MASARUのブログ

since2005。 from Osaka, Kyoto, etc.

北野誠

誠・小春團治・くにおとおるの三人会〜笑わせたい〜@ソフィア堺

24日土曜日は堺市中区深井にあるソフィア堺(中文化会館)で行われた誠・小春團治・くにおとおるの三人会へ。
笑わせたい-1笑わせたい-2
続きを読む

「部長刑事」@ABC朝日放送

ABC朝日放送で以前、「部長刑事」という30分の刑事ドラマが放送されていました。
続きを読む

おかえりまこっちゃん

復帰して何より。

まこっちゃん、復帰

1db14163.jpg北野誠さんが20日の通天閣劇場(TENGEKI)の通常公演で、「漫談」で現場復帰したそうです。
舞台では謹慎中の生活をネタにしたようで。


今後は関西テレビで27日に放映するやしきたかじん氏進行の番組に出演するそうです。

北野誠さん、タレント活動再開へ

北野誠さんがタレント活動を再開するという。
出演していたラジオ番組や関連イベントの発言に関しての責任を取り、しばらくタレント活動を停止(謹慎)していましたが、所属の松竹芸能によると今週土曜日(20日)に通天閣劇場(TENGEKI)への出演を皮切りに、27日は関西テレビでのやしきたかじん氏司会の番組にも出演予定だそうです。

リンク:北野誠の処分の解除について@松竹芸能株式会社
続きを読む

北野誠さん、芸能活動無期限停止へ

タレントの北野誠さんが芸能活動を無期限休止することになったそうです。

続きを読む

【ラジオ】「誠のサイキック青年団」突然の終了

3月29日に終了予定だった「誠のサイキック青年団」@ABCラジオが8日放送分で「打ち切り」になったのは、以前のエントリーでのコメント欄に述べた通り。

この番組は芸能界の裏ネタを元にした「答えの云えないクイズ」もウリのひとつでしたが、最後の最後でとんでもないクイズを出題したもので。
さて、その答えは発表されるのであろうか・・・両人揃って墓の中までもっていかれるのか?


リンク:北野誠のラジオ番組が突然打ち切りに@日刊スポーツ

【ラジオ】「誠のサイキック青年団」3月で終了

大阪ABCラジオ日曜深夜の「誠のサイキック青年団」が3月29日放送分で終了することになったそうです。

1988年に始まって21年。
当初は裏番組に笑福亭鶴瓶さんと新野新さんの「ぬかるみの世界」@ラジオ大阪があったり、また平成になってからはFM大阪で中島らもさんの番組と時間帯が重なっていたことがありました。

北野誠さんと竹内義和さんによる、歯に衣着せぬ言動でいろいろトラブルもあったけど、日曜深夜という不毛な時間帯ということもあり長く続いてきたのか。
途中で提供スポンサーがなく、よく続いてきたなあと思いましたが、今度の4月の改編は全国的にもメジャーな番組が姿を消すようです。

ラジオはインターネットに広告収入で抜かされ、冬の時代。
「デジタルラジオ」とか云う前に統廃合もあるかもしれんなあ。

だいたいきょうの野球の日豪戦。大阪開催やのに、どこのラジオも中継してなかったやん。
ラジオ局自体に力がなくなってきているのか。

なお終了前日の3月28日に新大阪メルパルクホールでトークイベントを開催するそうです。


リンク:
誠のサイキック青年団@ABCラジオ
竹内義和のどきどきブログ

雀々十八番@シアターBRAVA!

64d386f9.jpg13日水曜日の夜は、OBP(大阪ビジネスパーク)にあるシアターBRAVA!での「雀々十八番」に行ってきました。

桂雀々さんの落語家生活30周年記念公演で、1日3題を六日連続で口演するというもの。
やしきたかじん氏のプロヂュースで連日大物ゲスト登場といっても、キャパ1100席を超える会場を毎夜埋めるのは、本人の人気も大きいことでしょう。
#因みに14〜17日の前売りは早いウチに完売となりました。



この日の演目は以下の通り。

つる』桂こごろう
動物園』桂雀々
▽仲良しトーク 太平サブロー、笑福亭笑瓶、北野誠、嘉門達夫、桂雀々
船弁慶』桂雀々
(中入)
蛸芝居』桂雀々

三味線:大川貴子、浅野美希
笛:桂しん吉
鳴物:桂まん我

開口一番は、桂こごろうさん登場。『つる』を軽快に15分でキッチリ。
場を温めてさっと下がれた後、主役の雀々さん登場。
かつていろいろな営業に行かされたエピソードをマクラにした後、『動物園』に。
虎の仕草をみて、やっぱりこの人が『動物園』のオーソリティであることを改めて思いました。
こごろうさんの『動物園』もいずれ聴いてみたいな、と。

雀々さん一席目の後はトークコーナー。
太平サブローさんとは、雀々さんが入門する前に出ていた東京での素人参加番組からのつきあいとか。二人は漫才もされてて、9月にはワッハ上方で漫才のライブをやるそうです。
笑瓶さん、北野誠さん、嘉門達夫さんは、若いときからつきあいがあるそうです。
笑瓶さんは噺家さんですので、五枚笹(笑福亭の紋)が入った羽織を羽織っておられましたが、新品に近い状態で着慣れてない様子でした(笑)
繁昌亭にも出て下さい。
トークの最後に嘉門達夫さんが自身の持ち歌から雀々さんのために替え歌を作られ、披露されましたが、残り時間が足りなくて、一番目の悲惨な少年時代の話だけでおしまい。出演者一同「それで終わりかい(笑)」。
二番目以降も聴いてみたかったが。

トークの途中で、先日の「横山ノックさんを送る会」で、久々に名調子ぶりを披露したという上岡龍太郎さんの話になり、その途中で北野誠さんが「・・・二代目上岡龍太郎を襲名したい」と口にしたら、客席の前列のほうから、「(二代目上岡龍太郎襲名とは)厚かましい!」の野次が、絶妙な間で入りました。
落語会の途中で、客席から声をかかるなんて東京ではありえないでしょうな(笑)
しかも絶妙なタイミングでした。ある意味、大阪らしい(笑)

トークコーナー終わった後は、二席目の『船弁慶』。
雀々さん口演のこの噺は昨夏7月の「田辺寄席」以来。
この噺も爆笑が大いに満載でした。

中入り明けての三席目も芝居モノ『蛸芝居』。
話の途中で出てくる蛸の仕草には、先日亡くなったノックさんの物真似も入りました。「ノックさんに捧ぐ」ですね。

ただ爆笑ものが三席も続くと、さすがにきつかったです。ダレました。
一席、違った趣の噺が入っていればと思いました。

でも「・・十八番」とタイトルの付く通り、三席とも(師匠の)枝雀さんを彷彿させる訳でなく、雀々さんの十八番(おはこ)であることを感じさせるものでした。


『蛸芝居』演じられた後は緞帳とともにスクリーンが下りてきて、ビデオクリップが上映されました。
プロデューサーのやしきたかじんさんの歌声をのせて、雀々さんに30年間を振り替えるビデオでした。ビデオには雀々さんの家族も登場してました。
この日のお茶子さんは、雀々さんの娘さんであったようです。


なお、13日以外に口演される予定の噺は以下の通り。
いずれも、この公演のライヴ盤がリリースされることでしょう。

12日(火)『手水廻し』『くしゃみ講釈』『花ねじ』
14日(木)『田楽喰い』『不動坊』『さくらんぼ』
15日(金)『鶴満寺』『景清』『代書』
16日(土)『がまの油』『仔猫』『疝気の虫』
17日(日)『子ほめ』『夢八』『愛宕山』


リンク:
やしきたかじんプロデュース「落語家生活三十周年 雀々十八番」@シアターBRAVA!
桂雀々落語のひろば!
当Blog内記事検索
NHKらじる★らじる
NHKらじる★らじる
radiko(ラジオの同時配信)
RADIKO

最新コメント
Buffaloes関連Links
Links
お宝発見!体験型異次元空間
Links
Team-6
ブックレビューガイド
楽天市場
タイムズ駐車場検索 hspace=
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ