MASARUのブログ

since2005。 from Osaka, Kyoto, etc.

千田やすし

第696回田辺寄席〜文福一座の巻〜@桃ヶ池公園市民活動センター(2014年11月15日) #rakugo

11月15日の夜は「田辺寄席」での文福一座公演へ。
第696回田辺寄席(文福一座の巻)

続きを読む

第439回田辺寄席@大阪市立阿倍野青年センター

第439回田辺寄席-120日土曜日は、田辺寄席の土曜夜席に行ってきました。

生で落語を聴くのは一ヶ月ぶり。本ブログにはレポートをアップしていませんが、先月の「島之内寄席」以来でした。

これから寒くなるので、じっくりのんびり聴くなら、混んでいる昼席より、夜席のほうが向いていると思います。



この日の演目は以下の通り。

開口0番〜文太の前噺 桂文太
十徳』桂ぽんぽ娘(ぽんぽこ)
動物園』桂まめだ
稽古屋』桂文太
(中入り)
腹話術 千田やすし
上燗屋』&相撲甚句 桂文福
抽選会 文太・ぽんぽ娘

会場には文太さんの「開口0番」が始まるまでに到着できました。
田辺寄席の事情を知らないかたは、開演時間(=前座の登場時刻)までに入ればいいやと思うかたがおられるかもしれませんが、それまでに文太さんが上げられて、前噺(といわゆる前説)を始められます。
前説とは事前説明。「携帯電話の電源切り方わからなかったら、つぶして下さい(笑)」と仰るアレです。

文太さんが下りられた後は、二番太鼓〜石段(前座の出囃子)と続いて、ぽんぽ娘さん登場。
「ぽんぽ娘」と書いて、「ぽんぽこ」と読むそうです。繁昌亭開席以降に弟子入りした「繁昌亭チルドレン」らそうです。ぽんぽ娘さんは文福さんに弟子入りする前は、東京で「メイド漫談」という風変わりな漫談を披露していたそうです。メイドなので「お帰りなさいませ、ご主人様」から始まるのだそうです。
話しっぷりからして、基礎はしっかりできている印象でしたが、後でプロフィールを確認して納得しました。文福さんに入門するまで8年のキャリアがあるそうです。話しっぷりから、タレントの山田花子さんを彷彿とさせます。
そのうち「メイド落語」も登場するかもしれません(笑)

二番手は「田辺寄席の人気者」桂まめださんです。
言葉では形容しようのない・・・・彼の挙動不審ぶりには。
一度、彼が出ている高座を聴いていただきたいです。言葉ではなんとも形容しようのない。
私は彼が前々から「安倍晋三氏」の頼りない感じが似ていると思っていたのですが、彼もついにネタにしていました!・・・しかし安倍さんは首相の座を降りたので、旬を外したような。

中トリは文太さん。
『稽古屋』を披露されました。今年、ABCラジオの『なみはや亭』でも文太さんご自身で一席演じられた噺です。文太さん好演でしたが、連日の残業の疲れがここに出て、後半の最後のほうは、半睡眠状態でした。痛恨でした。

第439回田辺寄席-2中入りは15分。
いつもの通り、田辺寄席世話人会の皆さんのご厚意で、お茶菓子が振る舞われました。

その間に舞台では、腹話術の千田やすしさんが立ちやすいように、高座を後ろに下げる作業を世話人会のかたがされていました。少々の動きにもびくともしないよう高座はとても重たく、何人かの男性の力で高座が後ろにずらされていました。大久保さんが後ろで見守っていました。


中入り明け、腹話術の千田やすしさん登場。
この道30年の千田さん。大きなスーツケースとスーツ姿で登場の千田さんは、お医者さんか、大学の教授っぽい雰囲気を漂わせていました。
スーツケースの中から出ていたのはかわいらしい子供でした。千田さんにより息が吹き込まれ、声を発してました。

トリは文福さん。
マクラは長め。小噺から相撲甚句。
そして本編は『上燗屋』。本編は10分ほど。もうちょっと聴きたかった。

最後は文太さんとぽんぽ娘さんによる抽選会。
ぽんぽ娘さんは、とても機転が聴いていました。若手とは思えないほどです。
本編の落語のほうは、これからを期待したいと思います。


終演後は、文福さんご自身でお客さんを見送られていました。
田辺寄席で、演者さんがお客さんを見送られるのは珍しいですね。


リンク:
田辺寄席
文福部屋
当Blog内記事検索
NHKらじる★らじる
NHKらじる★らじる
radiko(ラジオの同時配信)
RADIKO

最新コメント
Buffaloes関連Links
Links
お宝発見!体験型異次元空間
Links
Team-6
ブックレビューガイド
楽天市場
タイムズ駐車場検索 hspace=
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ