寄合酒No.409-1寄合酒No.409-2

田辺寄席の会報「寄合酒」の今月号が届きました。
巻頭、巻末には先月26日に行われた「千鳥湯寄席」の模様が載っていました。

昨年大晦日に閉業した銭湯「千鳥湯」(大阪市阿倍野区)の男湯の脱衣場をお借りして、出前田辺寄席。前売り券は完売し、女湯の脱衣場にモニターを設置までして(モニター鑑賞のほうは「無料」だったそうです)の開催されたようで。

盛況だったのが何より。別用で行けなかったのが残念でした。

『寄合酒』でも書かれていましたが、銭湯はその地域の社交場。いろいろな情報交換の場だったんですが。

このほか『寄合酒』には昨年末に行われた神戸市内の震災復興住宅での餅搗き(つき)大会の模様が載っていました。東大阪市の中学校の生徒がボランティアとして参加したようですね。
震災から12年がたったのですね。震災以降に産まれた子が中学校に上がることになるんですね・・・。

今月の「田辺寄席」は土曜日の昼夜を狙っていたんですが、土曜日は昼夜とも別用が入り行けず、日曜日に行きます。
日曜日は米朝一門の<いちもん会>のようで、トリは千朝さん。
千朝さんの噺はまだ聴いたことがないので、愉しみにさせてもらいます。
他には米八さんの「曲独楽」もあり、こちらも愉しみにさせていただきます!


リンク:田辺寄席