MASARUのブログ

since2005。 from Osaka, Kyoto, etc.

タイガー&ドラゴン

笑酔亭梅寿謎解噺@田中啓文・著5

今年1月にジュンク堂書店の企画で梅田で開いていた”桂文珍書店”で見つけた一冊です。

無理やり落語家に弟子入りさせられたチンピラ兄ちゃんを主人公に、上方落語界とそこを取り巻く様々な人を巻き込みながら話が展開されます。
短編の連作集で、ストーリーごとに上方落語の古典噺が折り込まれていました。
また前座さんのお仕事をからめ、若手噺家の心情を巧みに描写。落語界のことが詳しく書かれているのは驚きでした。綿密な取材があったのでしょうが。
短編冒頭での月亭八天師の解説も落語を知らない人にも解りやすいと思いました。

とてもテンポよいストーリー展開で、引き込まれるように読んでしまいます。
実際に電車で読んでて、降りる駅を降り過ごしそうになりました(汗)

前述の”桂文珍書店”では文珍さん直筆のポップが立ってて、「『タイガー&ドラゴン』のクドカン(宮藤官九郎氏)も影響受けたんでしょう」旨のコメントが立っていました。
確かに『タイガー&ドラゴン』のモデルだと思いました(微笑)

なので『タイガー&ドラゴン』のファンの人はハマるかも。
そうでない人、ジャニーズが嫌いな落語好きな人もハマるかと思います。

久々に読んだ傑作でした。

で先日の「しごきの会」で文珍さんがこの本について触れ、なんと文庫化されたそうな(文庫版では文珍さんが解説を書いているそうです)。もう少し待っておけば良かった(苦笑)

ハードカバーより廉価な文庫になったんで、より多くのかたに手にとってもらいたいです。

なお登場人物のうち、「笑酔亭梅寿」は故・六代目笑福亭松鶴師、「吸血亭ブラッド」は二代目快楽亭ブラック師がモデルなんでしょうね。
ハードカバー版には関西では有名なイラストレーターである成瀬國晴氏のイラストがあり、梅寿が描かれていましたがとても六代目松鶴師にそっくりでした(笑)


以下、出版情報。

書名:ハナシが違う!笑酔亭梅寿謎解噺
著者:田中啓文(たなか・ひろふみ)
文庫: 347ページ
出版社: 集英社 (2006/08)
ASIN: 4087460746

以下、アフィリエイト(Amazonへリンクします)

ハナシがちがう!―笑酔亭梅寿謎解噺(集英社文庫)


笑酔亭梅寿謎解噺

西田敏行さん、「彦八まつり」で一席

俳優の西田敏行さんが、今年9月に開かれる上方落語協会主催の定例行事「彦八まつり」@生国魂神社にゲスト参加し、落語を一席披露することが決まったそうです。

今年の彦八まつりの実行委員長を務める桂小枝さんが、テレビ番組で共演している西田さんに依頼し、快諾を得たそうです。

西田さんは昨年のテレビドラマ「タイガー&ドラゴン」で落語家役で出演し、毎回数分間話の一端を披露した実績を持ちますが、実際の生のお客さんの前では、さて?



リンク:西田敏行さん、9月に大阪で一席@産経関西

今週のタイガー&ドラゴン『厩火事(うまやかじ)』

今週のタイガー&ドラゴンは『厩火事(うまやかじ)』でした。

ざこば師匠の『厩火事』を何度かを生で聴いたことがあります。
ドラマのほうは最後は切ない終わり方でしたね。今回ゲスト出演した古田新太さんも清水ミチコさんも好演だったこともあり、我ながら目頭が熱くなりました。

組長役で出ている鶴瓶さんのインタビューが番組のホームページに載っていました。その中でも触れられていましたけど、この番組で落語の楽しさを多くのかたに知ってもらいたいです。

そして、生の落語を聴きに寄席なりホールなりに来て、アゴはずして笑い、そして泣いて下さい。

落語は本当に奥が深い。年をとるごとに、ますますハマっていってます。

『タイガー&ドラゴン』クレイジーケンバンド

タイガー&ドラゴン [MAXI]

同名のドラマ『タイガー&ドラゴン』の主題歌なんですが、ドラマとともにビシバシ来ています。
なんといっても歌詞が凄い。
「オレの話を聞け!」ですから。

今の子、人の話を聞かないから(笑)


リンク:『タイガー&ドラゴン』クレイジーケンバンド(Amazon)

先週のタイガー&ドラゴン

先週金曜日の『タイガー&ドラゴン』を先程、ビデオで観ました。

荒川良々扮するバファローズ三色帽にスーツの男性は、今後主人公・小虎のライバルになっていくんだろうが、スーツに三色帽はイタさを出させる演出なのか? バファローズを応援していたものとして、あれは気に入らない。
三色帽を出してくれてありがとう。。。とは思えませんでしたね。

でもドラマ自体は、テンポあるし、最後まで魅せてくれます。

それにしても、西田敏行さんの演技は完成度高くて・・・。映画『ゲロッパ!』での大阪弁の組長も凄かったけど、この『タイガー&ドラゴン』の落語家・どん兵衛も凄いわ。

『タイガー&ドラゴン』

あす金曜日からTBS系の夜10時から新番組『タイガー&ドラゴン』が始まります。
これは落語をモチーフにしたドラマで、今年の正月に単発で放送されました。宮藤(くどう)官九郎氏のよる脚本は最後までテンポよく楽しませてもらいました。
また配役も、『ゲロッパ!』でエンターテイナーぶりを大いに魅せてくれた西田敏行氏が主人公が弟子入りする噺家役を好演。
あと本職の噺家である笑福亭鶴瓶さんは、関西弁の組長役で好演。
ナミコーで元番長な鶴瓶さん、凄みだしてました(笑)

落語を題材にドラマが展開されていきますので、これを機に落語のおもしろさの一端を知って、寄席へ足を運んでくれる人が増えればいいんですが。

□タイガー&ドラゴン(TBS)
http://www.tbs.co.jp/TandD/
当Blog内記事検索
NHKらじる★らじる
NHKらじる★らじる
radiko(ラジオの同時配信)
RADIKO

最新コメント
Buffaloes関連Links
Links
お宝発見!体験型異次元空間
Links
Team-6
ブックレビューガイド
楽天市場
タイムズ駐車場検索 hspace=
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ