14日に行われたサッカーのJ1リーグ第26節、浦和レッズ×セレッソ大阪戦は、セレッソが前半、加藤陸次樹選手が挙げたゴールの1点を守り切り、勝ち点3を積み重ね、順位は4位に。
4771F29D-7DEC-42EE-88AC-4B35E5B48D32_1_105_c

超アウェイな現場。ここでの勝利は格別かと。
875346EB-2730-46D1-89C1-F2C20499B548_1_105_c


後半はしっかり時間とボールのマネジメントが出来ていたように思いました。
ボランチの鈴木徳真選手は最後まで献身的な守りをしていました。陰のMVP。

インタビューは決勝ゴール決めた加藤選手。

スタンド下のインタビューコーナー前をロッカールームに引き揚げる選手。とくにアシストした為田大貴選手に揶揄われていたようで。本人は微笑。
3C9D61B2-CA05-4F0E-ACC6-91285CB79B70_1_105_c

(画像は車載で視聴したDAZNの配信より。)




◆9月14日 埼玉スタジアム2002

浦和 0−1 C大阪
(前半0−1)
(後半0−0)

【得点者】加藤陸次樹(C大阪)





試合後の小菊昭雄監督の話(Jリーグ公式より)
===
[ 小菊 昭雄監督 ]
リーグを折り返してから、ACLも含めて、これまでの浦和の戦いを見たときに「今日は難しいゲームになる」という中で、特に選手たちとは守備の共有と奪ってからの攻撃、ゲームコントロールを最重要視して、このゲームに臨みました。連戦が続く厳しい日程の中、これだけの素晴らしい選手たちが勝利のために走り、戦い、最後までファイトする。そのような姿に私自身も心を打たれました。素晴らしいゲーム、感動的なゲームができたと思います。

ただ、中2日ですぐにリーグ戦もありますし、強敵の浦和とまたルヴァンカップ準決勝での2連戦が控えていますので、今日の喜びは今日だけにして、また良い準備をしていきたいと思います。

−−浦和相手に決定機を作らせなかった守備が素晴らしかったと思います。終盤も間延びすることなく、前半と同様のコンパクトなブロックを作れていたと思うが、そのあたりは最近の試合の反省も生かせたと思う。終盤も含めた守備のイメージについて。
まず、浦和はポジションや立ち位置を変えながら、可変して前進してくる。そこはストロングポイントだと思っていましたので、相手(の後ろ)が4枚なのか、3枚なのか、ボランチがどこにドロップするのか。そこを見ながら守備のスイッチの入れどころは全員で共有してきました。ボールを握られる時間も長かったですが、守備でゲームをコントロールできたと思います。

そして、ここ数試合内容が良い中でも、終盤に同点、逆転されて負ける試合もありました。そういった意味でここ2試合は全員で、特に攻撃のボールの動かし方ですね。リスク管理をしながら、どう安全に安定して前進していくか。そこは全員で共有しながらやってきました。その成果が今日出たこともうれしく思います。

−−為田 大貴選手の「ここしかない」というクロスから生まれた、加藤 陸次樹選手の先制点について。
もちろん、フィニッシュの決定力、タメ(為田)のボールの質も素晴らしかったですが、ファウルで止まったあとに誰一人集中力を切らすことなく、速いリスタートからのカウンターでした。キャンプから「相手のスキを見逃さない」ことに対し、選手たちは意識高く取り組んでくれていますので、そういった日々の積み重ねが、あの素晴らしいゴールにつながったと思います。私自身、非常にうれしく思っています。
===