ベートーベン『悲愴』第二楽章ですが、曲名を聞いてもピンと来ないかたのほうが多いと思います。
続きを読む