MASARUのブログ

since2005。 from Osaka, Kyoto, etc.

アビスパ福岡

2007J2第39節・福岡×C大阪@博多球

55bfcce6.jpg◆9月9日 博多の森球技場

福岡 0−1 C大阪(終了)

【得点者】小松(C大阪)


写真は現場のなかにしさんから。お疲れ様でした。

試合は連敗脱出を目指すアビスパが飛ばしていましたが、攻撃の柱が1枚足りなかったこともあり、大きな決定的危機はなかったと思います。

序盤はどちらかといえば抑え気味で、後半一気に勝負をかけたセレッソ。
それまでサイドから崩そうとしていたのですが。
後半の得点は右深い位置からの縦パスが一本。ゴール前の小松選手に正確に届き、これを小松選手が足で押し込みました。

できればもう1点ほしかったが。
去年のグラウンドに明太子ばらまきの試合(謎笑)の雪辱を果たしたことになりますねぇ。


リンク:試合結果@J's GOAL

2007J2第28節:福岡×仙台@博多球

20070715福岡×仙台◆7月15日 博多の森球技場

福岡 0−1 仙台(終了)

【得点者】ロペス(仙台)


なかにしさんが、日曜日の博多に設けられている蜂の巣へ潜入し、
蜂に刺されることなく(笑)写真を送って下さいました。

試合は布部、久藤両選手が担うボロンチな(笑)福岡から仙台が1点もぎとったのが決勝ゴールだったとのこと。
おそらく仙台の10番の梁勇基選手(大阪泉州出身!)あたりが、がりがりサイドを攻めていたんでしょう(推測)

リンク:試合結果@J's GOAL


おまけ
博多の森グルメマップ博多の森屋台村


博多の森の会場内に設けられている屋台村のグルメマップも送って下さいました。
充実ぶりでいうなら、東の笠松、西の博多でしょうか?

2007J2第20節・C大阪×福岡@長居2

3b44c3b6.jpg◆6月10日 長居第2陸上競技場

C大阪 2−0 福岡(終了)

【得点者】ゼ・カルロス、前田(C大阪)


雑用が終わらなくて、試合途中の長居入り。
前半早々にゼ・カルロス選手の直接FKが入り、先制。
その後も両サイドから攻めあがるセレッソ。右サイドの苔口選手の突破はチームの攻撃に活力を与えたと思いますが、中央がでくの坊の小松選手なので、どうしようもなかったです。
ポストもできない足捌きもよくない・・・実際、後半に森島(康)選手に交代してから、大きく得点チャンスが増えたように思いました。

後半に味方選手が自陣PA内でファウルしてしまい、PKを相手に献上。絶対絶命同点のピンチでしたが、GK吉田選手は相手選手のシュートに反応。はじいてくれました。見事、バックスタンドも席を立っての拍手喝采でした。
その2分後に、ゼ・カルロス選手の右FKが絶妙な位置に入り、それを詰めていたCBの前田和哉選手がヘッドで押し込み、この試合2点目を決めました。

前田選手は今季2得点目。小松選手より決定力があると思います。

結果は勝ったものの、クルピさんにとってはまだまだテストなんでしょうか?
一緒に観戦した知人が、「都並監督の初期の頃に戻った」といってましたが、同感。
金信泳選手や阪田選手、中山選手はベンチにすら入っていません。
右SBは柳沢選手より、藤本選手だと思いますし・・・。

いい形で勝ち点3をとることはできましたが、今後もまだまだ不安だらけです。


リンク:試合結果@J's GOAL

リトバルスキー氏と王貞治氏

de9a1ffb.jpgなかにしさんより左の画像を頂戴しました。

アビスパ福岡の試合告知ポスターにリトバルスキー監督が登場!
氏のネームバリューで観客が見込まれるのでしょうか?


お菓子のホームラン王アビスパと同じく福岡をホームにするプロ野球の福岡ソフトバンクホークスにおける「お菓子のホームラン王」こと王貞治監督の顔アップボスターは無かったと思います。米国にも轟くネームバリューですが、王さんのワンショットのポスターなんぞ見たくない人が多いかも?
眉間の筋がはっきり判ってしまうやないかと(苦笑)



リンク:亀屋万年堂

2007J2第11節・福岡×C大阪@博多球

b64e35f1.jpg◆4月25日 博多の森球技場

福岡 2−2 C大阪(終了)

【得点者】リンコン、林(福岡)、前田、中山(C大阪)

なかにしさん、おつかれさまでした。


(2007.4.26 0:30追記)
なんばのスポーツバーで見てました。
前半途中に左サイドのゼ・カルロス選手が負傷交替。替わって登場した酒本選手が入り、左右両サイドのバランスがよくなって、チャンスも増えました。

2点目の勝ち越しゴールとあげた中山選手はJ初ゴール。左サイドを上がった柿谷選手から繰り出された低い弾道のシュート。一度は相手GKが弾くも、逆サイドから駆け上がった中山選手がシュートして決めました。非常にいい形のゴールでした。
互いに動きのイメージが共有できてて、柿谷選手は自身の放ったシュートが相手GKが弾いて、それを中山選手が拾ってゴールするところまでイメージできていたらしい。

この日の中山選手は終盤残り数分に交替するまで、走りまくっていました。運動量豊富であることがよくわかりました。

あと前田選手。”本職”はCBな彼ですが、きょうは1得点。この他にも惜しいシュートがありました。とても楽しそうでした。
”本職”CBでは、とても心許ないのですが(苦笑)
・・・どうしてセレッソのCBは伝統的に前に上がるのが好む傾向になるんですかね(笑)

鳥栖×福岡観戦記

サッカーファンのfct fanさんが、先日のJ2開幕戦の鳥栖×福岡戦を観戦に関東から鳥栖スタジアムへいらっしゃったようです。

fct fanさんのブログ(以下リンクより参照)には画像も掲載されております。
画像を見ると、現場では俯瞰しての観戦も可能なようです。
ゴール裏スタンドも高い位置まで設けられているようですね。

あとインゴールエリアが広いのは、ラグビー兼用だからでしょうね。


リンク:
九州ダービーに行ってきた 鳥栖vs福岡 3月4日(日)@fct fan サッカー観戦漬けの日々
(パソコンで見て下さい)


追伸
本ブログのパソコン用ページの左フレームにfct fanさんブログへのリンクを貼りました。

2006J1・J2入れ替え戦・第1戦@神戸ウイング

◆12月6日 神戸ウイングスタジアム

神戸 0−0 福岡

結局、午後7時のキックオフには間に合いませんでしたが、それは私だけではなかったようです。前半終了まで入ってくるお客さんが多かったです。
会場までの地下鉄海岸線は乗っている人が少なかったので拍子抜けしましたが、コアなサポーターは早い時間から行っているでしょうキックオフに間に合わない時間には乗ってない訳で。

試合は福岡ペース。シンプルな攻撃で、両サイドを走らせ、長いボールを神戸ゴール前まで送りこんでいました。あわやのシーンもありましたが、神戸のGK荻選手の好セーブもあり、福岡得点ならずでした。
右サイド久藤選手のPA前への強引な突破(かつてG大阪とのナビスコ杯で3人の相手選手を引きつれ中央突破を図ったことがあったが)も見られましたが、ゴールならずでした。

後半は神戸が押し気味でした。福岡はカウンター狙いでしたが。
神戸も得点ならずで結局スコアレスドローでした。


9日の第2戦@博多の森で、勝ったチームが勝者。
第2戦も0vs0の場合、終了後に15分ハーフの延長戦。
それでも同点の場合はPK戦で決着。
得点を挙げての引き分けの場合はアウエーでのゴール数で神戸が上回るので、神戸のJ1昇格が決まります。

2006J1・J2入れ替え戦・神戸vs福岡 日程

第1戦 12月6日(水) 
神戸×福岡@神戸ウイングスタジアム
(19時〜)

第2戦 12月9日(土)
福岡×神戸@博多の森球技場
(16時〜)

さて入れ替え戦。土曜日の呑み会でも話題になりましたが、神戸と福岡、何かと因縁で、監督が違いに相手の監督を経験してて、ともに解任されたこと。
福岡の布部、佐伯、薮田の各選手が元神戸なこと(しかも佐伯、薮田両選手は昨季まで神戸だった)。

因縁ですね。
神戸が上がらないと、来年のJ2に京阪神揃い、J1はガンバだけになるので、神戸には上がって欲しいのと。来年福岡に行きたい気持ちがあり。
ぜひ、神戸に上がってもらいたい。


なお第1戦はスカパー!やネット中継のほか、NHKラジオ第一(大阪のみ。666KHz。)で生中継のこと。

リンク:2006/12/05 12/6 入替戦vs.福岡 TV・ラジオ・インターネット中継情報@ヴィッセル神戸公式サイト

23日土曜日は

午前11時台の伊丹発の飛行機でセレッソファンの知人とともに福岡入り。飛行機で福岡に行くのは初めて。
飛行機代はその知人の「おともdeマイル」の恩恵を預かり、片道10300円。

福岡空港のすぐ横には住宅地で騒音とか大丈夫なのか?と。
空港で昼食を摂った後、直行バスでスタジアムへ(片道160円)。
スタジアムでなかにしさんと合流。メインスタンドのSA席で観戦。

SA席の前売りを買ってて、バックスタンドに入ったんですが、なかにしさんは「セレッソ大阪応援のかたはメインスタンド側に入って下さい」と云われたそうな。確かに我々も云われていたけど、思い切り無視していました(笑)
・・でもSAメイン側にもアビスパサポの姿が。誘導したのは試合中やその後の両軍サポーターの衝突を避けてなんだけど、入れたら意味ないやん(苦笑)。

アビスパは今季からファミリーマートもスポンサーにつけてて、スタジアム内でファミマの出店を出していて、某大手チェーンのよりフライドチキンを一般店と同じ値段で売っていました(ファミマカードは使えません。)

さて、試合が終わって(試合については前エントリーを参照)、博多駅前にホテルの予約を獲っている知人やなかにしさんを一旦分かれ、スタジアムから天神までの直行バス(370円)に乗り、天神へ。空港の南側を通って、都市高速を経由。30分以上かかったような。
そのバスの中で、大相撲ラジオ中継を拝聴。安馬関ですが、この日も負け、自らの敗戦で横綱の優勝を決めてしまいました。平幕で優勝した”琴富士”の再現はならずでしたね。

ホテルは天神は国体道路・三光橋近くの福岡アルティ・インに。
シングル6800円なり。チェックアウトは11時まで。風呂のシャワーは低水圧シャワーに非ず。ホテルをチェックインする前に確認するのは、コンビニなんですが、さすが福岡中心街なので、複数件あり。翌日の朝食はコンビニで調達しました。
ホテルの室内は広め、6階の東南角の部屋でした。ベッドはセミダブル。

a0ee0e94.jpgで、待ち合わせ場所の地下鉄天神駅改札前に向かう途中で見つけたのは、ホークスとアビスパのグッズが揃っているローソン。
思い切り両軍応援ですね。


で、知人やなかにしさんと再び合流してからは、知人がネットで見つけたファイアーボールカフェへ。お店は西鉄福岡(天神)駅の西側、天神サザン通り沿いにある天神東宝という映画館の隣にありました。
ファイアーボールカフェお店ではいくつものモニターが置かれて、メインの画面では万博のガンバ×川崎戦を他の画面では千葉×京都戦とプロ野球のジャイアンツ×タイガース戦を放映していました。また様々な競技の選手のユニフォームなどが飾られていて、立教大学ラグビー部のジャージや、画像の通り、中村紀洋選手(当時Bu)のユニフォームも飾られていました。
フードは、この後に屋台に行くことも考慮して、控えめにしました。
メインの画面で放映されたガンバ×川崎戦は豊中市民招待デーということもあり、立錐の余地なしのように見えました。試合は前半途中での川崎マギヌン選手のプロレスばりの跳び蹴りで一発退場。これを機にガンバに形勢が大きく傾きました。見事に決まった技(笑)でしたが、川崎関塚監督は「をいをい何すんねん」と頭を抱えたことでしょう。
以降、川崎はガンバにボコボコのサンドバッグ状態でした。

ガンバ×川崎戦が終わってからは、中洲へ移動。博多川沿い、昭和通りより海寄りのある屋台に行きました。
屋台の横のテーブル席であれこれ談義しながら、飲み食い。前回(4年前)のときにも訪れ、王ホークスの采配の”本質”を率直に述べたところ、お客さんを凍り尽かせたそうなので(汗・・・私は憶えていない)、今回はアルコールの量減らしを自制しました(笑)
缶ビールや缶チューハイ。だし巻に串もあったけど、一番愉しみだったのは、焼きラーメン。
細麺の博多ラーメンを豚骨スープで炒め、最後にソースで味を調えてあるもの。スープに浸っていないので、麺が延びない。酒のアテだけでなく、ご飯のおかずにもいけるかと思いました(爆)
夜の福岡の裏通りは東京や大阪ほど外灯が立っていないので、思ったほど暗かったです。

屋台を出たあと、知人やなかにしさんと別れました。
ありがとうございました。

リンク:
おともdeマイル@JAL
福岡アルティ・イン
低水圧シャワー@TOTO
ファイアーボールカフェ@スポカフェ
中洲観光協会・中洲町連合会

(2006.9.25 0:30追記)
仙台サポのKAMMYさんが鳥栖での試合後、西中洲で呑んではったんですね。
ニアミスですね(笑)

リンク:西中洲 まる家にて。。。@KAMMY'S HOMEPAGE写真館(livedoor移行中)

【訂正】2006J1第24節・福岡×C大阪@博多球

コメントにあるように、キースさんより、得点者の所属クラブが間違っていると指摘を受けました。ご指摘ありがとうございました。
投稿後、何度も目を通しているんですが、気づかなかった(汗)。
「セレッソの布部」が頭の中に染みこんでいたということか。
===
65395964.jpg576354f8.jpga34e081b.jpg

◆9月23日 博多の森球技場

福岡 1−0 C大阪(終了)

【得点者】布部陽功(福岡)

両サイドを封じられ、裏をかかれて、何度もゴール裏までもっていかれましたが、福岡の決定力のおかげで前半は無失点に免れましたが。
後半はデカモリシの惜しいシュートもありましたが、勝ちたかった。

古巣相手に決勝弾を決めた布部選手。試合後のヒーローインタビュー後、C大阪側ゴール裏に向けても挨拶していました。律儀な彼です。



(2006.9.24 7:23追記)
博多の森は降格した2001年以来5年ぶりでした。
バックスタンドの売店群は充実ぶりには目を見張るものがありました。西門蒲鉾を肉もん串もんなど多数。川崎等々力や広島ビッグアーチより充実していました。スタジアムへは何も買っていかなくてもエエということになりますね。

66c10377.jpgあと会場にはアビー(アビスパ福岡マスコットの蜂)が描かれた自動販売機(画像)も。この自動販売機での売上金の一部をアビスパ福岡に寄付するのだそうです。


(2006.9.24 7:43追記)
213226c6.jpg
試合会場および福岡市内街頭で見かけた“川勝一家”のボスター。
6選手を従え、首領の(笑)川勝監督が八方睨みをきかせていました(笑)。

今週末の観戦予定は?(9月23、24日)

9月23日(土)
J1第24節・アビスパ福岡×セレッソ大阪
@博多の森球技場(15時キックオフ)

土曜日は、ガンバはフロンターレと首位攻防戦。
かたやセレッソは福岡博多の森でアビスパとの裏天王山。

首位攻防戦と裏天王山、同じ大阪でもエライ違いですな(苦笑)

私は後者のほうへ行きます。
私自身は5年前の蜂に刺されまくられの試合以来の博多の森ですが。

九州ならではのガチガチ、体アテまくりの激しいタックルに果たして名波君は何分もつのか?と(苦笑)

日曜日は、ゆっくりとし、午後帰阪の予定です。

J1第28節その他は

川崎が6連勝し、5位まで上がってきました。今日の等々力は連勝続く川崎を見に2万人近く集めたようですね。あの得点力だし、入るのは当然か。
その川崎、次節は昨日の埼玉ダービーで大宮から逆転勝ちした4位浦和が相手。両軍互いに攻撃力発揮し、かつての「近鉄×ダイエー@日生球場」ような(笑)「ノーガードの打ち合い」になるでしょうか?
J2鳥栖は今日、博多の森でアビスパ福岡との「JR鹿児島線ダービー」。現場の知人からの報によると、若手主体の鳥栖は気合いが空回りし失点を重ねたとのこと。セレッソから鳥栖に期限付きした濱田選手は、この日はキッカーまで務めていたそうですが、後半途中からは鳥栖の若手が彼についていけなくなったそうです。濱ちゃんて、セレッソではスタミナ無くて10分でカラータイマー鳴るんちゃうか?と思ていた選手やったんやけど。


リンク:Nakanishiya-weblog 日々是あれこれ

サッカー天皇杯は3回戦

今度の日曜日(10月9日)に行われる第85回天皇杯サッカーは、1・2回戦を勝ち抜いてきたチームがJ2チームと当たる3回戦。
近畿では2試合の開催の予定。

第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会・3回戦

京都パープルサンガ対FC琉球@西京極
アビスパ福岡対佐川印刷SC@長居第2

いずれも13時キックオフ。

J1昇格が決定的なパープルサンガはFC琉球と対戦。
元サンガの藤吉選手が久々に西京極に登場ですね。
ただJ2はシーズン真っ直中なので、番狂わせは今年も少ないでしょうね。

リンク:FC琉球
http://www.fcryukyu.com/

ちなみに藤吉選手は地元のラジオ局(琉球放送)で番組を担当しているようですね。持ち前の立て板に水のトーク全開なんでしょうね(微笑)
当Blog内記事検索
NHKらじる★らじる
NHKらじる★らじる
radiko(ラジオの同時配信)
RADIKO

最新コメント
Links
お宝発見!体験型異次元空間
Links
Team-6
ブックレビューガイド
楽天市場
タイムズ駐車場検索 hspace=
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ