MASARUのブログ

since2005。 from Osaka, Kyoto, etc.

イビチャ・オシム

スカパー解説オシム氏の通訳

スカパーのW杯無料放送(※)のコメンテーターとして出演しているイビチャ・オシム氏の同時通訳のかた(下画像内の左側)がとても優秀なかたですね。

ba5a2b6a.jpg


オシム氏の云いたいことを即、適切な言葉を選びとって同時通訳されています。一心同体。

その通訳さんのことを私は知らなかったのですが、本職は政治学者の千田善(ちだ・ぜん)というかたで、オシム氏が全日本監督時代からオシム氏の片腕?として通訳として活躍されているようで。オシム氏に関する著書まで出されているようですね。

スカパーではまもなく3時半キックオフのブラジル対チリ戦と今夜23時からのパラグアイ×日本戦中継に出演するそうな。日本人スタッフによるツイッターへオシム氏の言葉がツイートされるようですので、お楽しみに。

リンク:
『オシムの伝言』元日本代表通訳 千田善 著 オフィシャルサイト

コレクティブに

デンマーク×日本戦後のイビチャ・オシム氏(スカパー解説)のコメント。「・・・残念ながら一部の選手がワンマンなプレイをしようとしてチャンスを逃した場面があった。日本はコレクティブなプレイをするように練習を積んでいて俊敏性がある選手が揃っている。それを生かすプレイをすべきである。」。

コレクティブは「集団的な」て意味なんで、独善的なプレーを避け、統一した意識・戦術の下、連携を高めてもらえればと思う。デンマーク戦の3点目のようなゴールがもっと産まれればと思う。

試合後の本田圭佑選手の冷静で且つ貪欲さが見られるコメントが印象的でした。

【閑話】全日本の元監督たちは今

ジーコ氏。
ロシアのクラブチーム監督を解任になったらしい。

イビチャ・オシム氏。
全日本監督在任中に脳梗塞を患って監督を辞任。そして帰国。

フィリップ・トルシエ氏。
FC琉球の監督。今回の天皇杯に出場。

加茂周氏。
母校関学の監督。関学も天皇杯出場。

ハンス・オフト氏。
昨季ジュビロを残留させたが、今は無職のはず。


セレッソがもしもJ1に上がれた場合、来季はこの中から監督を選ぶのも手?

リンク:
CSKA、ジーコ監督を解任=ロシア・サッカー@時事通信
トルシエブログ@FC琉球公式サイト

ストイコビッチvsオシム対談

70861ff7.jpgdc6999ae.jpg

先日ジュンク堂大阪本店のスポーツ本コーナーでJリーグ名古屋グランパスのイヤーブックを見つけました。
中をぺらぺらめくるとストイコビッチ監督と彼の師でもあるイビチャ・オシム氏の対談ページがあったので、衝動買いしました(笑)
続きを読む

オシム氏、離日

5c69fe07.jpg昨年末で日本サッカー協会のアドバイザーを退任したイビチャ・オシムさんが4日、成田空港発の飛行機でオーストリアへ向け、離日しました。

多くのファンや関係者に見守られながらの離日にオシムさんが感激した様子だったという。

脳梗塞(こうそく)から順調に回復してきたオシムさんでしたが、搭乗前に貧血状態になり、最後は車イスにで移動したという。
えらいこっちゃがな。大丈夫だったんかいな?


塩辛いものを控えて、お元気でいてほしいです。


リンク:オシム氏が離日@朝日新聞

SVABO! OSTANI!

SVABO! OSTANI!急性脳梗塞(のうこうそく)で緊急入院したサッカー全日本イビチャ・オシム監督の小康状態が続いています。

オシム監督は旧ユーゴスラビア(現ボスニア・ヘルツェゴビナ)のサラエボの出身。
ユーゴ代表チームを監督として率いた1990年のW杯イタリア大会ではベスト8まで勝ち進みました。
またユーゴ代表監督時代には、各民族の民族主義で翻弄された代表チームの民族的な配慮を排除し、「必要ならば11人全員をコソボのアルバニア人で揃える」と公言したそうです。

1992年3月、ボスニア・ヘルツェゴビナのユーゴ連邦離脱を受け、ユーゴ軍がサラエボに侵攻。
当時オシムさんはセルビアの首都ベオグラードのクラブで監督をしていたため戦火を免れましたが、サラエボに残した夫人と長女は脱出することができず、サラエボが封鎖されたため、数年間家族が引き離されました。
オシムさんはこの年の5月、ユーゴ軍のサラエボ侵攻とユーゴ分裂の抗議の意味で、ベオグラードとユーゴ代表の監督をともに辞しました。

「SVABO! OSTANI!(シュワーボ!オスタニ!)」とは、オシムさんがそのベオグラードの監督を辞することを決心したとき、民族間の感情が悪化する中、選手の実力のみを基準に起用しつづけたオシムさんのスポーツマンシップに対する敬意を込めて、クラブの選手から叫ばれたものです。
「シュワーボ(ドイツ野郎)、残れ!」と訳しますが、「ドイツ野郎」とはオシムさんの愛称です。

その後、オシムさんは、ユーゴスラビア代表選手で出場した東京五輪(1964年)のときに優しく接してくれた日本でチャレンジしたいと、2003年に来日。当時、Jリーグで下位だったジェフ千葉を強豪クラブにし、その実績を買われ、2006年、ジーコ監督に替わり全日本の監督に就任しました。

・・・・日頃は機知に富む語録が報道されるオシムさんですが、情熱と信念のかただと思います。

一日も早い回復を祈っております。



リンク:
ボスニア紛争(グルバビツァ地区)@サラエボ

オシム監督、急性脳梗塞で入院

サッカー全日本のイビチャ・オシム監督が急性脳梗塞(のうこうそく)で入院したとのこと。

オシム監督は見た目からして血圧高そうだった。

昔は「脳卒中」とも云っていた病気だったと思います。
私の祖母が「くも膜下出血」で亡くなっています。
この病気は家系も関係しているようです。

田辺三菱製薬が脳梗塞に関してのサイト(以下リンクより参照)をもってて、その中に脳梗塞に関しての危険度チェックがあります。
チェックしてみたら、危険度高く「要注意です」と云われてしまいました(苦笑)

みなさま、どうかご注意を。

リンク:
オシム監督:急性脳梗塞で入院@毎日新聞
脳梗塞ネット@田辺三菱製薬

Jリーグアウォーズ2005受賞者

Jリーグアウォーズ2005受賞者(一部割愛)

◆最優秀選手賞(MVP)
アラウージョ(G大阪)

◆ベストイレブン
GK:
吉田宗弘(C大阪)
DF:
田中マルクス闘莉王(浦和)
ストヤノフ(千葉)
中澤佑二(横浜FM)
MF:
小笠原満男(鹿島)
阿部勇樹(千葉)
遠藤保仁(G大阪)
フェルナンジーニョ(G大阪)
古橋達弥(C大阪)
FW:
アラウージョ(G大阪)
佐藤寿人(広島)

◆得点王
アラウージョ(G大阪)

◆新人王
カレン・ロバート(磐田)

◆最優秀監督賞
西野朗(G大阪)

◆監督特別賞
オシム(千葉)、小林伸二(C大阪)

◆Join賞(チェアマン特別賞)
「神達彩花ちゃんを救う会」の募金活動を支援した全国のサポーター

(以上、敬称略)


ブルーノ選手が入らなかったのは、ベストイレブンに外国籍選手枠(3選手まで)があるからでしょうか?
あと、あやかちゃんを救うための働きが認められたのは喜ばしいことです。
手術成功してほしいです。
当Blog内記事検索
NHKらじる★らじる
NHKらじる★らじる
radiko(ラジオの同時配信)
RADIKO

最新コメント
Links
お宝発見!体験型異次元空間
Links
Team-6
ブックレビューガイド
楽天市場
タイムズ駐車場検索 hspace=
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ