映画『サマー・オブ・ソウル』を観賞した心斎橋のシネコン「イオンシネマ シアタス心斎橋」のスクリーンが最大収容人数9人で1席4000人のスクリーン「グランシアター」でした。
IMG_4636
かつての「そごう心斎橋本店」が大丸に売却され「大丸心斎橋店(しんさいばしみせ)北館」となり、
IMG_4651

その後、隣りの「大丸心斎橋店(しんさいばしみせ)本館」建替オープンと同じ時期に、「大丸北館」から「心斎橋PARCO(パルコ)」に衣替え。
IMG_4650

その12階に今春オープンしたのがシネコン「イオンシネマ シアタス心斎橋」。
IMG_4649

IMG_4623


その1スクリーンが、最大9席収容(コロナ禍の現在は最大5席)のプレミアスクリーン「グランシアター」。
IMG_4636


その座席図(イオンシネマのホームページより。)
gran theater


観賞料金は1回の上映で4000円と、通常の映画料金(1900円)に比べ、倍以上しますが、その付加価値は観賞環境にあり。
座席(コトブキシーティング製)は革張りで、電動リクライニング付き。
IMG_4633

ボタン操作で、ほぼ水平の観賞環境に変えることができます。
IMG_4635

しっかり腰を支えてくれるので。ストレスなく観賞できました。

ほぼ水平にしても前の座席を蹴ることはないくらい、前後のスペースは広く取られています。

ドルビーアトモス対応のスピーカー。本日観賞した『サマー・オブ・ソウル』。
ライブパフォーマンスでスピーカーの音は割れることなく、臨場感たっぷりでした。

あと1ドリンク1フード付きで、スクリーン入場前に注文しておくと、
IMG_4625


スタッフさんが席まで届けて頂けます。
IMG_4639


デザートは旨かったですが、上映開始後の暗闇の中では食べづらく、かつ珈琲は利尿作用あるので、長時間の観賞には注意したほうがと思いました(汗)

都心のスクリーン故の設定なのでしょうが。
シート、音響、食事のパフォーマンスを考えると、相当の価値あると思いました。

イオンシネマ シアタス心斎橋
大阪市中央区心斎橋筋1-8-3 心斎橋パルコ 12階
06-4256-3156
地下鉄心斎橋駅直結
地図

リンク:
シアタス心斎橋 - イオンシネマ
心斎橋PARCO -パルコ-
話題のシアタス心斎橋「グランシアター」で極上の映画鑑賞を体験!|コトブキシーティング株式会社(リクライニングシートを納入された業者さんによる紹介ページです。コトブキシーティングさんはヨドコウ桜スタジアムの座席も拵えられています。)