7日に、ほっともっとフィールド神戸で行われたゲーム差無しの首位攻防の初戦は、ホームのオリックス・バファローズが制しました。
先発宮城大弥投手は5回を投げて3失点。
序盤に失点を喰らうも3回以降は無失点に抑え、味方の反撃を待ちます。
0E618FF3-3538-46AE-BFA8-86B9950615C7


試合はスコア1−3の8回、先頭打者は、この日一軍登録された大下誠一郎選手が代打で登場。
F8731C29-01FF-4CF1-B228-02BD118B5E23

佐々木千隼投手の投球をフルスイング。
F2A33B33-4638-4702-9F70-3013BABBB85E
87C494B3-246A-4166-800D-D2FC2EE0BC2B
52DAD1EA-6C4A-4C4F-91AB-DE5A3B1EFD1E


打球はレフトスタンド最上段へ。
995F5F04-91B4-4D96-8B20-85E78ED78963

反撃の口火を切ると。
7B12E0DD-9BFB-436F-A8C4-1951ACFDF1CE


この後の、伏見寅威選手がレフトへの二塁打で出塁。
2B8C4C3F-EE36-4FA6-8675-F2719A324296

二死三塁となって福田選手の当たりを。
E16A5B77-6DAF-4F59-966E-33FC2A99B201

マリーンズの遊撃手エチェバリア選手がエラー。
69B70910-6174-4C8F-911E-B8C5603454DA

伏見選手が生還し、スコア3−3の同点に。
182DFFFA-3EF7-48F6-A8CE-E8335FE0ECD8

続く9回には、マリーンズ田中投手から。
398F7393-6207-4D5D-8982-8006C4DB66FF

ヒットと敬遠などで一死満塁となったところで。
98F1E25F-4802-459D-B128-F7FF29A44358

ここで大下選手。
B8D1B68B-42C4-4404-BB60-353A91EC846C

放った当たりは。
93793BF5-E6E7-4724-A36C-1EBAD52AEB97

8DE7A994-CF77-4A35-940D-2F0960C406B3

中堅越えのサヨナラ適時打。
5C1D81A7-488A-47A0-92AD-B8782FE9649F


毎度何かが起こる神戸でのマリーンズ戦。
敗戦濃厚なムードを払拭する劇的な幕切れで、ホームチームが再奪首を決めました。
F9F02575-BA50-4C14-AA03-341A35B20104


(以上、画像はパ・リーグTVハイライトより。)



◆9月7日 ほっともっとフィールド神戸

オリックス・バファローズ 4−3 マリーンズ

M 210 000 000|3
B 001 000 021X|4


リンク:日刊スポーツスコア速報