ラグビーのテストマッチ、日本代表×フランス代表戦が9日、東京の国立競技場でありました。

4週連続で行われた「リポビタンDチャレンジカップ」の4戦目。3戦目と4戦目は強豪フランス代表と。先週のフランス代表との1戦目@豊田スタジアムは後半にフランス代表に大差を付けられての敗戦。

2戦目は現地観戦せず。プロ野球ナイトゲーム観戦の為訪れていた「ほっともっとフィールド神戸」駐車場で。車載テレビはJSPORTSオンデマンドの中継を視聴。

前半は神戸スティーラーズの山中亮平選手の2トライのほか、同じく神戸所属のSO李承信選手のゴールも決まり、スコア15−7は上出来。
IMG_6960

後半逆転を許した後の終盤。
東京サンゴリアスのテビタ・タタフ選手が同点トライ。
IMG_6966

歓喜の場面かと思われましたが。
IMG_6971
IMG_6972

TMO判定でインゴール内ノックオンの判定。映像で明らか。がっかり。
IMG_6983
IMG_6987


結果追い付くことなくノーサイド。
CA390EC5-BE51-4948-9A58-FBA89DD05E6C

強豪フランス相手に1トライ差まで追い詰めたのは評価されるべき。

選手たちはテストマッチへの勝利に拘っているようで。彼らは先を見据えている。
11月の再戦で金星挙げて欲しい。
IMG_7032
IMG_7036

因みにラグビー日本代表の試合で57000人の観衆を集めたのは(W杯を除いて)初めてのこと。
秩父宮ウルグアイ戦のときの寂しいバックスタンドの入りとは対照的な。

◆7月9日 東京・国立競技場

日本代表 15-20 フランス代表
(前半15−7)
(後半0−8)


追伸
試合後のセレモニーの場で、フランス代表チームから昨日亡くなった安倍晋三元首相の名前が刷られたシャツと花が贈られました。