7月13日水曜日は、ヨドコウ桜スタジアム(長居球技場)での第102回サッカー天皇杯4回戦、名古屋グランパス×セレッソ大阪戦へ。
0A5E8F7E-5D33-4FAE-A430-B61F7DA09D2E_1_105_c

今年のサッカー天皇杯は4回戦より生観戦に。

対戦カードは「名古屋×C大阪」。ですが、大阪開催。グランパス側のホームの都合があったのかも。知らんけど。

何時ものナイトマッチの19時より早い、18時半キックオフ。
早い。しかも出遅れ。後半からの観戦。
A8D0A29C-A628-4567-8823-CE7BBC0F2F3A

10日のリーグ戦より中2日のミッドウイーク。
先発8人を替えたセレッソ。
0DB63F95-512C-4EAA-A9D0-E82AA0716338_1_105_c

試合は前半。ジェアンパトリッキ選手が自陣から単独突破。
最後は自ら挙げたクロスがグランパスDFのオウンゴールを誘発しセレッソが先制。
ハイライトで見たが。ほんまに早かった。
E9B7065E-2521-4CC3-B286-F6D6B748C545_1_105_c


ハーフタイムに両軍選手交替。
セレッソはアダムタガート選手から上門知樹選手、原川力選手から岡澤昂星選手にスイッチ。
グランパスは柿谷曜一朗選手が後半から登場。
93454004-6F92-4735-8CED-509C2737B698_1_105_c

後半5分に失点機。
セレッソGK清水圭介選手が弾いたボールをグランパス選手のレオシルバ選手に詰められるも、オフサイド判定でノーゴールに。
9F590818-364E-4209-9233-62B28519BECB_1_201_a
C4173689-5816-42E6-9F32-A160B31931E6_1_105_c
4ED0B615-4560-44EB-95BA-4290BB061159_1_105_c

後半14分。ビハインドのグランパスは2枚替え。
その1枚はマテウスカストロ選手が。
8CE01EBF-4CC9-4444-9151-0A7513BAAAB6_1_105_c
6DDC5393-E6AD-45A2-B4B5-75698C62F1FA_1_105_c

登場早々攻撃を活性化させたマテウス選手。
F18B7E2F-344F-413A-BB6B-2F8D19D2D2D6_1_105_c

テクが旨すぎる。半端ない打開力。

後半24分にはセレッソのファウルを誘い、FKを獲得。
BEC33878-0D63-4858-A51B-30470BB16FA6_1_105_c

自らキッカーに。
8114878F-C851-495E-BB08-78C53E9E3B9C_1_105_c
F95DBDA0-E226-4AC6-8D4A-D99B17C1F759_1_105_c

するするとDFの間を抜けると、そのままセレッソゴールに。
2B4A93A2-8A0D-4B86-9AD0-400F549EE3F5_1_105_c
FC1F81CC-E5F8-4CED-9BCF-BF413E23BF32_1_105_c

巧すぎる。
D424CD59-8BAD-490F-8091-41D427215D3B_1_105_c

メインスタンドだったので、こんなシーンも間近に。
FA3A8634-EFBC-4C62-B0BD-92B671CB38D2_1_105_c

ゴールの標示は、天皇杯なので、簡素なものに。
4A73FDCB-FECA-49DB-A132-DB4D40076DA2_1_105_c

後半32分にも、再びマテウス選手のFKの場面。
BA97EA15-2ABB-481A-B186-02D5D61AADCD_1_105_c

ここは枠を外れ、事なきを得ます。
88CEA2D2-C5BF-41D6-8736-55B52D9A2F8F_1_105_c

後半43分にセレッソに決勝ゴール。
決めたのは為田大貴選手。
F90C7D06-E41D-478C-8B0F-299F2DDE14A8_1_105_c

右SBで先発出場した進藤亮佑選手のクロスに。
50CF6883-CAD4-428A-922D-910C01C4C8F2_1_105_c

ゴール前で受けた為田選手はボレー一閃。
041A0E90-2354-41D5-BEAB-3DA75DF289D2_1_105_c

グランパスゴールの右隅に決めてくれました。
572E039F-A9F9-47BA-8C7C-DA21641FD494_1_105_c
E36764DF-1182-4A07-95D9-0B5BA2AA4B1D_1_201_a
7698D23A-559F-418F-A5A3-C8590DE240C5_1_105_c
9A4A08B8-3F31-467A-929E-6D5130E8BCFD_1_105_c

試合はこのままセレッソが2−1で逃げ切り、準々決勝進出を決めました。
E43561B1-5E8F-481E-9352-13615FE9EEBC_1_105_c
069DF5B9-78DF-4AFD-9EF8-53625B902D04_1_105_c
B3B7EB91-F2DE-448E-8BBC-03EBA4663B3B_1_105_c

◆7月13日 大阪・ヨドコウ桜スタジアム(長居球技場)

名古屋 1−2 C大阪
(前半0−1)
(後半1−1)

【得点者】オウンゴール、為田大貴(C大阪)マテウスカストロ(名古屋)




この日はいつもと違いメインスタンドだったので、間近に拝めた物を。
F6A199BF-4735-421C-8A5F-150F370CD3D2_1_105_c
B2285533-39CD-4F3A-BA20-D39200CC7419_1_105_c
94FBA451-1A4F-45E8-B1C5-561E1AA29124_1_105_c
936F25C9-4E22-4684-B50B-DCDF470C33CA_1_105_c


以下、試合後の小菊監督の話(Jリーグ公式より。)
===
[ 小菊 昭雄監督 ]
今日は少しハーフタイムにアクシデントもありました。ここ最近はいろいろなアクシデントが毎試合あって、その中で、追いつかれてから苦しい時間帯もあったのですが、全員が粘り強く、一体感を持ってやり続けたことが勝利につながったと思います。上位3連戦の中で学んだことを今日の試合でしっかりと生かせたことがうれしく思います。何よりも、この天皇杯、次のステージに全員の力で進めたことをうれしく思います。

−−リーグ戦に挟まれた日程の中、お互い総力戦だったと思うが、リーグ戦から大きく先発を替えた中で勝ち切れたことについて。
選手にも伝えていたのですが、私はまったく不安を感じることなく、この大切な試合を今日のメンバーに託すことができました。その中で、そういった選手たちが躍動して、勝利を勝ち取ることができれば、さらにチーム力はアップすると。チームの団結力もアップすると。先ほども申し上げましたが、厳しい時間帯やアクシデントもありながら、全員で勝利を勝ち取れたこと、チームとしても大きいですし、しっかりと準備してくれた選手も、ここからまた自信を持って臨めると思います。

−−試合前日のコメントで、「最近は日替わりでヒーローが出ている。明日も楽しみ」という言葉があったが、まさに今日は進藤 亮佑選手、為田 大貴選手が主役になったが、彼らについて。
進藤は素晴らしいキャリアを持った選手で、私自身の評価も非常に高いです。そんな中、素晴らしい競争の中で、なかなか出場機会に恵まれなかったのですが、今日のように右SB、そしてCBとして、チームのために日々、高い向上心を持ってトレーニングに臨んでくれています。為田は、キャプテンの清武(弘嗣)が不在の中、チームを引っ張るリーダーとして、素晴らしい取り組みをしてくれています。その2人が結果を出してくれたことを非常にうれしく思います。進藤は、練習後、いつもあのクロスは練習しているので、結果につながったことをうれしく思いますし、「練習はウソをつかない」と、あらためて感じた瞬間でした。
===

(観戦後記)
いつものバックスタンドと違いメインスタンド下段での観戦。
メインスタンド下段は傾斜が緩いので、前列観戦客の頭が気になりました。
9E255A13-F587-4BDF-A94C-F997BC395D1C


屋根は大きくせり出しているけど、雨天はポンチョあったほうが。雨はまっすぐ下に降るとは限りませんからね。