MASARUのブログ

since2005。 from Osaka, Kyoto, etc.

パッチギ!

真木よう子(まき・ようこ)

NHK大河ドラマ『龍馬伝』に今週から真木よう子さんがお龍(りょう)役で出演するということで見ました。

78852032.jpg
続きを読む

映画『バッチギ!』続編のヒロイン

中村ゆり5月20日付の朝日新聞のインタビュー欄「ひと」に、先日公開された井筒和幸監督作品『パッチギ!』の続編(サブタイトルの『ラブ&ピース』はベタ過ぎるが(笑))のヒロインを務める中村ゆりさんが出ていました。

彼女は新人女優かと思ったら、10年くらい前に「YURIMARI」という二人組がいましたが、その片割れだったらしい。確か、大阪の深夜の桂三枝さんの番組とかに出ていたような・・・。
彼女はこの作品公開を機に”出身”をカミングアウト。作品のヒロインと同じ立場なのだそうな。

井筒さんの作品は、『パッチギ!』の前作や『ガキ帝国』『岸和田少年愚連隊』と若い役者の瑞々しくかつエネルギーがぶつかり、ほとばしる作品が多い。
今回も背景は難しいけれど、若いエネルギーがぶつかりあうのを愉しみにしたいと思います。

なお彼女は、この後には山口県光市の母子殺害事件をモデルにした作品に出演。殺害される母親を演じたのだそうな。こちらも難役ですな。



リンク:
中村ゆりオフィシャルブログ ぬるま湯と冷たい風
映画『パッチギ!LOVE & PEACE』公式サイト
YURIMARI@avexnet

『パッチギ』4

井筒監督の最新作。先週、梅田のレイトショーで見てきました。
前作『ゲロッパ』と同様、強引なストーリー展開(笑)なんですが、青春映画としては出来は悪くなかったし、笑える場面もあった(でもあの笑いのテイストって関西以外のかたにも理解してもらえているのでしょうか?)。最後はホロリとさせられました。
ただ葬式のシーンでの「日本人は判っていない」ってところだけど、アレを台詞で言わせてはダメでしょう。作品全体にメッセージを散りばめないと。

それにしても井筒監督の作品に出ている若い役者はとてもいい演技してますね。
当Blog内記事検索
NHKらじる★らじる
NHKらじる★らじる
radiko(ラジオの同時配信)
RADIKO

最新コメント
Links
お宝発見!体験型異次元空間
Links
Team-6
ブックレビューガイド
楽天市場
タイムズ駐車場検索 hspace=
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ