11月20日、「オリックス・バファローズとして初の日本シリーズが開幕。
パ・リーグでは無敵だった山本由伸投手。
数多い球種にスワローズ打線を手こずらせてましたが、球数を多く放らせる作戦を採られて、苦しくなり、6回に適時打を先制を許してしまいます。

対してスワローズの奥川投手に力負けしていたバファローズ打線でしたが、7回に同点を追い付きます。
代打スティーブン・モヤ選手が奥川投手のボールを右翼席へ。同点ソロとなり、スコア1−1に。

奥川投手は7回で降板。この後は継投勝負で。

8回ヒギンス投手が山田選手をヒットで出した後、続く四番村上選手にスライダーを狙われ、バックスクリーンへ。勝ち越し2ランとなりスコア1−3。

敗色濃厚かと思われましたが。
続く9回を4番手比嘉幹貴投手が3人で封じると。
その裏、バファローズ打線がスワローズの抑えマクガフ投手に襲いかかります。

まず先頭の紅林弘太郎選手が右前打で出塁すると、続くは代打のアダム・ジョーンズ選手。
ベテランならではの選球眼で四球を選び、無死一二塁に。

ここで一番の福田周平選手がバント。
これをマクガフ投手が捕球すると一塁でなく三塁へ。
これがセーフとなり、無死満塁に。
マクガフ投手焦っているようでした。

続くで宗佑磨選手。マクガフ投手の4球目をセンター返し。
2点適時打となり3−3の同点に。

完全に形成逆転。そして迎えたのが3番吉田正尚選手。
マクガフ投手の初球を弾き返すと、ボールは、なぜか前進守備していた中堅手の頭を越え、サヨナラ安打に。

9回2点ビハインドからの逆転勝ちで、「オリックス・バファローズ」初の日本シリーズ勝利をものにしました。

サヨナラ打を決めた後、青学の先輩杉本裕太郎選手に抱えられる吉田正尚選手。
IMG_6218


スワローズの攻略野球に屈するかと思ったら、最後劇的な結末。
それに至った相手の焦りに乗じた攻撃が凄まじかったです。
でもまた1勝しただけです。

◆11月20日 京セラドーム大阪(大阪ドーム)

オリックス・バファローズ 4−3 スワローズ

S 000 001 020|3
B 000 000 103x|4


リンク:日刊スポーツスコア速報