5月3日火曜日は、佐賀県鳥栖市、駅前不動産スタジアムで行われたJ1リーグ戦、サガン鳥栖×セレッソ大阪戦へ。
2022J1第11節:鳥栖×C大阪@駅前不動産スタジアム(2022年5月3日)

GW3連戦の2戦目は、GW後半3連休の初日と重なり、駅前不動産スタジアムには14000人を超える観客を集めました。

個人的には3年ぶりの鳥栖。
IMG_3016


鳥栖が九州の中央に位置にしていることがわかる地図。
実際九州を縦横に走る自動車道の十字部分が鳥栖で。
IMG_3019


セレッソは3年ぶり、GWは有観客の試合でした。
154D11F8-E878-44F2-BA1F-E9291493A6F7_1_105_c

スタメンは。
3F1A13DB-8D75-4BB5-9CCA-273E83D8DB3C_1_105_c

62863B6F-4D44-4354-B67F-8BEE4CD1840D_1_105_c

前節のアントラーズ戦から先発2人を変更。
V・ファーレン長崎から移籍してきた毎熊晟矢選手が移籍後初先発。
一方サガンに復帰した藤田直之選手はベンチスタート。


序盤からサガンのペースで試合が進みました。
前線から高い圧力を掛けられ、押し込まれた展開。我慢の時間が続きました。

マテイヨニッチ選手はこの日も何人力の活躍。
絶妙なポジショニングで危機を未然に防いでいました。
07AF56E6-82E4-4010-9EC6-5AAE34AED0DC_1_105_c


ようやく得点機が。
前半39分には、高い位置からのプレスでボールを奪うと、これにサガンGK林一圭選手が飛び出し、無人となったゴールを加藤陸次樹選手が角度の無い位置からシュートで狙うも、ボールはゴールライン前を横断し、得点とはならず。
53AB5E38-F758-4B88-9EE4-1C0E7C1FE9AA_1_105_c
3F7D9713-818F-4D83-8847-95862BAF5819_1_105_c

続く40分のシュートは、GK朴一圭選手の正面に。
C30BE300-14B2-4062-AFA2-FEF877A1A531_1_105_c

前半終了間際の原川力選手のFKも、相手選手に阻まれ、ゴールを奪えず。
EB3CA90D-E2AA-422C-8133-E9800869C05B_1_105_c

双方得点できずハーフタイムへ。
F1E2686F-AF00-4B9D-A926-75755E4EB7C3_1_105_c
B8C76B3B-538F-4543-9CCF-1BFBCD239B7C_1_105_c

ハーフタイムの清武選手。
0E4CDDFE-B022-48FB-81EB-B08B591BE0F5_1_105_c

この日はメインスタンドの下段最後列の座席を押さえましたが。

手前サイドのコーナーキックは前列の観客の頭で死角に。
497FC7E0-94BA-4417-BCE6-32ACDD52A224_1_105_c

座席選びの参考に。

後半もサガンが押し込む展開に。交替のカードを切ります。
後半15分過ぎには、清武選手からジェアンパトリッキ選手に、
BFB28421-0784-43F6-BE00-B9D24E90B720_1_105_c

加藤陸次樹選手からブルーノメンデス選手と2枚替え。
0CE3E9F8-E359-40AA-BECB-572D492E382B_1_105_c

さらに後半25分過ぎにも2枚替え。
2D479952-EE52-495E-BAEB-FBE6317A2C74_1_105_c

毎熊選手から中原輝選手に、山田寛人選手からアダム・タガート選手に。
6DBD976F-517D-4F2F-84C6-AD69C6392BAF_1_105_c
60294991-4A20-4948-A4B5-F86409E40C9F_1_105_c

前3枚を外国人選手に委ねるパワープレー。

その直後に得点機が。ジェアンパトリッキ選手が左サイドのスペースを突き、マイナスの折り返しを送ると、
CFA8117F-DDEC-4E25-8E3F-9A23BEBAE4E9_1_105_c

中央を突いたブルーノメンデス選手のシュートがサガンの田代雅也選手(吉田豊選手風の)の手にあたり。
EDC08F42-1C24-44A3-8F00-5C35492F41E0_1_105_c

PKの判定。
DDF45525-997A-4E70-A594-96683DD333C1_1_105_c

ブルーノメンデス選手はこれを冷静にサガンゴールに沈め。
B4BF9C8E-7FAB-4FB6-9E18-104B3C0141CF_1_105_c

4FE57205-8431-41DF-B88A-FB4E36E21EE6_1_105_c

ようやくの先制。
AF5D8C35-4BFA-46C4-BD94-BE4D2C628170_1_201_a
C0B6DDD1-3F8D-473D-9214-D65810AB9385_1_105_c


直後の喜びよう。
CEC6D4EB-53ED-4E79-BDAD-1F20F7A3C970_1_105_c
0F1DE24B-AAF6-4B92-95BD-19878263C99F_1_105_c

1分ぐらい時間を取ってました。イエローを取られないかと冷や冷やしました。
80A95604-25B1-4BA7-98E6-57B8A1DA6A34_1_105_c

先制すぐにCKを獲得したときの。
EF6BBAEB-F4ED-4CF9-BEFF-5D23904209A9_1_105_c

この喜びよう。ウキウキ状態のブルーノメンデス選手。
B35810BE-5934-4E05-BC22-B37502A76E0A_1_105_c

CKは。
2C112848-43EF-4356-BBB4-961147258A6A_1_105_c

追加点ならず。
2638AD7D-F99F-4D47-9BA8-4C617542A273_1_105_c


後半32分、サガンは交替カードを。
昨年までセレッソに在籍していた藤田直之選手が登場。
A1DE2E4B-6354-4BED-A02F-D76F6AE134A6_1_105_c

79E309EE-064B-4F1D-9EDE-ECF150CCDCB9_1_105_c

後半39分に彼にスポットが当たる場面が。

CKのボールをセレッソがクリアすると、後方にいた藤田選手が回収。
7D53C7DB-7ED9-41A0-91D2-204C6E9C3C8A_1_105_c

藤田選手がこれを一閃すると
2FBE4F2D-0B08-43F5-96BC-4766BBD34142_1_105_c

ボールはセレッソゴール右隅へ。
4900CE8A-516B-437F-B31F-0735C926246C_1_105_c

昨年、ヨドコウ桜スタジアムで見た、彼のミドルシュートの記憶が甦りました。

ゴール決めた直後、味方選手の祝福を受けてましたが、それが終わると、直ぐに冷静な「藤田主任」に戻っていました。それも、去年見たゴールの記憶と同じでした(笑)

その後、双方が攻め合う場面に。

後半のアディショナルタイム。セレッソの右CKの場面。
この試合フル出場した左SB丸橋祐介選手のキック。
1337FDFF-5800-4F5E-8E20-19324D855D49_1_105_c
2719198B-35E0-47A2-AB95-C348C5AF6DBF_1_105_c
7C6E1AF1-B2C8-4846-87CA-24505E47F29D_1_105_c
73D2454D-6CA4-4E65-BE8E-EC3D8CE4B30B_1_105_c

相手がクリア。
0E7730CE-284D-46C2-87A9-5E31C5037DDF_1_105_c

逆サイドからのCK。キッカーは原川力選手。
1DF0D63D-1F48-4CA9-8745-04B1E1F118E0_1_105_c

アダム・タガート選手が拾って、折り返し。
B56533DA-3A0B-4955-B814-B1F04DFC3580_1_105_c

ゴールならずで試合終了。
52433776-4C1E-4AFE-80C2-316DB4D0DCE8_1_105_c

勝ち点3を奪うことはできませんでした。

F5C4F88D-C4A4-405B-9554-D982E6ACDE21_1_105_c

試合後、互いを労う「きょうの得点者」。
3E27FEE2-C320-4EA9-9174-F594BC091357_1_105_c

ECED3EE4-9E87-478F-9430-7DB3147919C4_1_105_c

勝ってほしかった。
02166EED-F727-4F8F-B6A5-02C7B33F0C64_1_105_c

509FAA23-9687-48C6-B37F-F591FC57E969_1_105_c

そして。

サガンの選手たちは、ビジターチームのサポーター席の前にも挨拶に。
55ED021A-F1C1-4ED3-8333-E9F2834B000B_1_105_c

これはなかなか見たこと無い。此処くらいでは?

この後、同点ミドル決めた藤田直之選手がセレッソサポーター席へ。

(同点ゴール決めて)ご免、ご免のポーズ。
B0788A1E-D67A-4FD5-8D35-90614172B6A0_1_105_c

0487E3A0-6A44-45A4-ADED-671143DE0609_1_105_c


セレッソサポーター席からは「あれはあかんわ。巧すぎ」との何度も声が。

まったくです。

◆5月3日 駅前不動産スタジアム(佐賀県鳥栖市)

鳥栖 1−1 C大阪
(前半0−0)
(後半1−1)

【得点者】ブルーノメンデス(C大阪)藤田直之(鳥栖)

リンク:



試合後の小菊監督の話(Jリーグ公式より。)
===
非常にタフなゲームでした。前半は少し守備の時間が長く、耐える時間帯もあったのですが、30分くらいからは自分たちのペースを取り戻せたと思います。後半は自分たちのボール保持の時間も長く持ちながら、交代で入った選手たちがギアを上げてくれて、先制点を取れて、追加点の可能性も引き出してくれました。そこでもう1点取ることができなかったことが課題だと思っています。選手たちはタフなゲームの中でも、90分間勝ちたい気持ちを存分に発揮してくれました。中2日で試合は続きますので、しっかり準備したいと思います。

−−相手に圧力を掛けられた立ち上がりをしのいでからは、少しずつスペースを見つけて攻撃にもつなげていったが、入りを含めた前半の戦いについて。
入りの部分で、自分たちがイニシアチブをとって、高い位置からボールを奪いたい、押し込みたい。そういうプランはありました。そういった中で、逆に鳥栖も同じような準備をしてきたと思うのですが、うまく立ち位置を取りながら、スルーパス、ロングボールを使い分けられて、少し苦しい時間帯が続きました。ただ、全員でメンタル面も含めて強い一体感でしのいでくれたことが、自分たちの時間になっていったと思います。前節・鹿島戦からの課題を全員でクリアしてくれたと思います。どのゲームでも、1試合を通して必ず苦しい時間帯はあるので、そういうときこそ自分たちの絆を持って戦うこと。それは常々、選手たちとも共有しています。その成果が発揮されて、我慢強く戦えたところは良かったと思います。

−−ジェアン パトリッキ選手とブルーノ メンデス選手が関わって生まれた得点について。
得点シーンは、ブルーノ(メンデス)とジェアン(パトリッキ)の素晴らしいコンビネーションから生まれました。トレーニングでも、再三ああいった形でのゴールシーンもありました。なかなか先発で出られない状況は続いていますが、素晴らしい準備をしてくれていますので、その努力がゴールに結びついたと思います。(アダム)タガートも含めて、コンディションを上げてきた選手たちが活躍してくれることはチームの底上げにもなりますし、うれしく思っています。
===
以上。


<おまけ>
観衆14000人を超える観客を集めたので、スタジアム前「鳥栖駅」が中々人を捌き切れず、30分以上を一緒に観戦した知人とスタジアム外で待ってから、鳥栖駅に向かう際に、セレッソバス前を通ると、「お疲れ様でした」と声を掛けられました。

「誰か」と思ったら、セレッソの小菊監督と森島前社長でした。

此方はセレッソジャージを羽織っていたからでしょうが。
彼らは普段からそういう対応をされているのですね。
感心しました。

なお、バスの「出待ち」は止められてます(コロナ禍からだと)。
IMG_3036