1980年の「中田ダイマル・ラケット」の漫才。
続きを読む