6月18日日曜日は、ヨドコウ桜スタジアム(長居球技場)でのJリーグYBCルヴァンカップ、グループステージ第6節、セレッソ大阪×ガンバ大阪戦へ。
IMG_3734

YBCルヴァンカップ最終節のE組最終節は。ヨドコウ桜スタジアムでの「大阪ダービーマッチ」となった。
IMG_3742

両軍ゴール裏はボルテージ最高潮。とくにガンバサポーター側の気合いの入り方が凄かった。
サポーターの数はセレッソのほうが多いものの、圧ではビジター側のガンバサポーターのほうが上回っていた印象でした。
IMG_3738

それはグループステージという目標だけでなく、目の前のセレッソに勝って欲しい。との思いの強さが表れておりました。

さて試合は、セレッソはレオセアラ選手が出場停止。
FWは加藤陸次樹選手と北野颯太選手の2トップでした。
ボランチに原川力選手。CBには西尾隆矢選手が入りました。
IMG_3751

一方ガンバはファンアラーノ選手と石毛秀樹選手が先発。
宇佐美貴史選手は控えに。

立ち上がりはガンバに積極的にボールを動かされるもののに、その後はセレッソのほうがチャンスに繋げる時間が多かったです。

右からジョルディクルークス選手。左からはカピシャーバ選手が相手陣内に斬り込んでくれましたが、最後のFW陣。とくに加藤陸次樹選手がコンディション悪い状態でした。

ダービーだし、積極的にボールを獲りに行って欲しかった。

再三チャンスが活かせなかったセレッソに対し、37分に、先制したのはガンバでした。

CKから半田陸選手にヘディングで押し込まれました。

IMG_3769

IMG_3778

前半終了間際に、カピシャーバ選手の突破からチャンスを作りますが、シュートまで持ち込めず。
前半は0−1のガンバリードで折り返し。

後半頭からFW陣のメンバー交代はなく、彼らに託そうと意図した小菊采配でしたが。


後半に入りその、立ち上がり、
カピシャーバ選手が自らの突破でCKを獲得するも、得点までには至らず。

その後もセレッソが攻勢を掛け、
後半10分過ぎには、カピシャーバ選手の突破からのクロスボールに北野颯太選手がヘディングで合わせるも、ガンバGK谷晃生選手に阻まれゴールならず。

その後、後半20分には、3枚替え。
ボランチに香川真司選手。前2枚は奥埜博亮選手、上門知樹選手を投入。

後半35分過ぎには、ジョルディクルークス選手のクロスに逆サイドからカピシャーバ選手が飛び込みましたが僅かに合わず。

結局最後は5バックに陣形を変更したガンバが虎の子の1点を守り切り、勝利。
8試合ぶりの「大阪ダービー」勝利でE組首位で、プライムステージ進出が決定。
一方セレッソは3大会ぶりのグループステージ敗退となりました。

IMG_3801

◆6月18日 ヨドコウ桜スタジアム(長居球技場)

C大阪 0−1 G大阪
(前半0−1)
(後半0−0)

【得点者】半田陸(G大阪)


リンク:
・試合結果@Jリーグ公式サイト



試合後の小菊昭雄監督の話(Jリーグ公式サイトより。)
===
[ 小菊 昭雄監督 ]
私自身、三度目の正直ということで臨み、思い入れも深い大会でした。今日、残念ながらグループステージ敗退が決まり、非常に悔しい気持ちと、同時に6試合を戦ってのトータルの結果ですので(受け止めないといけない)。(6試合を通して)いろんな課題もありました。いろんな発見もありました。先ほど選手たちにも伝えたのですが、大事なことは、「この6試合の学びをリーグの後半戦、天皇杯に生かしていくこと」。それが非常に大事です。しっかりと気持ちを切り替えて、今季の目標である「リーグトップ3」「3つ目の星を刻む」という目標に全員で向かっていきたいと思います。

−−今季のルヴァンカップを振り返ると、毎試合、敗戦も含めてカップ戦の反省をその後のリーグ戦につなげてきたと思う。今節も「結果がすべて」の“大阪ダービー”に負けたことは悔しさしかないが、この試合を今後のリーグにつなげるとすれば、どういうところになるか。
本当に、カップ戦の一試合一試合、勝った試合も負けた試合もいろんな学びとして選手たちはリーグに生かしてくれました。その成果として、前半戦、目標の勝点30には『1』届かなかったのですが、『29』という悪くない数字で折り返すことができました。それはルヴァンカップも含めて一試合一試合の積み重ねを選手たちが生かしてくれたことがすべてだと思っています。今日の試合も、たくさんのポジティブな点もありました。ボランチを基準にボールを動かすこと、ダイナミックなサイドチェンジから質的優位を生かしていくこと、チームがデザインした形もたくさんありました。意図的に狙いを持った攻撃にトライすることもできたと思います。ただ、リーグの(J1第12節・)鹿島戦などもそうですが、こういったどっちに転ぶか分からない試合で、一瞬のスキ、攻守のリスタートも含めて、そういったところは後半戦に向けて課題として捉えていかないといけません。もちろん、CKを取られるまでにも、いろんな過程があります。今日の失点も、ボックスにキーパスを入れられて前進されたと思うのですが、チームの規律が少し乱れたところで相手に前進を許しました。守備の構築、攻撃の構築、リスタート、それぞれで、まだまだクオリティーを上げていかないといけない。それを今日の学びとして生かしていきたいと思います。
===
以上。