10月22日土曜日は、東京・国立競技場でのサッカー「JリーグYBCルヴァンカップ」決勝、セレッソ大阪×サンフレッチェ広島戦へ。
68EEBCE0-87C5-4F39-8D7B-D506123071CB_1_105_c



昨年の前回大会に続き2年連続の決勝進出を果たしたセレッソ。
対するはルヴァン杯決勝は初進出のサンフレッチェ。

建て替え後初の「国立競技場」開催。

8D0A0FB4-1347-4D19-950C-A0E295C17F23_1_105_c


経済的理由(汗)などで、元々観戦を考えていなかったのですが、新競技場の見物を兼ねて、前売り券の先行抽選に申し込みました。
「先行抽選」は一般と、セレッソ、サンフレッチェ両軍のファンクラブ会員向けに、抽選が分かれていました。
私はセレッソの会員向けに、第3希望まで席種を決めて申し込みました。
抽選は第1希望が通りましたが、人によっては抽選が外れたかたもいたようです。

当日はJR千駄ヶ谷駅から競技場へ。

千駄ヶ谷駅構内にはセレッソが試合告知広告を出していました。
IMG_1777


IMG_1776


セレッソはメインスタンドから見て、左側に陣取りましたので、「千駄ヶ谷門」からの入場でした。

070893E9-1EB2-444B-B960-3308D87E0A2A_1_105_c


かつての「国立競技場」よりは一回り大きくなった建物。

72B3EC6F-03AC-4026-A5C9-C969F619E4E6_1_105_c



3E09D18A-6A3C-4B0B-AB69-281DC9CFA295_1_105_c


「千駄ヶ谷門」から続くスロープは無くなっていました。


1階コンコースは広く取ってあり、トイレも待たずに入れました。
DE5A3D59-E2DC-4A04-9D7B-05326FF8C06E_1_105_c


一緒に観戦した知人(女性)も女子トイレも長く待つことはなかったとのこと。

ただピッチが遠い。
7E7594C4-6F79-4AEC-954F-3F769FE0F693_1_105_c


かつての国立よりも遠くに感じました。
横浜国際(日産スタジアム)ほどではないですが。


ルヴァン杯決勝では両軍ホームスタジアムのアナウンサーが派遣され、ホームスタジアムと同じ内容の選手紹介されるのですが、(先に発表されたサンフレッチェは未見)セレッソの場合は、この試合だけの特別映像を放映しての、選手紹介でした。
74639F15-47AF-4381-BC9C-F9DD993C341C_1_105_c


B1BD42D6-0537-49D0-9A15-BB24A8293101_1_105_c


3FDBF62A-6E55-4985-B017-177C350EADFD_1_105_c


西川大介さんによる紹介はホームスタジアムのときと変わらず。
3C066A8B-4532-42EC-9C60-EAB2F45984FA_1_105_c


60CF12CF-D464-4146-8077-196F53E5D0BC_1_105_c

E4A7AD7B-B9D4-40AB-8299-729746512743_1_105_c


2D932B65-2BA7-457A-BA81-88D00A8AD2C0_1_105_c


スタジアムの大型ビジョンを一眼で撮影すると、スタジアムによっては綺麗に撮るのが難しい所があるんですが、新国立のビジョンはそんな心配なかったです。難なく綺麗に撮れました。
B2BE7D5C-2DF3-4FD3-AD63-0E217D56C50E_1_105_c


素晴らしいです。



選手入場。
3463CAC4-03E8-40E4-A412-E3D7C97106AB_1_105_c


セレッソ側ゴール裏席でが、コレオグラフィーを表現していましたが、
自席から近くて全体像が掴めませんでした。

ルヴァンカップと2022年を表現したようです。



「君が代」斉唱は木村カエラさんでした。

F1A83B18-2C78-4EE7-BBBB-305CB5F3159E_1_105_c


記念撮影。
CE680B0B-E593-4EF7-817E-F896ED0BB7A3_1_105_c



キックオフ前には先日、急死した工藤壮人(まさと)選手(テゲバジャーロ宮崎)に黙祷が捧げられました。黙祷を捧げているタイミングだけ広告のネオンが落とされました。49A27246-C5F6-4169-AB41-85D9AFBA946E_1_105_c
08006664-AB3E-44A3-BB29-D6A9E93ADBB7_1_105_c


工藤選手が所属していたサンフレッチェのサポーター席には工藤選手に捧げられる横断幕が掲出されていました。

さてキックオフ「よぉーし行こう」
29E87993-0540-42DB-A86D-EAFF66358192_1_105_c



メンバーは。
セレッソは、奧埜博亮選手、鈴木徳真選手、山中亮輔選手が怪我からの復帰が間に合い先発出場。
2トップには加藤陸次樹選手と上門知樹(うえじょう・さとき)選手が入りました。
6F8FC35D-7F8E-4864-A415-D6411B0E0CF5_1_105_c


立ち上がりはサンフレッチェが勢いよく入るも、4分にはセレッソがカウンターを発動させて決定機。
毎熊晟矢選手が右サイドを上がると、

DFAA76DF-D6A1-4337-A4E5-ADCF2BC551E5_1_105_c

毎熊選手からマイナスのパス。これに上門知樹選手(7番)がシュートを放つも、

EB24F416-DD7A-43AC-9C12-9878C34DFF9D_1_201_a


シュートは枠外に。
2A139A0F-6790-4836-AE4E-20E0CDC677EC_1_105_c


前半10分ごろには毎熊選手が右突破を図るも。
9EC759FD-6538-464F-AB97-775927C8330F_1_105_c


サンフレッチェDFの体を張ったプレスにボールロス。
30739C9D-2F10-45E3-B0E0-60F4EC687C24_1_105_c


前半16分にもセレッソがカウンターから決定機に。
加藤陸次樹選手が左サイドからドリブルで進入し、シュート!
B5362FFA-100A-4A32-9B1B-DC3E34059808_1_105_c


サンフレッチェGK大迫敬介選手に弾かれると、
続く右CKも。
8ACCA022-CD57-4F1C-9B1A-531C4172FB3A_1_105_c


大迫選手に防がれ、先制ゴールならず。
3548C476-52F2-4817-8129-3480A07A2E5F_1_105_c


ボール保持はサンフレッチェのほうが多かったですが、セレッソの守りが冷静に対応し、決定機までには至らず。
EF3E905E-EEAD-4FB3-AFAE-F421C73D0D0D_1_105_c
749DFB3A-A072-465B-A9E0-4BFD86DAB4E9_1_105_c


前半はスコア0−0で折り返し。
8E17651B-4B9B-4A00-B7A4-0BF655F17D9E_1_105_c


ハーフタイムには前半のスタッツが紹介されていく中で、各選手の走行距離が。
セレッソの中盤「奧埜博亮」選手の強靱なスタミナぶり。

8D3FC747-FE79-47C4-A7B1-6EF6E1B149EE_1_105_c



後半はセレッソが攻勢を仕掛けます。

山中亮輔選手(6番)からのクロス。
61883FB3-5468-46C8-8BF8-FAA9907C9F06_1_105_c


25C2DFDA-63A3-4159-B453-B036234A704E_1_105_c


ゴールは成らなかったものの、サンフレッチェゴールを脅かします。
3DA6DF58-8B32-4AD9-9C66-7BEFE67AB104_1_105_c


そして、後半8分にようやく先制。

サンフレッチェ佐々木翔選手(画像右端)からGKへのバックパスを、
加藤陸次樹選手(20番)がカットすると、GKと「1対1」の場面に。

AC745F03-8492-42E5-9F88-A28F1AA0ED09_1_105_c


GKのチャージを躱した加藤選手は。
AE5CB591-E494-4EF5-A393-CE8B5029F3A1_1_105_c


角度のない位置から、無人のサンフレッチェゴールへボールを流し込みました。
2A873884-A416-4F53-9E5A-4C017EC9B41F_1_105_c

セレッソゴール裏席前に集まり、加藤選手を祝福。控え選手も。

2B6B853F-92A4-4D7C-9F0D-F9917B330CDD_1_105_c


C0894860-2E43-497C-8E0D-E19457A98B24_1_105_c


8BED6FE3-D645-47FB-BED9-A6CF52B1B920_1_105_c


バックパスを奪われ痛恨な表情の佐々木選手。
D67750FF-3EAB-4DBC-B77D-C6A01D2F76EB_1_105_c


小菊監督の祝福を受ける加藤選手。
DFF58B07-22ED-4EAF-AC0C-F27735118590_1_105_c


待望の先制ゴールでした。

24DB107C-62F1-470E-8C6B-D0E7359D778B_1_105_c


加藤選手と上門知樹選手(7番)とのパス交換。
この2人にサンフレッチェDF陣が手を焼いているようでした。
75808593-3C7D-43B3-ABF2-D5BBAC28C326_1_105_c



後半13分にはGK金鎮鉉選手から前線へのパスで決定機に。
4381AA33-4C08-4E24-ACAE-A5149FEF612A_1_105_c


毎熊晟矢選手が飛び出して、
72A92BB4-1E65-4CAF-AC1C-4464FE1E7970_1_105_c


シュートはサンフレッチェのGKに阻まれ、追加点ならず。
A1E8B9D3-F7B5-4D5E-8EC7-08731DC3DEB6_1_105_c

6BA23299-681A-4381-9BD3-B78BBC683C42_1_105_c


66D52869-A327-403A-A6A6-B11F6CE7ED8F_1_105_c


続く後半14分には、鈴木徳真選手からの右CKに。
083A5F10-97E5-401A-9B89-3023FF6CF7C4_1_105_c


CBマテイヨニッチ選手がヘディングシュートを放つも。
BD5AE5A6-D7FD-4A28-900A-E32A441AFA3C_1_105_c


ボールは枠を僅かに左に逸れてゴールならず。
C61B934E-9A81-4A73-9D09-E9D73A2C1286_1_105_c


後半18分にはサンフレッチェに決定機が。

野上結貴選手からのクロスにナッシムベンカリファ選手が合わせるも、GK金鎮鉉選手が阻止。事なきを得ました。
ABBC3147-AE12-427B-B700-80D6D0C6AD0C_1_105_c


その直後には、奧埜博亮選手からの縦パスに。
F4D9E69D-ADE6-4375-84E5-5E6776A7164F_1_105_c


上門知樹選手が抜けだして、決定機になりましたが。
90B575FE-49BF-4B40-88A8-FACF9F695B11_1_105_c


トラップが大きくなり、シュートには至りませんでした。
04477558-09E1-4B7A-BA0E-F0B492A322B2_1_105_c


後半32分。サンフレッチェのロングボールをナッシムベンカリファ選手とマテイヨニッチ選手が争奪。
両選手が倒れ、プレーが止まりました。
17D95F32-200C-4562-9BAD-43F7D9F1231F_1_105_c


マテイヨニッチ選手に警告を示していた山本雄大主審でしたが。

57F3AA98-01D2-43CC-875F-278E81561B72_1_105_c


VAR審議となり、
28EA8AF6-8333-4EE8-8CA8-18C38929FA89_1_105_c


主審はフィールド上でのレビューを実施。
E82A8E50-5E78-4C91-AE64-894981354B82_1_105_c


映像確認を行った結果、
マテイヨニッチ選手の手が明らかに入ったことが明らかになり、
9CF6BAC4-E83C-47B4-B148-D7546B147969_1_105_c


思わず苦笑のマテイヨニッチ選手。
2A62336E-C412-4537-AAA8-1569C02EE023_1_105_c


マテイヨニッチ選手は「レッドカード退場」に判定は変更されました。
B12CC806-B236-4CF2-A6EB-FAD5B2986EA6_1_105_c


1F84FB82-F5A8-4BF1-8532-BAF48199A167_1_105_c


不用意なファウルから一発退場でセレッソは10人で戦うことを強いられました。
マテイヨニッチ選手の不在が、最後まで響いてしまいました。
CD6BD396-CBCF-4DA0-84CF-E12BD0303789_1_105_c


この後、CBのマテイヨニッチ選手が抜けた後を西尾隆矢(りゅうや)選手を投入。
DBFD94F5-9CB6-46F1-BE3B-C6F986AF9693_1_105_c



後半38分ごろ。
山中亮輔選手にサンフレッチェ野上結貴選手が激しくファウル。
4FDDCC1B-215E-453C-9095-7DD857BC03AE_1_105_c


野上選手は警告。

8DBF19D9-2702-4E62-B2D4-4BE6B3225B33_1_105_c


山中選手は脳震盪を懸念しましたが、幸い大事にはならず、復帰しました。
C2F9E201-48BB-4434-A3DB-EAC3662B398A_1_105_c


アディショナルタイムは「9分」。セレッソは逃げ切れるか。
7C57C74F-A89C-4F06-9607-46FCDB3B6C4F_1_105_c


サンフレッチェ満田選手からの右CK。
AE011DB6-DD8B-4325-A5BB-69C43192AABF_1_105_c


ゴール前での争奪戦の際にプレーが止められました。
B5ECF11B-685F-494B-A010-1C83ADBE97EA_1_105_c


VAR審議に。
15F2F208-6615-421E-B935-B5FDC7E8002B_1_105_c


主審はフィールド上でのレビューを実施。
8D917FDD-4306-4092-8C4F-F1FA56045955_1_105_c


鳥海晃司選手のハンドが取られ、PKに判定が変更。
DDB72DC5-4C4B-4790-A166-31C75C67BDB9_1_105_c


5C41E79E-EAF7-4AFC-B12C-674E97A3281E_1_201_a


キッカーは途中出場のピエロスソティリウ選手。
D0C6D139-3A10-406E-98ED-5EBE69A05ADF_1_105_c


プレッシャーを掛ける金鎮鉉選手でしたが。
7DB04E82-7C40-4885-AAA9-BE56CCC32109_1_105_c


読みは全然違っていました。土壇場でスコアは同点に。
A879029C-9511-456F-86DD-D3C6A9E3C17A_1_105_c


F291D3DC-1ACE-4DB3-B765-79B9BF108AD7_1_105_c


540E7DA3-0376-4D14-B78B-25752405926B_1_105_c


更に相手ボールをクリア仕切れずに、CKを与えてしまうと。
5797D10A-F8A7-4C76-89C9-297D013CA787_1_105_c


満田選手からのCKに
32895F27-BAA8-443D-8E73-33D17E311E19_1_105_c


ピエロスソティリウ選手がセレッソ選手と交錯しながらも頭で合わせ
78C83170-0BFF-43C6-B9BF-350A534E4F22_1_105_c


ボールはセレッソゴールの左隅へ。
88D99304-4429-469B-8FFE-65878624D268_1_201_a


78956CC1-DEDB-4591-A4CB-515695256D55_1_105_c


後半アディショナルタイムに発生した土壇場の逆転劇でした。
7FE3BF05-FDF9-4600-AC21-DC88567F6E02_1_105_c


D3E95923-9013-4D66-8065-8F1D63AA72E7_1_105_c


96543914-A2A9-43CE-AEAD-BFDD57FB9ABB_1_105_c

その直後、セレッソが攻勢。
2B3091C9-420A-4C44-894E-FB6237E72B6A_1_105_c


激しい争奪戦から西尾隆矢選手(33番)がシュート。
5D587573-7A52-4F2C-AA28-9356FBC78F05_1_105_c


GKが弾きますが、詰めきれず。
0AFFBB76-E39A-4486-9C27-A5CDAD5DEB62_1_105_c


そして試合終了の長い笛。
CAEDC5CB-2DD8-43DB-BE67-A2FB254F86D7_1_105_c


30回記念大会となった「JリーグYBCルヴァンカップ」はサンフレッチェ広島が初優勝。
セレッソは2大会連続の準優勝となりました。
F02DEE12-6A09-44F3-AD56-CB333B920796_1_105_c



◆10月22日 東京・国立競技場

C大阪 1−2 広島
(前半0−0)
(後半1−2)

【得点者】加藤陸次樹(C大阪)ピエロスソティリウ×2(広島)

観衆:39,608人

70C5B6C6-A935-4CD0-9705-985FD4F8A6C8_1_105_c








試合後、サンフレッチェ広島の荒木隼人選手。サンフレッチェユース時代にチームメイトだった加藤陸次樹選手を労い、慰めている。
44BB838C-F9A8-4236-ABC0-87DCABEB3CA9_1_105_c


EAD730FE-9BB5-4445-9D7E-42261C971B7B_1_105_c



「表彰式」。
F7F0084A-1778-415D-B436-4109D57C2393_1_105_c


審判団にメダルの授与。
AAA4B3EE-C008-42A1-B2A1-FB47565ABCFF_1_105_c


非情な判定にセレッソサポーター席から激しいブーイングが飛んでいましたが、セレッソのコールリーダーがそれを止めたそうな。

準優勝チームには賞金5000万円。
F1C16CF9-76DF-4423-914D-72E0B1408864_1_105_c


新しい国立競技場にはスタンドには表彰台が設けられず。

4C1199F8-92EE-402D-BAC3-16D3A14FC9CE_1_105_c


優勝チームの表彰。
FB5AE0BB-E525-4B92-B3A5-66320F22AC54_1_105_c


優勝賞金は1億5000万円。
試合終了まで残り数分で逃した1億円。
9CB47CDA-415A-42C5-9167-D90554890C7B_1_105_c


2AC115AD-CB69-4B42-B6A9-73EB20005C93_1_105_c


リーグ戦は何度か優勝しているが、カップ戦は天皇杯含め8度優勝を逃したサンフレッチェ。
ようやくの初戴冠。
2091E34B-AD0A-45DB-929B-DFCA8D59D1F5_1_105_c


なお、MVPは2ゴールのピエロスソティリウ選手が受賞。
賞金は100万円。
1226421C-0F22-4B3E-9244-5A998F047D21_1_105_c


一方セレッソのメンバーはスタンドのサポーターへ挨拶。
3BDB3889-6BDD-4E73-B6AD-ECB99E0108A8_1_105_c


3922375C-CFBF-4B34-9507-0D803B0D5A21_1_105_c


FF586991-85E6-499E-9720-7EB23F271D26_1_201_a


6D694047-15EA-4532-9CE5-929000553FE6_1_105_c


91A471CC-5FD1-451E-969C-04BABC34C85C_1_105_c


EEF73545-625E-4B37-9A28-4CDED59F13B1_1_105_c


国立競技場から以上、このへんで。
BD6D5CFD-8C97-42F6-87E3-7909D0976525_1_105_c



試合後の小菊昭雄監督、サンフレッチェのミヒャエルスキッペ監督の話(Jリーグ公式より。)
===
[ 小菊 昭雄監督 ]
お疲れさまでした。まず、やはりタイトルを獲ること、エンブレムに星を刻むことは簡単なことではないなと、あらためて実感しています。選手たちにも伝えたのですが、昨年の悔しい敗戦を糧に、本当にチームは一丸となって、一試合一試合優勝するために、全員が同じ方向を向いて日々のトレーニングから精一杯取り組んでくれました。この素晴らしい舞台にもう一度戻ってくることができて、選手、スタッフに感謝の気持ちでいっぱいです。昨年と同様、私の力のなさで、選手たちを勝たせてあげられなくて、その悔しい気持ちでいっぱいです。

−−2失点とも後半アディショナルタイムでした。これまでのどの広島戦よりも追い詰めて、優勝まであと一歩でした。退場などアクシデントもありましたが、優勝するために何が足りなかったのか。現時点での思いは?
広島とは四度対戦して、選手の頑張りで一戦一戦、土俵際まで追い詰めることができたことは選手の成長を強く感じています。今日のゲームプランも、選手たちは100%遂行してくれました。キャンプから積み上げてきた、攻守の規律を守ってハードワークする。そこはほとんどの時間で体現してくれたと思います。

あとは本当に細部のところ。アクシデントが起きた中での私の引き出しを増やしていくこと、そこに尽きると思います。いろいろとトライしながら、私も選手とともに成長していきたいという思いでいっぱいです。

−−試合後のロッカールームでは、どのような言葉をかけた?
まずは感謝の気持ちを伝えました。今日は大阪から全員がこの地に集まってくれて、一緒に戦ってくれました。いろいろな選手がチャンスをつかみ、たくさんの選手でここまで勝ち上がってこられたこと、戦ってくれたこと、感謝の気持ちを伝えました。それと、いまリーグ戦は4位ということで、ACLの可能性もあります。とにかくラスト2試合、最後は笑って終わりたいと。そのためにあと2試合、引き続き精一杯の準備をしようと話しました。

−−「終盤の引き出し」という言葉もありましたが、先制後、退場後、ゲームプランはどう変わっていきましたか?
退場後に関しては、(マテイ)ヨニッチがVARの判定を受けている間、万が一退場になった場合のシステムや、交代選手の確認、それぞれの選手の役割を確認しました。先制後は広島とは三度対戦していますので、どのように私たちに圧力を掛けてくるか(も分かっていたので)、そこをどうかいくぐるのか。相手のイヤなところを徹底していこうと。相手がイヤがる前線からのハイプレスも含め、攻守で準備していたことは発揮してくれたと思います。

ヨニッチが退場して、高さのところなど(が欠けた)。広島の今日のメンバーを見れば、クロスやセットプレーは大事なポイントになると思っていたので、そういった意味でも、ヨニッチが抜けたことはダメージが大きかったのかなと思います。

[ ミヒャエル スキッベ監督 ]
セレッソは再び自分たちを苦しめるような素晴らしいパフォーマンスを見せたと思います。今までの3試合もそうだったように、前半から非常に苦しめられました。勝負の世界で、これは残念なことなのですけど、セレッソも勝利に値するような、1位になってもおかしくないようなパフォーマンスだったと思います。

後半、自分たちのアンラッキーなゴールを許してしまいました。そこから時間が経つにつれて素晴らしいパフォーマンスを見せられるようになって、今日の勝利を決定づけたような流れになったというふうに思っています。自分たちのチームは、チームの成功のために自分たちの限界を超えるようなプレーを見せてくれたと思っています。ついに、やっと、サンフレッチェがカップを広島に持って帰ることができるということになりました。本当にうれしく思っています。

−−ピエロス ソティリウ選手がPKを蹴る直前、頭の中には天皇杯のPKのシーンを思い浮かびましたが、監督はどのような心境で、決まった瞬間はどのような思いになったのでしょうか?
まずは判定がPKだったということが大きなポイントだったと思います。ピエロス ソティリウは経験値も豊富な選手で、これまでもたくさんのPKを決めているので、彼ならしっかりと決めてくれると思っていました。

−−昨日、広島でもプレーした工藤 壮人選手が亡くなったという知らせがあった。それについて監督は選手たちにどのような話をしたのか?
非常につらいことです。工藤選手が亡くなってしまったことは。すごく若くして亡くなってしまったということは、すごく残念です。サンフレッチェとして、彼の家族、奥様とお子様に非常にお悔やみ申し上げます。ここまで約1年間をサンフレッチェ広島で働かせていただけていますけど、このクラブは彼らの家族の常にそばにいるクラブであるというふうに思っています。
===
以上。

<おまけ>
この日の「来場者プレゼント」は、大会スポンサー「ヤマザキビスケット」社製の菓子「プライムクラッカー」。大会限定パッケージ(非売品)。
IMG_1789 2



裏にはこれまでのMVPのメンバーがずらり。
2017年セレッソ初優勝時のMVPは杉本健勇選手でした。

IMG_1793 2


その2
帰りは「外苑門」から地下鉄銀座線の外苑前駅へ。
「外苑門」前は広いスペースがあり、かつての「明治公園」の敷地だった箇所です。
AC4D96AB-1DEE-4696-B3AE-EB8ACC0C95A4_1_105_c


ACB976E3-B1FE-41A3-8C99-E8C71952A8DA_1_105_c



リンク:国立競技場@日本スポーツ振興センター