7月17日日曜日は、愛知県体育館での「大相撲七月場所」の「8日目」の取組を観戦。
DSC_0016

何年かぶりの愛知県体育館。

愛称が付けられていて「ドルフィンズアリーナ」に。
此処をホームアリーナとしているバスケットボールBリーグの「名古屋ダイヤモンドドルフィンズ」が命名権を取得したようで。

DSC_0018

正面のイス席へ。
午後2時すぎに入場。
丁度、十両土俵入りの最中でした。
DSC_0019

取組表。
向正面上部に取り付けられています。
DSC_0024

取組は、それぞれのスポーツメディアで確認いただくとして、

十両の取組が終わると、幕内土俵入り。
DSC_0089

豪華な化粧まわしを拝むのも、土俵入りの愉しみでもあります。
DSC_0111

横綱「照ノ富士」土俵入り。
DSC_0156

スガキヤ。名古屋場所ならではの懸賞幕。
DSC_0675

結びの一番は照ノ富士×若元春。
DSC_0771

若元春は初めての横綱戦。
DSC_0773

一番は2分を超える大相撲でありました。
若元春の攻めと気魄で横綱を押し切ったかに見えましたが。

行司から「待った」の声がかかり、相撲が止められた。
DSC_0914


審議の結果。
DSC_0929

取り直し。「待った」かかった場面からの。
DSC_0968

DSC_0985

勢い削がれた若元春と、冷静な横綱。
結果は横綱に軍配上がりました。
DSC_0996

DSC_0998

DSC_0999

DSC_1009

分厚い懸賞金の束が横綱に。
DSC_0005


以上、愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)から、このへんで。
DSC_0018 (1)

ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)
名古屋市中区二の丸1-1
地下鉄名城線「名古屋城」駅から徒歩5分


リンク:大相撲名古屋場所