MASARUのブログ

since2005。 from Osaka, Kyoto, etc.

桂文三

笑う門には福来たる - 女興行師 吉本せい - @大阪松竹座(2019年5月18日昼の部) #吉本せい #藤山直美 #田村亮 #林与一 #喜多村緑郎

5月18日土曜日は、大阪松竹座での「笑う門には福来たる - 女興行師 吉本せい -」昼の部の公演へ。
IMG_3693

続きを読む

第16回東西笑いの喬演@大阪堂島・エルセラーンホール(2014年3月14日観賞) #rakugo

3月14日金曜日は、大阪は堂島、エルセラーンホールでの「第16回東西笑いの喬演」へ。
ホテルエルセラーンホテルエルセラーン-2第16回東西笑いの喬演
続きを読む

第642回田辺寄席(新・じっくりたっぷりの会 桂文三の段)@桃ヶ池公園市民活動センター(2013年5月18日観賞) #rakugo

5月18日土曜日は、桃ヶ池公園市民活動センターでの田辺寄席・夜席へ。
第642回田辺寄席@桃ヶ池公園市民活動センター

続きを読む

田辺寄席ニュース「寄合酒」No.544

田辺寄席の会報「寄合酒」が11日に自宅に届きました。
田辺寄席ニュース「寄合酒」No544
続きを読む

今夜「平成紅梅亭」放送

きょう深夜1時8分から読売テレビ10chにて。


演目は
『山内一豊と千代』桂春蝶
掛け取り』桂米紫
天狗裁き』桂塩鯛
(中入り)
四人癖』桂文三
禁酒関所』笑福亭枝鶴

続きを読む

【情報】「第79回平成紅梅亭」観覧者募集

読売テレビでは、来月15日に収録する「第79回平成紅梅亭」の観覧者を現在募集しています。

10月3日必着とのこと。

出演者は
(小つる改め)笑福亭枝鶴、桂塩鯛、桂文三、桂米紫、桂春蝶
と襲名された噺家さんばかりですね。

ペア100組なので、かなり高い競争率になるかな?

リンク:平成紅梅亭@読売テレビ

(2010.9.27 21:29追記)
小つるさんはこの紅梅亭収録の時点では「小つる」。11月に放送されるときには「枝鶴」の襲名が済んでいることになります。

リンク:六代目枝鶴襲名を成功させる会

「上方落語ボーイズ」

9d13d429.jpg「第1回上方落語まつり」をPRする「上方落語ボーイズ」が結成されたそうです。

イベントを共同で開催する吉本、松竹芸能、米朝事務所から2名ずつ選出。
選ばれたメンバーは笑福亭銀瓶(ぎんぺい)、桂こごろう、桂文三(ぶんざ)、桂吉弥、桂春蝶、月亭八光(はちみつ)。敬称略。

それにしても「上方落語ボーイズ」とは。「立川ボーイズ」みたいで、正直ダサいなあ。
目立ったらええんかいな。

「京橋精選落語会」

「京橋花月」で桂文珍さんプロデュースの落語会がスタートする。
「京橋精選落語会」といって、「おもしろい噺家」もしくは「うまい噺家」 もちろん「おもしろくてうまい噺家」ばかりに出演してもらろう、という会とのこと。

第1回は11月16日(月)の午後6時半からで、番組は

『ちりとてちん』月亭八光
『芋俵』桂文三
「お楽しみ」立川談春
(中入り)
『べかこ』笑福亭三喬
『らくだ』桂文珍

立川談春さんが出るので、即完売やろうなあ。

リンク:第一回京橋精選落語会@花花寄席日記

第81回出没!ラクゴリラ@ワッハ上方レッスンルーム

第81回出没!ラクゴリラ14日金曜日はワッハ上方レッスンルームでの「ラクゴリラ」へ。
続きを読む

第12回朝日東西名人会@シアター・ドラマシティ

f54deab1.jpg2日木曜日は梅田茶屋町「シアター・ドラマシティ」での朝日東西名人会へ。
続きを読む

桂つく枝改め五代目桂文三襲名披露興行@なんばグランド花月

f5113df8.jpg16日土曜日の夜は、NGKなんばグランド花月へ桂つく枝改め五代目桂文三(ぶんざ)襲名披露公演へ。



続きを読む

桂つく枝独演会@心斎橋・そごう劇場

ebc0830a.jpg25f734a3.jpg91e3fc60.jpg

24日金曜日の夜は、心斎橋そごう劇場での桂つく枝さんの独演会へ行ってきました。
5月に「五代目桂文三(ぶんざ)」を襲名するつく枝さんの今の名前での独演会は、この会が最初で最後だそうです。
続きを読む

桂つく枝『井戸の茶碗』@日曜落語なみはや亭

ee7f81a2.jpg7日の放送の日曜落語なみはや亭@ABCラジオ(日曜朝8時半〜)は、桂つく枝さんの『井戸の茶碗』。
6月に朝日放送新社屋完成記念落語会での模様。何日間かあった公演でのトリで演じられたものだったようです。

エアチェックしたものをiPodに移して聴きました。
続きを読む

第18回彦八まつり・奉納落語会2日目夜の部@谷九・生國魂神社

20080907彦八まつり-120080907彦八まつり-220080907彦八まつり-3


7日夕方は谷町九丁目(谷九)の生國魂神社で開かれた「第18回彦八まつり」の奉納落語会に行ってきました。
続きを読む

「第74回出没!ラクゴリラ」鑑賞レポ

モ〜やんさんが、先月30日の「出没!ラクゴリラ」@ワッハ上方レッスンルームを鑑賞され、そのレポートをmixiへアップされています。

公私多忙のため、落語鑑賞に時間が割けないので、こうしたレポートは貴重です。

なお、mixiの中に入るには、認証をクリアしなければなりません。


リンク:[mixi]モ〜やんさん|ラクゴリラ74
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=855240486&owner_id=2661188

桂つく枝さん、「五代目桂文三」襲名へ

桂つく枝さんが、「五代目桂文三(ぶんざ)」を襲名することになったようです。

今月末に記者会見する予定だったようで、箝口令まで敷かれていたようですが、その前に兄弟子の桂きん枝さんが、天満天神繁昌亭での自身の会で”うっかり”口にされたようです(笑)

文枝さんのガン闘病の話は、徹底した箝口令で、鉄の意志の一門やなあと思ったもんですが。

しかし、こちらはおめでたい話。
ええんやないですか?

楽しみにしたいと思います。


リンク:ええ!きん枝さん それはないでしょう・・・@梅田花月 花花寄席日記

渡瀬恒彦「ちりとてちん」クランクアップ(2008年投稿) #ちりとてちん

NHK朝ドラ「ちりとてちん」で、徒然亭草若役で出演した渡瀬恒彦さんがクランクアップということで、同番組の公式サイトで特設ページが設けられています。

渡瀬さんへの単独インタビューもあり。
コレまでとは違った役柄に、渡瀬さん、相当苦労されたようであることがインタビューから伺えます。
#落語はごまかしの効かない藝ですからね。

なおトップページは、ラストシーンの『地獄八景』で一緒に出演した、桂あやめ、桂つく枝、林家染左の3師もそろって映った画像も。
ドラマでは、あやめさん、染左さんは確認できなかったけど、つく枝さんは、あの体型にあの甲高い声なんで、すぐにわかりましたねぇ(笑)

渡瀬恒彦、桂あやめ、桂つく枝、林家染左



リンク:渡瀬恒彦さんクランクアップ@連続テレビ小説「ちりとてちん」
http://www.nhk.or.jp/drama/chiritotechin/topics/24_watase/

染左開発計画第31工区@ワッハ上方レッスンルーム

3e24a84b.jpg22日土曜日の夜は、千日前ワッハ上方での林家染左(そめざ)さんの勉強会に行ってきました。
会場にはぎりぎりの到着。Lindaさんご夫妻、モーやんさん、以蔵さんもお越しで、ご一緒に鑑賞させていただきました。
レッスンルームの広間に多くのお客さんが入っていました。


この日の演目は以下の通り。

いらちの愛宕詣り』笑福亭瓶成
大安売』林家染左
親子酒』桂つく枝
質屋芝居』林家染左
(中入り)
崇徳院』林家染左

開口一番は鶴瓶門下の瓶成さん。『いらちの愛宕詣り』(江戸落語相当:堀の内)を披露されました。
前回聴いたときより、巧くなられているように思いました。

ゲストのつく枝さんは『親子酒』。マクラでつく枝さんは酒をあまり嗜まないと云っていました。宴会では、もっぱら”残飯整理”だそうで(笑)
私は酒は多少頂きますが、残飯整理もやりますねぇ(笑)
つく枝さんは酒の嗜まないにしては酒呑みの仕草がサマになっていました。酒呑みの仕草をしっかり観察されているのでしょう。

染左さんは3席。
2席目の『質屋芝居』は初めて聴く噺。歌舞伎の仮名手本忠臣蔵三段目のパロディ。客の質草の衣服を使って蔵の中で芝居をするという。私には判らなかったが、噺の途中で言い間違えられた箇所があり、中入り前に説明されました。
3席目の『崇徳院』は先日聴いた笑福亭三喬さんのものとは若干違ってました。染左さんの工夫が見られました。


市民寄席@地下鉄今里・東成区民ホール5

77c50ed8.jpg8日木曜日は地下鉄今里近くの東成区民ホールでの市民寄席に行ってきました。
続きを読む

第69回出没!ラクゴリラ@ワッハ上方レッスンルーム

第69回出没!ラクゴリラ10日金曜日の夜は、千日前・ワッハ上方レッスンルームでの「出没!ラクゴリラ」に行ってきました。


この日の演目は以下の通り。

道具屋』桂ひろば
青菜』桂こごろう
高津(こうづ)の富』笑福亭生喬
(中入り)
うんつく屋』林家花丸
口入屋』桂つく枝

三味線:花登益子
舞台番:桂ひろば

開口一番は、ざこば門下のひろばさん。
後ろで登場する先輩のみなさんや、お囃子さんまで持ち上げた後(笑)、噺へ。20分ほどで終えられ、こごろうさんにバトンタッチでした。

2番手はこごろうさん。
マクラでは「言葉の使いかたが間違っている」というひろばさんのこれまでのエピソードを披露。「料理」は「奮う」でなく「振る舞う」。「腕を”奮って”料理を”振る舞う”」だろと。ほかにも彼の言葉の間違いがつきないようです。。。。
本編は『青菜』。先日の「べにこご」ではさらりと演じられていましたが、今回は所々にギャグが散りばめられていました。
演じながら「いくらでもギャグを詰めて、噺を自在に伸ばすことできまっせ」と言いたげでした(笑)
因みに、私はあす12日の米朝一門会@ヒルトン大阪の夜の部へ行くのですが、そこでもこごろうさんの『青菜』が聴けるようです。個人的には別の噺が聴きたかったが(苦笑)。さて、どないに演じられるのやろうか?

3番手は生喬さん。
高座に上がってすぐ、舞台番のひろばさんがセッティングした見台と膝隠しを位置を調整した後「同じ大きい体だが、私は細かいほうなので」。・・・確かに細かいことですが、そこをキチッとやるかやらないかで、藝に対する取り組みかたを先輩や観客に見られてしまうのか?と。
マクラでは弟子の生寿さんが食べ物に中って(あたって)体調を崩し、豊中での九雀の会にちゃんと出られるか心配になった噺。
(→某ブログによると、九雀さんの会に行かれた方のコメントが出てて、無事『つる』を演じきられたようです。)
本編は『高津(こうづ)の富』。安定した語り口。自称・鳥取の豪商の主人のイメージがニンに合っていました。

中入り明けは、花丸さん。
高座に上がられるとき、高座への階段を壊してしまって、そのときに足を痛めた様子。それを堪えながらの口演でした。
旅噺の『東の旅』シリーズのひとつである『うんつく酒』は初めて聴きました。花丸さんが云うには、林家で『東の旅』を演ることになって、師匠の染丸さんから「おまえは『うんつく酒』をやれ」と。
誰も演じる機会が少ない珍しい噺なので、それは何故かと師匠に聴けば「だって噺がおもしろくないんだもん(笑)」。
実際に聴いてみれば、確かに笑いは少ない噺でありましたが、造り酒屋の主人がすごむ場面とか、すごまれたときに咄嗟の判断で嘘話を作り上げて話すシーンなど、聴き所はありました。
あと花丸さんはマクラでは、松江での落語会の仕事に行ったときのエピソードを。花丸さんて、容姿と違い、うっかりキャラだったとはね(微笑)

トリはつく枝さん。
『口入屋』を披露。
噺の中で現在では使わない言葉が沢山出てくるので、説明に時間を割かれていました。
実際に噺を聴いてみると、粗い印象。ネタおろしに近い状態なのか?と。
つく枝さん自体もよく分かっていたようで、口演された後、観客に謝っておられました。
今後に期待したいと思います。

終演は午後9時を回りました。

リンク:出没!ラクゴリラ
当Blog内記事検索
NHKらじる★らじる
NHKらじる★らじる
radiko(ラジオの同時配信)
RADIKO

最新コメント
Buffaloes関連Links
Links
お宝発見!体験型異次元空間
Links
Team-6
ブックレビューガイド
楽天市場
タイムズ駐車場検索 hspace=
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ