今夏の参院選からインターネットを利用した選挙活動が解禁されるという。
与野党の選挙制度協議会で合意に至り、来月には国会を通過し、即施行、参院選には間に合わせるとのこと。

ただその内容を見てみると、ブログがOKで、ツイッターがNG。
…それが何故なのかが理解できないなあ。線引きの基準がね。

リンク:
ネット選挙を解禁しても、ツイッターは許さなかった日本政治の限界 @週刊 上杉隆
社説:ネット選挙解禁 政治を変える突破口に@毎日新聞(携帯電話からでも閲覧可能)
「Twitter」のつぶやきもダメ? 公職選挙法の逆効果

ただ、公職選挙法の基準が緩くなりすぎて、「戸別訪問」がわんさかやってこられてもなあ(苦笑)