8月8日日曜日は、宝塚大劇場での宝塚歌劇雪組公演『CITY HUNTER』へ。
8D42BE0B-4F5E-4302-B29E-8B493213CD08_1_105_c
F1432C67-928C-4FB8-924F-3F644B6F9F1C_1_105_c


目当ては今から30年ほど前に週刊少年ジャンプの連載からスタートし、TV放映されていた漫画『CITY HUNTER(シティーハンター)』の舞台化。
IMG_2792


最初この話を聞いたときは、下ネタも出る男臭い漫画を宝塚に乗るのか想像できませんでした。

公演プログラムに原作者の北条司がコメントを寄せてましたが、同じコメントされてました。

TVアニメ化されたのって今から、30年も前の。
キャストは殆どが生まれるまでであろうし、産まれていたとこしても幼年期で。
リアルに見てないので。おそらく制作側が乗り気で進んだでしょう。

で拝見しました。
前の不安は一切必要ありませんでした。

原作のイメージを忠実に再現。
かつ、シリアスとコミカルの緩急の付け方が絶妙で最後までダレず。

雪組新トップの彩風咲奈(あやかぜ・さきな)の冴羽獠(リョウ)。
スケベごころ満点の兄ちゃんを決めてました。新聞でインタビューしてたときと違った印象で。
振り幅が凄いね。

原作、アニメでの「もっこり」は「ハッスル」に変わってました。
そこはヅカやから。

同じく新トップ朝月希和(あさづき・きわ)の槇村香も、ハマってて、100tハンマーで振り落として、獠(リョウ)を”しばく”のも決まってました(笑)

そして宝塚歌劇なので、劇中音楽はオーケストラ演奏。
『Get Wild』や、コヒー(小比類巻かほる)の『愛よ消えないで』が生歌です。
ええとこで聞かせるんです。


続編、シリーズ化せえへんかな。

幕間休憩後の二部はレビュー『Fire Fever!』。

バラードに乗って舞う朝月希和のブランカがツボでした。

宝塚大劇場での公演は9月13日(月)まで。その後は、東京宝塚劇場で。
IMG_2790


(出演者は敬称略)

リンク:
雪組公演 『CITY HUNTER』『Fire Fever!』 | 宝塚歌劇公式ホームページ
宝塚歌劇 雪組公演『CITY HUNTER』『Fire Fever!』公演特集

おまけ
公演幕間休憩に、劇場カフェテリア「フルール」で公演ランチ。1300円。
話に出てくる「100tハンマー」がロールキャベツで再現させる遊びごころ。
338B9D73-6BD1-419E-A661-0928458FF8F9_1_105_c
059536B7-2E33-4168-8156-B17147229157_1_105_c

味はもちろんよかったです。
女子が集まるところに不味いもんなし。