京都は「上七軒(かみしちけん)」にある中華料理店「糸仙」の「すぶた(古老肉)」と「春捲(はるまき)」を。
ADE4B963-8877-4C1E-BBF6-CB3476AD61EE_1_105_c
花街で知られる「上七軒(かみしちけん)」の路地中にあるお店。
EE78C3A6-6271-48DF-82D6-8ECF0E58705F_1_105_c

前から行きたかったお店でしたが、行って見たいと思い、満席はヤなので、事前にお店に電話してからGO。

カウンター席へ。

「春捲(はるまき)」と「すぶた(古老肉)」を注文。
ノンアルコール飲みながら、待つ。

カウンターにはTVが置かれてて、タイガース戦中継が。
カウンターの上には、2003年のタイガースリーグ優勝時の額が掲げられてました。
でもこてこての虎風味な店ではなく。

花街のお店なんで、芸舞妓さんの団扇が壁一面に(微笑)

まずは「春捲」が。
544C1CA4-EDBA-486E-88D7-325780C89FC4_1_105_c


細く刻んだ筍などを、薄い卵の皮で巻かれている。
具のサクサク感と、パリッとした皮。
かなり軽い。

世間一般の「春巻」とはまるで別もんな味わい。
他店のギトギトのとは、真逆な。

花街の綺麗所さんの小さな口にも入る大きさです。

「春捲(はるまき)」食べ終わった頃に、「すぶた(古老肉)」が。
ADE4B963-8877-4C1E-BBF6-CB3476AD61EE_1_105_c

女将さん自ら豚肉を揚げた後、別のかたが餡を絡めて、供されました。
それが一望できるカウンター席(微笑)

脂身がない豚肉が、これもまた小口にカットされて、揚げてある。
429C7ABE-4BE0-4BD2-B19B-BD20DF73600B_1_105_c

その上にパイナップルと、黄金色といってもいい蜂蜜色の餡が。シンプル。
上品な色合い。
この餡がちょっと甘め。
脂濃くない豚肉の旨味。
他店の「こってり酢豚」と、これまた真逆。

ごっつおさん。

ご家族でお店を営んでいて、女将さんの丁寧な接客と差配が素晴らしく。
敷居の低いお店です。

予約必至なのがわかります。この味、この接客やもん。
おおきに。また来ます。
47375C31-AB15-48CA-B282-D2E8C2A33AC4_1_105_c


廣東料理 糸仙(いとせん)
京都市上京区今出川通七本松西入ル真盛町729-16
075-463-8172
17:30〜(夜だけの営業です。営業時間はお店に確認下さい)
火曜水曜定休(食べログ情報)
現金決済のみ
嵐電「北野白梅町」駅から徒歩10分
京都市バス「上七軒」から4分
駐車場なし

参考リンク:
食べログ
広東料理 糸仙:京都のグルメ情報 | DigiStyle京都


参考書籍。
姜尚美さんの『京都の中華』。表紙が糸仙の「すぶた」です。
amazonにリンクしています。