MASARUのブログ

since2005。 from Osaka, Kyoto, etc.

中村紀洋

20080401ジャイアンツ×ドラゴンズ@東京ドーム

◆4月1日 東京ドーム

ジャイアンツ 3−4 ドラゴンズ

1日火曜日は、残業のあと、千日前ビッグカメラへ買い物に。
たまたたテレビ売り場を通りかかると、仰山あるテレビのその殆どが、NHKのBSハイビジョンのこの試合の中継映像でした。

1日はサンテレビで「オリックス・バファローズ×ライオンズ@神戸」の試合中継があったのですが、どのテレビも映していませんでした。
たしか、ビッグカメラは「オリックス・バファローズ」を応援しているはずですが・・・。

ちょうど、そのテレビ売り場で通りかかったときに、中村紀洋選手が決勝のソロアーチを放ちました。
先発の上原投手の投じたボールを左翼席へ跳ね返しました。
キンテツ時代を彷彿とさせる会心の一撃でした。

思わず「よっしゃー!!」と叫んでしまいましたねぇ。

ちなみに東京ドームの右翼フェンスには1社分だけスポンサーが付かず、空いているスペースがありました。
巨人戦が人気ないから、歯抜けなのか?
もともと、その位置は「FUJI XEROX」が入ってて、昨年はあるゼネコン(スルガコーポレーションだったか?)が入ってましたが。先週の大リーグ開幕戦のときも歯抜けのままで、なんともかっこわるいもんでしたが。

2007日本シリーズ第5戦@ナゴヤドーム

384640ea.jpg7f0f9d41.jpg7fd7538a.jpg


◆11月1日 ナゴヤドーム

ドラゴンズ 1−0 ファイターズ(終了)

この試合、ドラゴンズ先発山井大介投手が8回をパーフェクト。
9回は岩瀬投手が相手を3人で締め、リレーパーフェクトで53年ぶりの日本一を決めました。

山井投手はダルビッシュ投手を超える堂々としたものでした。

試合後のインタビューで落合監督はリーグ優勝に拘っていたようでした。
落合監督自身はプレーオフ制には否定的な意見でしたからね。

なおMVPは中村紀洋選手。まさかここまでやるとは。
本当はキンテツのユニフォームでビールかけしてほしかったなあ。

2007クライマックス・セ第1ステージ

6d56e8a9.jpgb1cf4901.jpg

セ・リーグのクライマックスシリーズ第1ステージはドラゴンズがあっさり2勝しました。
ちらっとしか見ていませんが、タイガースは。。。淡泊やった。無策でした。岡田監督は本当に”リーグ戦のまま”で短期決戦に臨んだようです。

このステージでのドラゴンズの殊勲は中村紀洋選手だったようです。
単打狙いの彼なんて、バファローズ時代には考えられない。

(ホークス大村選手もしかりですが)環境が違うとこうも変わるのか(笑)

”ジョニー”黒木知宏投手、マリーンズ戦力外

1dfd80a6.jpgbb4e4b6d.jpg67f57e53.jpg


ジョニーこと黒木知宏投手がマリーンズから戦力外通告を受けたとのこと。
黒木投手本人は現役続行志望なようなので、千葉での引退試合は行われないままマリーンズのユニフォームを脱ぐことになりそうです。
今後は合同トライアウトに受け、他球団移籍の道をさぐることになるそうです。

a7cac2af.jpg


上の画像4枚は、1998年7月7日、グリーンスタジアム神戸での対ブルーウェーブ戦。
チームがプロ野球ワースト記録となる連敗を喫した試合。先発登板した黒木投手が連敗ストップまであと1球まで迫った試合でしたが、無情にも同点本塁打を打たれ、力尽きてしまいました。
黒木投手といえば、他にも千葉マリンで中村紀洋選手に満塁弾を打たれたりと、強烈な思い出がありますが、一番やはり神戸のこの試合ですね。



続きを読む

タフィ・ローズ選手、オリックス・バファローズと契約

849995a2.jpgタフィ・ローズ選手がオリックス・バファローズと単年契約。
背番号は「8」でドラゴンズに移った中村紀洋選手と同じと球団の“大本営発表”通り(?)に新聞が報じていましたが、統合前の両球団を考えると、礒部公一選手(現イーグルス)や、藤井康雄選手(現サーパスコーチ)の名が出てこないと(笑)

思い入れのある選手なので、最後の一花咲かせてほしいです。

中村紀洋選手、ドラゴンズ入り

46a32597.jpgオリックス・バファローズを退団した中村紀洋内野手がドラゴンズと育成選手契約を結んだとのこと。
年俸は推定400万円。

一軍でプレーするには、6月末までに支配下選手登録しなければならないそうですが、実力からして一軍入りは間違いないし、そうでなくてはならない選手です。




リンク:中日入団・中村ノリ「背番号205 年俸400万円」@朝日新聞

中村紀洋選手、オリックス・バファローズ退団へ

58be1207.jpg中村紀洋選手がオリックス・バファローズに残留しないことになったようですね。
コレまでの球団との交渉過程については詳しく追っていないのですが、公傷を認めるか認めないかの平行線だったようですね。

メッツとのFA騒動があってから人格が変わってしまった。
かつての”ノリ”に戻ってくれることを密かに期待していましたが。

彼が伸びてきたとき、彼のしなやかなスイングについて熱烈な野球ファンである私の知人(Buファンでない)が絶賛したことがあります。

中村選手は自身の立場を解っていないのでしょう。

統合球団にて、楔(くさび)となって奮闘している水口選手や的山選手、北川選手が不憫でなりません。


リンク:中村紀の交渉決裂、退団へ 最大要因は「公傷の扱い」@朝日新聞

23日土曜日は

午前11時台の伊丹発の飛行機でセレッソファンの知人とともに福岡入り。飛行機で福岡に行くのは初めて。
飛行機代はその知人の「おともdeマイル」の恩恵を預かり、片道10300円。

福岡空港のすぐ横には住宅地で騒音とか大丈夫なのか?と。
空港で昼食を摂った後、直行バスでスタジアムへ(片道160円)。
スタジアムでなかにしさんと合流。メインスタンドのSA席で観戦。

SA席の前売りを買ってて、バックスタンドに入ったんですが、なかにしさんは「セレッソ大阪応援のかたはメインスタンド側に入って下さい」と云われたそうな。確かに我々も云われていたけど、思い切り無視していました(笑)
・・でもSAメイン側にもアビスパサポの姿が。誘導したのは試合中やその後の両軍サポーターの衝突を避けてなんだけど、入れたら意味ないやん(苦笑)。

アビスパは今季からファミリーマートもスポンサーにつけてて、スタジアム内でファミマの出店を出していて、某大手チェーンのよりフライドチキンを一般店と同じ値段で売っていました(ファミマカードは使えません。)

さて、試合が終わって(試合については前エントリーを参照)、博多駅前にホテルの予約を獲っている知人やなかにしさんを一旦分かれ、スタジアムから天神までの直行バス(370円)に乗り、天神へ。空港の南側を通って、都市高速を経由。30分以上かかったような。
そのバスの中で、大相撲ラジオ中継を拝聴。安馬関ですが、この日も負け、自らの敗戦で横綱の優勝を決めてしまいました。平幕で優勝した”琴富士”の再現はならずでしたね。

ホテルは天神は国体道路・三光橋近くの福岡アルティ・インに。
シングル6800円なり。チェックアウトは11時まで。風呂のシャワーは低水圧シャワーに非ず。ホテルをチェックインする前に確認するのは、コンビニなんですが、さすが福岡中心街なので、複数件あり。翌日の朝食はコンビニで調達しました。
ホテルの室内は広め、6階の東南角の部屋でした。ベッドはセミダブル。

a0ee0e94.jpgで、待ち合わせ場所の地下鉄天神駅改札前に向かう途中で見つけたのは、ホークスとアビスパのグッズが揃っているローソン。
思い切り両軍応援ですね。


で、知人やなかにしさんと再び合流してからは、知人がネットで見つけたファイアーボールカフェへ。お店は西鉄福岡(天神)駅の西側、天神サザン通り沿いにある天神東宝という映画館の隣にありました。
ファイアーボールカフェお店ではいくつものモニターが置かれて、メインの画面では万博のガンバ×川崎戦を他の画面では千葉×京都戦とプロ野球のジャイアンツ×タイガース戦を放映していました。また様々な競技の選手のユニフォームなどが飾られていて、立教大学ラグビー部のジャージや、画像の通り、中村紀洋選手(当時Bu)のユニフォームも飾られていました。
フードは、この後に屋台に行くことも考慮して、控えめにしました。
メインの画面で放映されたガンバ×川崎戦は豊中市民招待デーということもあり、立錐の余地なしのように見えました。試合は前半途中での川崎マギヌン選手のプロレスばりの跳び蹴りで一発退場。これを機にガンバに形勢が大きく傾きました。見事に決まった技(笑)でしたが、川崎関塚監督は「をいをい何すんねん」と頭を抱えたことでしょう。
以降、川崎はガンバにボコボコのサンドバッグ状態でした。

ガンバ×川崎戦が終わってからは、中洲へ移動。博多川沿い、昭和通りより海寄りのある屋台に行きました。
屋台の横のテーブル席であれこれ談義しながら、飲み食い。前回(4年前)のときにも訪れ、王ホークスの采配の”本質”を率直に述べたところ、お客さんを凍り尽かせたそうなので(汗・・・私は憶えていない)、今回はアルコールの量減らしを自制しました(笑)
缶ビールや缶チューハイ。だし巻に串もあったけど、一番愉しみだったのは、焼きラーメン。
細麺の博多ラーメンを豚骨スープで炒め、最後にソースで味を調えてあるもの。スープに浸っていないので、麺が延びない。酒のアテだけでなく、ご飯のおかずにもいけるかと思いました(爆)
夜の福岡の裏通りは東京や大阪ほど外灯が立っていないので、思ったほど暗かったです。

屋台を出たあと、知人やなかにしさんと別れました。
ありがとうございました。

リンク:
おともdeマイル@JAL
福岡アルティ・イン
低水圧シャワー@TOTO
ファイアーボールカフェ@スポカフェ
中洲観光協会・中洲町連合会

(2006.9.25 0:30追記)
仙台サポのKAMMYさんが鳥栖での試合後、西中洲で呑んではったんですね。
ニアミスですね(笑)

リンク:西中洲 まる家にて。。。@KAMMY'S HOMEPAGE写真館(livedoor移行中)

16年前の『Number』

Number235-1自宅の部屋を整理していたら、16年前(1990年)の『Number』(235号)が出てきました。
メインの特集はプロ野球の珍プレー好プレー。
その他に、晴天の国立競技場でのサッカーのトヨタカップ・ACミランvsナシオナル・メデリン(コロンビア)の一戦。「名GKイギータを呆然とさせたスーパーゴール!」とな。
あと福岡ダイエーホークス監督に就任した田淵幸一さんへのインタビュー。田淵さんはインタビューの写真ではバットと竹刀をステッキ代わりにし写真に収まっていました。それにしても田淵さんの「噛めば噛むほどフィーバーする”放物線野球”」って何ぞや?ようわからん(苦笑)

Number235-2あと、その号には西武ライオンズ清原和博選手の特集も。
題して「清原和博 ふたたびゼロからの出発」って、今年の状況にも当てはまるのでは?ただ、その当時はスランプ脱却に燃える四番打者に対し、今は背水の陣。でも受け容れられた球団からはビッグ待遇な扱いのようですね。
思えば、清原選手が凄かったのは森祇昌さんがライオンズの監督だったとき。つまりバファローズと毎年のように優勝争いしていたときですが、彼がライオンズの最後の年(96年)はバファローズと3位争いした年で、その最終戦で自身の本塁打王のチームの3位を決めるバファローズとの直接対決。私はバファローズファンなので、チームのAクラス入りを確認するため、都内で仕事終わって西武球場まで急ぎました。試合は結果バファローズが敗れ、来季GS神戸での開幕が確定(その試合は土日とも中止になりましたが)。清原選手はその試合では凡退に終わり、結局ニール選手(BW)に本塁打数あと1本及ばずでした。試合後、観客も少ない中、試合後は手袋などをスタンドに投げていた清原選手。あれが彼を生で見た最後でした。

そして今年、10年ぶりにパ・リーグに帰ってきた訳ですが。かつての面影なし。顔もごつく黒くなったし、失礼だが枯れた巨木のごとく。

同じく大阪出身の中村紀洋選手との2ショットポスター「(大阪に)帰ってきたで」は球団が「大阪もホーム」を印象づけたかったんだろうけど、それはないだろうと思いましたね。

追伸
『Number』ですが、いつのころからか、企画が画一してきた印象が。
かつてはさまざまな競技をとりあげ、独自な切り口が合った様に思いましたが、今は”売れ筋”を優先で取り上げているように思います。野球でもパ・リーグより、阪神・巨人。サッカーならJより全日本と欧州サッカー。それもあって最近買うことも立ち読みすることも少なくなりました。

今も旧大阪近鉄ファンの心の中にある・・・

65acf1df.jpg先日の秩父宮ラグビー場で観戦をご一緒した大阪近鉄バファローズファンだった知人(関東在住)が提げていたリュックに、手打ち一筋男の大村直之外野手(現ホークス)と日本に帰ってきた中村紀洋内野手(現オリックス・バファローズ)のバッジを付けていたので、思わず撮影させてもらいました。

今も知人の心の中には中村選手の(今も近鉄最終年と同じく左右の足の位置が前後していたら、豪快に引っ張ってもアーチがスタンドインするとは思えないと素人考えで思うが・・な)オープンスタンスと、手打ちな大村選手のスイングがイメージされている訳で。

あと関東・・・で思い出しましたが、さいたま市のJR大宮駅から大宮公園サッカー場まで行く道の途中に大宮公園内にさしかかったところにお蕎麦屋さんがあったのですが、その名前が

「そば・うどん 大村庵」

でした(笑)

大阪近鉄を応援していたサッカーファンは是非、行くべし(笑)

中村紀洋選手、オリックスバファローズ入り表明

元大阪近鉄バファローズの中村紀洋内野手は21日、オリックス・バファローズ入りを表明しました。

中村ノリ、マイナー行き

厳しいけれど、彼は元々マイナー契約。
メジャーに残りたければ、メジャーの選手を超える印象を与えるほどの成績を残さないと。
同程度なら、生え抜きが優先されるのはどの世界も一緒ですからね。

…と派遣な稼業な私の意見。


□中村、開幕メジャーならず ド軍、マイナー行き通告(livedoorスポーツ)
http://sports.livedoor.com/baseball/major/detail?id=814096
当Blog内記事検索
NHKらじる★らじる
NHKらじる★らじる
radiko(ラジオの同時配信)
RADIKO

最新コメント
Links
お宝発見!体験型異次元空間
Links
Team-6
ブックレビューガイド
楽天市場
タイムズ駐車場検索 hspace=
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ