MASARUのブログ

since2005。 from Osaka, Kyoto, etc.

三代目桂春團治

大阪で踊る古今亭志ん朝師

fc24f0ad.jpgd170a911.jpg



『志ん朝と上方』(岡本和明・著)を先日、読了しました。
続きを読む

落語の定九日12@鶴橋・雀のおやど

鶴橋・雀のおやど28日金曜日の夜は、鶴橋・雀のおやどでの桂九雀さんの会にいってきました。
続きを読む

【TV】あす27日深夜「平成紅梅亭」

0ba1c1a1.jpgあす3月27日(木)の深夜2時22分から読売テレビ10チャンネル(近畿ローカル)で「第72回平成紅梅亭」が放映されます。
続きを読む

南海ホークス・メモリアルギャラリー@なんばパークス

なんばパークスにある「南海ホークス・メモリアルギャラリー」が昨年4月の第2期工事完了後に、9階屋上のエレベータホール内に移動しました。
移動後、訪れたことがなかったのですが、先日覗いてきました。

南海ホークス・メモリアルギャラリー-1南海ホークス・メモリアルギャラリー-2


エレベータホールに設置されたギャラリーですが、屋上公園から観ると、ギャラリー自体がひとつの建物のように感じます。
濃い緑色のロゴがたまらんです。

南海ホークス・メモリアルギャラリー-3南海ホークス・メモリアルギャラリー-3


中は、南海ホークス時代の数々の功績や選手が表示。日本シリーズ制覇したときペナントやトロフィーなども展示されていたのは、7階にあったときと同じ。
7階には在った(ホークスファンを代表しての)三代目桂春團治師や俳優・橋爪功さんのパネルはなくなっていました。

南海ホークス・メモリアルギャラリー-4


因みになんばパークスのエレベータホールの到着階を示すランプの色は緑が基調。
下階の「パークスシネマ」も緑が基調。
「なんばパークス」自体の語呂も「なんかいホークス」に由来してそうだし、ホークスへのリスペクト(敬愛)はいつまでも・・・なんですね。

近鉄もそうであってほしいのだけれども。


リンク:なんばパークス公式サイト
http://www.nambaparks.com/

2007〜08年末年始落語番組(近畿ローカル含む)

以下に記述。続きを読む

2008年4月、文珍10夜

桂文珍10夜連続独演会来年還暦を迎える桂文珍さんが、今年10月から半年かけて、全47都道府県を回る独演会ツアーを行っている。
そのオーラスは、来年4月、NGKなんばグランド花月で10夜連続公演。

続きを読む

市民寄席@地下鉄今里・東成区民ホール5

77c50ed8.jpg8日木曜日は地下鉄今里近くの東成区民ホールでの市民寄席に行ってきました。
続きを読む

きょうは「第7回朝日東西名人会」

きょうは梅田・茶屋町のシアタードラマシティにて第7回の「朝日東西名人会」があったのですが、鑑賞できず。

登場する噺家さんは桂米朝、三代目桂春團治、桂吉弥に、東京からは橘家圓蔵、林家いっ平の各師が登場(敬称略)
いっ平さんは先日「二代目林家三平」襲名が発表され、マクラでいろいろ話を聞きたかった。
吉弥さんは朝ドラの『ちりとてちん』で要領の悪い元・噺家役を演じているようで(きょう6日放送分が初登場)。実際の吉弥さんは、全然要領が良さそうで頭の回転がとても早い。そして噺も旨い。上方(かみがた)若手の優良株。
つまり、ドラマで渡瀬恒彦さん演じる師匠の徒然亭草若より、巧い弟子になってしまうのだが(笑)
落語の口演はごまかしがきかないからね。

おそらくトリは、人間国宝?
大丈夫だろうか?
噺をしたのだろうか?
同じ噺を何回もしていなかったのだろうか・・・・。


ともあれ、米朝、春團治、圓蔵の揃いが、今後実現するかどうか・・・を考えると行けなかったのが残念。


リンク:「第7回朝日東西名人会」11月6日に大阪・梅田で

「天満天神繁昌亭」がオープン5

繁昌亭オープン1繁昌亭オープン2




落語の定席「天満天神繁昌亭」がきょうオープンしました。

開席前の天神橋筋商店街でのお練りでは、三代目桂春團治師を人力車に乗せ、桂三枝上方落語協会会長が引く場面のほか、桂三枝会長が人力車に乗り、笑福亭鶴瓶師がそれを引く場面があったようです。(なお、2枚目画像のその両端を固める綺麗所は「姉様キングス」。右側の林家染雀師は女装(笑)。)

2億円近い建設費が全て市民(法人含む)の寄付で賄われたのは凄いけど、これからの課題は寄席運営を維持していくこと。やっていけるかな?

ちなみに画像は読売新聞夕刊(大阪本社版)の第一面と社会面。
読売・毎日とも、皇室の話題より紙面が割かれていたのは正直嬉しかった。



リンク:
上方落語待望の定席、「天満天神繁昌亭」がオープン@朝日新聞
天満天神繁昌亭
桂三枝の落語的日常(ブログ)

いよいよ明日5

b1a0a7e8.jpg「天満天神繁昌亭」がこけら落とし。

楽しみ。

さて明日、桂三枝会長は春團治さんを乗せた人力車を最後まで曳くことができるでしょうか?(笑)

リンク:天満天神繁昌亭

市民寄席@東成区民ホール1

定時で仕事が”はけた”ので、帰りに今里の東成区民ホールでの「上方寄席」に行ってきました。
着いたら、既に公演が始まっていて、トップバッターの林家市楼さん(笑福亭喬若さんの代演らしい)や高座に上がっていました。古典を演じられていましたが(題は判らず)、ほぼ満場の年配のお客さんにとてもうけていました。
中トリは林家染丸さんが『子は鎹』でした。

中入り以降に、私のとなりの席のオヤジ2人がしゃべり続けるので、イライラがたまり、「静かにしろ!」と小声で注意しました。最後列だったので、高座の邪魔にはなっていませんでしたが、折角のトリの桂春團治さんの『祝いのし』が集中して聴くことができませんでした(憤)
入場料1500円で、春團治さん、染丸さんが聴けるのはいいのですが、落語会にしては比較的安いのでいろいろなお客が来るのですね。東成区民に安い料金で落語を聴いて貰うのはいいんですが。悪いマナーの客が来ては折角の名人の好演も台無しです。

あとは桂三金(さんきん)さんが、子供の塾の数学の問題を親が解く『宿題』という創作落語を演じられましたが、おもろかったです。途中午後7時に、学校で鳴るようなチャイムが会場に響きましたが(自動で鳴るようになっているのでしょう)、三金さんはそれを巧くアドリブに使って会場を沸かせていました。ただ高座の途中であのような音を出すなんて、落語ホールとしては失格(笑)

リンク:市民寄席@東成区からのお知らせ

(2011.8.19 1:52追記)
この会の演目を解る分だけ追記しておきます。

『?』林家市楼
『宿題』桂三金
『?』桂福車
『子は鎹』林家染丸
(仲入り)
『ハイウェイ歌合戦』桂勢朝
祝いのし』三代目桂春團治

上方はなし彦八まつり

きょうとあす(9月3、4日)に天王寺区の生国魂神社で「上方はなし彦八まつり」が開かれます。

続きを読む
当Blog内記事検索
NHKらじる★らじる
NHKらじる★らじる
radiko(ラジオの同時配信)
RADIKO

最新コメント
Links
お宝発見!体験型異次元空間
Links
Team-6
ブックレビューガイド
楽天市場
タイムズ駐車場検索 hspace=
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ