北朝鮮が、軍事衛星打ち上げ失敗を発表。
FullSizeRender

(6月1日付の京都新聞。)
衛星は軌道に乗らず、朝鮮半島西側の黄海に墜落した模様。
FullSizeRender

日本政府はミサイルを発射したとしてJアラートを出したが。

以下は北朝鮮の政治や軍事に詳しい聖学院大学教授、宮本悟さんの話
(TBSラジオ「Session」電話出演での)
===
2012年4月にも打ち上げに失敗し発表しているいるので今回も同じではないかと。

その年の会計年度が終わる12月に打ち上げ(成功と発表)ているので、今年も年度末までに問題点を洗い出して、再び打ち上げるだろう。

ミサイルは地上にある目標を攻撃する為。
人工衛星は宇宙の軌道に乗せる為で目的が違う。
攻撃用ではない。
使われている技術は同じだが。

北朝鮮は宇宙ロケット打ち上げは国連安保理制裁対象と思っていない。罰則がある訳でない。

衛星打ち上げの事前告知は国連機関IMOに対して。
北朝鮮は宇宙条約と宇宙登録条約に加盟しているので、衛星打ち上げは通告が必要。

衛星打ち上げを通告している以上、成功と失敗は発表しなければならない。

成功したら、衛星を登録する必要がある。

人工衛星の発射で、日本はJアラート鳴らしたが、韓国が打ち上げたときも日本列島上空を通過するが。
日本が、北朝鮮の意図を読みかねている証になっている。
事前の情報収集が不透明なので、迎撃の可能性はわからない。
===