回にスクイズ決めた伏見寅威選手が今度は。
06_7回伏見3点適時打-1

左中間への3点適時二塁打を放ち。4打点の荒稼ぎ。
06_7回伏見3点適時打-2
06_7回伏見3点適時打-3
06_7回伏見3点適時打-4

その後、紅林弘太郎選手にも適時打が飛び出し、計10点を挙げました。

投げては先発の宮城大弥選手が5回を投げ無失点。ハーラートップの今季8勝目。
07_宮城大弥5回無失点8勝目

その後は継投でリレー完封。快勝で連敗ストップさせました。
20210627BvsL

IMG_1001


(以上、画像はパ・リーグTVハイライトより。)

◆6月27日 京セラドーム大阪

オリックス・バファローズ 10−0 ライオンズ

L 000 000 000|0
B 000 230 50X|10


リンク:日刊スポーツスコア速報