富士通は、視覚障碍(しょうがい)者や色覚障碍者のアクセシビリティを高めるための診断ソフトウェアツール群「富士通アクセシビリティ・アシスタンス」の無償ダウンロードによる提供を、8月20日をもって終了するそうです。
富士通アクセシビリティ・アシスタンス


8月20日までにダウンロードを終えれば、21日以降も普通に使えるようです。

詳しくは以下リンク先をご覧下さい。

リンク:
富士通アクセシビリティ・アシスタンス@富士通(製品ホームページ)
富士通、色覚障がい者のための診断ソフトウェア無償提供8月20日をもって終了:「終了前に、ただ伝えてほしい」――多くの開発者に届きますように。 - @IT