25日に行われた、JリーグYBCルヴァンカップの準決勝第2戦、浦和レッズ×セレッソ大阪戦は、セレッソが4−0で快勝。
2戦合計でスコア5−1とし、来月22日の決勝進出を決めました。
IMG_0162




第1戦をスコア1−1で折り返し、迎えた第2戦。
セレッソは第1戦から10人は変わらずに、GKに金鎮鉉(キム・ジンヒョン)選手が復帰。
サブにはジェアンパトリッキ選手。

第1戦でアウェイゴール1点をレッズに与えているので、第2戦はゴール決めないと決勝に駒を進められないセレッソ。カウンターを狙うのではないく積極的に試合をコントロールしていく展開に。。
前線からのプレスが効いて得点機が。

前半23分に先制点が。
右サイドを崩して、鈴木徳真選手から縦パス。
受けた毎熊晟矢選手から折り返しシュートがレッズDFに当たって、そのままレッズゴールに。

前半30分には、山中亮輔選手からの縦パス。
為田大貴選手が走り込み、中央へクロスを入れると、加藤陸次樹選手がスルーして、奧埜博亮選手の下に。
奥埜選手はレッズGK西川周作選手の飛び出しに冷静に対処して左足で流し込みました。

これで2戦合計スコアは1−3。
レッズは3点を入れないと勝てなくなりました。
その後もセレッソ主導は変わらずに前半を折り返します。


状況を変えたいレッズはメンバーチェンジと配置転換を実施。
その結果、後半早々、セレッソが対応する迄の間にシュートを連続して打たれますが、ここは事なきを得ます。

後半も得点したのはセレッソ。
後半6分。左サイド山中亮輔選手からのクロス。
これに加藤陸次樹選手が頭で合わせて決定的な3点目を決めてくれました。

合計スコアは1−4に。

後半35分には駄目押しのゴール。
途中出場のジェアンパトリッキ選手が相手陣内で相手選手にプレッシャーを掛け、ボールを奪うと、最終的に自らゴールを決めました。


攻守のバランスは最終的に崩さずに、完勝のセレッソ。
昨季から連続で決勝に駒を進めました。
IMG_0171




◆9月25日 埼玉スタジアム2002

浦和 0−4 C大阪
(前半0−2)
(後半0−2)

【得点者】オウンゴール、奧埜博亮、加藤陸次樹、ジェアンパトリッキ(C大阪)

2戦合計、浦和1−5C大阪で、C大阪が決勝進出。










試合後の小菊昭雄監督の話(Jリーグ公式より)
===
[ 小菊 昭雄監督 ]
今日の試合は、第1戦の結果を受けて、必ずアウェイゴールを取りにいかないといけない状況でした。その中でリーグ戦の2試合とルヴァンカップの第1戦の3試合は、浦和の強みであるビルドアップのところで相手の良さを消しながら、われわれの強みを出していく。そういったサッカーを全員で表現しました。今回はシチュエーションが違う状況の中、われわれはキャンプから、ハイプレスから攻撃につなげる。そういった守備の構築も全員で共有してきました。今回はアグレッシブにボールを奪って、ゴールを取りにいかないといけない。そうした全員の思いが、気持ちも含めて戦術的にも共有できました。それを全員がまっとうしてくれた。それが今日の勝利につながったと思います。選手たちを誇りに思います。

−−2トップを基準としたアグレッシブな守備を90分続けたことが勝因だと思います。そしてもう1つ、ビルドアップも整理されていたと思います。立ち上がりに関してはボール保持の際、山中 亮輔選手が絞り、松田 陸選手と毎熊 晟矢選手が高い位置を取った。第1戦で苦しめられた明本 考浩選手の対策もあったのかなと思いましたが?
おっしゃるとおり、守備のところはハイプレスを志向して、先ほど申し上げたとおり、全員でまっとうしました。また、第1戦を振り返ったときに、私たちのボールを握る時間が少し短かった。今回はアウェイゴールを取りにいかないといけない中でボールを保持しながら、いかにゴールに結びつけるか。そこも守備と同様、今回の大きなテーマでした。

私は自由と規律のバランスを大事にしているのですが、(第1戦を)振り返ったときに、立ち位置のところで少し自由のバランスが重くなっている感じが見受けられました。その中で一人ひとりが立ち位置をしっかり取りながら、ポジショニングが重ならないように。そういったところでもう一度、全員でビルドアップの立ち位置を微調整しました。得点にも実際、つながったところは選手たちが表現してくれたから。努力の結果がこのような形になったことはうれしく思います。攻守に選手が準備してきたことを100%、表現してくれたことが本当にうれしく思います。

−−決勝の相手が広島に決まったが?
舞台は整ったなと。もうその一言に尽きると思います。リーグ戦、天皇杯、今季三度対戦して敗れた相手と、ファイナルという素晴らしい舞台でもう一度戦えること、リベンジできるチャンスを得られたこと。非常にうれしく思います。私以上に選手たちが素晴らしいモチベーションで決勝に向けて準備してくれると思います。

===
以上。