オリックス・バファローズの吉田正尚選手が2日のホークス戦(京セラドーム大阪)の4回、ホークス二番手の大関投手から、死球を受け、交替。

診断の結果、右手首の骨折が判明したようで。

きょう3日にも、出場選手登録抹消となるでしょう。

その場面、動画で見たが。



当たる瞬間までボールを凝視しているのが。
避けようと思ったら、避けられるだろうが。
プロの打者として、最後まで攻める姿勢を見せている。

おっそろしい場面ですが。プロとしての矜持を見せ付けられた。

チームは、チーム力を試させている。
これから正念場です。


リンク:オリックス・吉田正 右尺骨骨折で登録抹消 痛すぎる主砲の離脱― スポニチ Sponichi Annex 野球