ZOZOマリンスタジアムでのマリーンズとオリックス・バファローズの上位対決3連戦の2戦目は、ビジターのオリックス・バファローズが21安打15得点を挙げ連勝。
20210929マリーンズ×オリックス・バファローズ@マリン

オリックス・バファローズは、マリーンズ先発美馬学投手から毎回のように走者を出すも、打線が繋がらず4回まで無得点でしたが、スコア0−2の5回にようやく反撃の口火。

先頭の宗佑磨選手が右前への安打で出塁すると、ここで長期離脱から復帰した吉田正尚選手が。
吉田正尚

吉田正尚

中堅越えの二塁打を放ち、宗佑磨選手が生還。
スクリーンショット 2021-09-30 0.03.11

まず1点を返します。
スクリーンショット 2021-09-30 0.03.15

スクリーンショット 2021-09-30 0.03.19


この後、四番杉本選手が安打で出塁し、二死に走者を二人置いた場面でマリーンズが美馬投手から、東妻投手にスイッチ。この継投が裏目に。
スクリーンショット 2021-09-30 0.03.37

迎えたスティーブン・モヤ選手が。
スクリーンショット 2021-09-30 0.03.41

2球目のツーシームを叩くと、
スクリーンショット 2021-09-30 0.03.41 1

打球はバックスクリーン右へ。
スクリーンショット 2021-09-30 0.03.45

逆転となる10号3ランとなり、スコアは4−2。

ガックリの東妻投手。
スクリーンショット 2021-09-30 0.03.48


さらに四球と三塁のエラーで貯まった走者2人を。
一番福田周平選手が。
スクリーンショット 2021-09-30 0.04.00

左中間への適時二塁打を放ち、
スクリーンショット 2021-09-30 0.04.03

走者一掃。2点追加。
スクリーンショット 2021-09-30 0.04.07


中嶋聡監督思わずガッツポーズ。
スクリーンショット 2021-09-30 0.04.09


この回だけで一挙6点。打者一巡。マリーンズを突き放します。

さらに、続く6回には、吉田正尚選手が。
スクリーンショット 2021-09-30 0.04.18

右中間への21号ソロ。
スクリーンショット 2021-09-30 0.04.20

スクリーンショット 2021-09-30 0.04.24


このあとも打線の勢いは止まらず、7回に3点、
スクリーンショット 2021-09-30 0.05.31

9回には5点を挙げ、首位マリーンズに21安打15点挙げる猛攻。
ビジターでの直接対決で連勝を決めました。
スクリーンショット 2021-09-30 0.06.45

スクリーンショット 2021-09-30 0.06.55


先発山崎颯一郎(そういちろう)投手は、5回2/3投げて、被安打4の2ランによる2失点のみで、プロ初勝利。3回から5回までは被安打なしでした。
スクリーンショット 2021-09-30 0.04.31


これでマリーンズとオリックス・バファローズとのゲーム差は1に縮まりましたが、30日の試合でマリーンズが勝てば、リーグ優勝へのマジックが点灯することは変わりないですし、オリックス・バファローズが勝ったとしてもマリーンズが首位であることに変わりはありません。

(画像はパ・リーグTVハイライトより。)

◆9月29日 ZOZOマリンスタジアム

マリーンズ 2−15 オリックス・バファローズ

B 000 061 305|15
M 020 000 000|2


リンク:日刊スポーツスコア速報