大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第15回を見た。 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第15話を見た。
上総広常粛清の回。
子供の頃に読んだ「まんが日本の歴史」でその史実は知っていたが。


自身に匹敵する力強い者がいる限り。自身がいつかやられる思いがあって。
鎌倉殿の13人第15話49.34

広常を切らずに済む手立てを賽に求めた景時であったが。
史実にもある場面なんで善児に殺害させる訳には行かない。
鎌倉殿の13人第15話54.47
鎌倉殿の13人第15話55.47
鎌倉殿の13人第15話56.28
賽の目が「四」と出た隙に。
鎌倉殿の13人第15話56.44
鎌倉殿の13人第15話56.47
鎌倉殿の13人第15話57.04
鎌倉殿の13人第15話57.26
鎌倉殿の13人第15話58.12

義時への頼朝のこの一言で首謀者を悟った広常だっただろう。広常は頼朝を信じていたのだ。
鎌倉殿の13人第15話58.21

景時の刀が広常の体を貫いている。
鎌倉殿の13人第15話58.39

御家人への「見せしめ」。刀をない状態で後ろから斬られ、烏帽子が外れ。屈辱的。
鎌倉殿の13人第15話58.51
鎌倉殿の13人第15話00.55

大庭景親の最期の一言がここで効いてくるとは。
鎌倉殿の13人第15話00.00

洋ちゃんが頼朝に見えた瞬間。 鎌倉殿の13人第15話00.38

のち、広常の鎧から文が見つかり紹介される(是も史実らしい)
坂東と鎌倉殿の今後を願っていた一文。
鎌倉殿の13人第15話02.58
鎌倉殿の13人第15話03.40

それでも頼朝は「あれは謀反人」を通していたが、本当は解っていたはず。でも立場として云えないのだろうな。

ラストで義時と八重姫との間に、のちの北条泰時が誕生したシーンを。
今回これが唯一の救い。
鎌倉殿の13人第15話05.19



広常を演じた佐藤浩市さんのインタビューへのリンクを載せておきます。 リンク: ・特集 インタビュー 上総広常役・佐藤浩市さんインタビュー 〜はみだし者が物語を動かす〜 | NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。