25日、北九州でのラグビー観戦の後、小倉井筒屋のデパ地下で、北九州名物の辛子明太子「平塚明太子」の激辛を購入。
IMG_6162



以前紹介した「平塚明太子」。大阪の食品スーパー「コノミヤ」で中辛を売っていて、それを初めて食べて嵌まりました。調味液が明太子の味を引き立てて旨くて。

その後、知人からもらったりしていたんですが、折角ラグビーで北九州を訪れるので、買ってみようと思い立った次第。

「平塚明太子」には「激辛」が存在しその味の中毒者がいるようなので、「激辛」を買ってみようと。

ラグビー観戦前に小倉駅の売店を覗いてみたんですが、駅構内も、駅ナカ商業施設の明太子コーナーにも、売ってなかったので、駅から10分ちょっとの距離にある老舗百貨店🏬「小倉井筒屋」へ。
36A4F34E-FDD4-41D8-9E89-93EA728B0D1C

そのデパ地下に明太子コーナーがあり、「やまや」など博多のメジャー勢の中、地元北九州「平塚明太子」のショーケースが。
6FDA0510-6682-4FE0-9F87-A115726B82EE

直売店ではないのですが、結構な品揃え。
目当ての「激辛」は1パックだけ残っていたので、買うことができました。

新幹線で大阪まで持ち帰ると言ったら、保冷剤を多めに、レジ袋に入れて終わりだったのが、包装紙に包み、紙袋に入れてくれました。

井筒屋の包装紙や紙袋🛍のデザインは、地元の伝統の「小倉織」が基調になっているようで。
IMG_6135


地元銘菓の「ぎおん太鼓」も一緒に。
IMG_6136


帰宅し即冷蔵庫へ。
包装紙は生鮮食品用で、水に強いタイプ。つまりプラ。関西の百貨店でこんな包装紙見たことないです。
IMG_6160



開封。
包丁を入れ、食べやすく。
IMG_6173

塩漬けされた明太子は、鋭いが爽やかな辛さ。名古屋の台湾ラーメンのような、洟が出るほど、キツイ辛さではない。


旨みたっぷりの調味液とのバランスが良く。
この旨さに中毒者が、九州だけでなく全国にいると思われ。

また買いたい。
IMG_6163




井筒屋小倉店
北九州市小倉北区船場町1-1
093-522-3111(代表)
10:00-19:00


リンク:




 


以下、井筒屋の楽天市場店でも取り扱っています。