3日に福岡ペイペイドームで行われたホークスとオリックス・バファローズの一戦について。

試合は2回、この日一軍登録されたスティーブン・モヤ選手がレフトスタンド前「ラッキーゾーン」への一発。

観客増を見込んでのグラウンドにせり出したスタンドへの一発。
ありがとうペイペイドーム。

8回に追い付かれた後の9回、2死から走者を二人置いて、アダム・ジョーンズ選手が。
ホークス3番手板東湧梧投手の失投を見逃さず、センター返し。


これが決勝点。

先発の山本由伸投手は8回を被安打3。8回栗原陵矢選手による適時打の1失点だけ。
危なげない投球で今季12勝目。

試合中、吉田正尚選手放ったファウルボールも、難なく「処理」。
打球に注意していたんでしょうね。



試合後のアダム・ジョーンズ選手「あのー、やりました!やったりました!」




◆9月3日 福岡・ペイペイドーム

ホークス 1−2 オリックス・バファローズ

B 010 000 001|2
H 000 000 010|1


リンク:日刊スポーツスコア速報