MASARUのブログ

since2005。 from Osaka, Kyoto, etc.

桂文三

月例島之内寄席・三月席@千日前・ワッハホール

20070324島之内寄席三月席24日土曜日の夜は、千日前のワッハ上方での島之内寄席に行ってきました。

土曜日だし、結構入りがいいかな?と思いましたが、そうでもなかったです(苦笑)
300人ぐらいのキャパにざっと100人くらい?とは。存続が危ぶまれますね。

所謂”いちげんさん”が多い定席・天満天神繁昌亭との差別化を図っていってもと思います。



つる』林家市楼
大安売り』笑福亭風喬
堪忍袋』桂つく枝
『素人浄瑠璃』笑福亭松枝
(中入り)
『ルンルン大奥絵巻』桂あやめ
桜の宮』桂都丸

三味線:内海英華

トップバッターは市楼(いちろー)さん。早く”打順”が下がるといいですね。
開口一番の役目は観客の携帯電話を鳴らせないこと。マクラで携帯電話を切ってくれと注意を呼び掛けるのですが、それだけでは藝がないので、みなさんいろいろエピソードをつけています。それにしても自己チューなかた多いですね。

2番手の風喬さんの噺は初めて聴きました。昨年NHKの新人向けの大きな賞をとったそうな。東西の新進気鋭を退けての受賞。今後が期待されますね。
ただ、この日のマクラは細かいギャグが多く、ちょいとついていけませんでした。
噺は『大安売り』。春場所(会場の大阪府立体育会館は直ぐ近く)なこの時期ならではの噺ですね。

三番手のつく枝さんは昼間、羽曳野での市民寄席とのかけもちだったようです。
マクラでは、三回忌を迎えた師匠・文枝さんとのエピソードを。信じられない話ですが、入門時はつく枝さんは痩せていたそうです。師匠は何でも食べさせてくれたようです。何でもおいしそうに食べるお弟子さんでしょうから、師匠も嬉しかったのでしょう。
で体型も段々と・・・。
本編は『堪忍袋』。夫人とのエピソードを織り交ぜ、場内の笑いを誘っていました。

松枝さんの『素人浄瑠璃』は古典の『寝床』と同じ噺でしたが、噺を途中で打ち切られました。『寝床』だとサゲ(オチ)が判ってしまうので、こちらの題のほうがいいかも?
松枝さんは語り口と風貌が漫才の中田カウスさんにどことなく似てなくもないですね(微笑)

中入り明けは、あやめさん。
創作の『ルンルン大奥絵巻』を披露。
昭和40年代に関西テレビが制作したドラマ『大奥』が大好きだったそうで、あのドロドロとした愛憎劇がたまらんのらしい(微笑)
噺は、京出身の綾小路が連れてきた清楚な美女お美乃に対し、河内(ずばり河内出身)が連れてきたのは、暴走馬賊上がりのお竜。果たして、上様を虜にするのはどちら?というもの。
ドラマと言うより劇画タッチな噺でした。河内方が口にする河内弁は時代考証関係なしの河内弁でありましたが(笑)。ストーリーはよくできていたと思います。
クライマックスシーンで上様の喘ぎ声が下座(お囃子場)から聞こえたのですが、その声は姉様キングスであやめさん相方の林家染雀さんの声に似ていました。おそらく染雀さんご本人でしょう(笑)

トリは桂都丸さん。
マクラなしで『桜の宮』へ。これもこの時季ならではの噺。
でもこの噺は上方落語版でしか聴いたことないのですが、題は『桜の宮』より江戸落語の『花見の仇討』のほうが思い浮かぶのです。最初に呼んだ落語の本で紹介されていたのが江戸版の『花見の仇討』だったからと思いますが。

因みに、この日の昼間にNHKの大相撲中継を観ていたら、向正面に都丸さんらしき人物が。都丸さんはとても他人に間違えられづらい風貌されてますし、それに松枝さんのサイトに島之内寄席当日の舞台袖の写真が載っていたんですが、その写真の都丸さんは大相撲のときと同じ赤い服でしたので、間違いなくご本人だと思います(微笑)


リンク:
笑福亭松枝ホームページ
都丸倶楽部
上方落語協会茶道部
桂つく枝の満腹日記

第66回出没!ラクゴリラ@ワッハ上方レッスンルーム

第66回出没!ラクゴリラ20日火曜日の夜は、ワッハ上方レッスンルームでの「出没!ラクゴリラ」に行ってきました。

この回は、平成3年入門のつく枝、花丸、こごろう、生喬の4人の噺家さんが開いてる勉強会のような会。隔月開催で66回ということは11年続いているということですね。

この日の演目は以下の通り。

動物園』笑福亭呂竹
手水(ちょうず)廻し』笑福亭生喬
へっつい幽霊』桂こごろう
(中入り)
鷺捕り』林家花丸
悋気(りんき)の独楽』桂つく枝

この日の前座は呂竹さん。
今週はつく枝さんとともに繁昌亭の昼席に出ていて、その終演後、ラクゴリラの会場であるワッハ上方まで来る途中で、つく枝さんに「メシ食いにいかへんか?」と誘われ、天神橋筋商店街の洋食屋さんでカレーを食べた話をされました。
カレーには発汗作用があるそうで、それを気にしていた呂竹さんでありましたが・・・噺の途中から呂竹さんの額に汗らしきモノが見えたような(微笑)
まるで虎のかぶりものを、実際は被っていないのに被ったかのようでした(笑)

『動物園』は主人公が移動動物園でのアルバイトで虎のかぶり物をして、虎になりすます噺。天満天神繁昌亭の通常公演では前座噺として一、二を争うほど高座によくかかるそうです。(落語が初めてなお客さんに)ウケやすいからだそうです。

呂竹さんに替わって生喬さん登場。
マクラでは山形で合宿免許を取った話を。地方で合宿免許をとった人って、仮免許までは道が空いている地方の道を走って、いざ免許をとってみても、大阪の道になかなか慣れない人が多いんじゃないでしょうか?
とくに平日の運転が慣れた営業車ばかりでイケイケの大阪市内は大変だと思いますね。阪神高速の進入もビビるでしょうね。

で、生喬さんは免許はとったものの、ペーパードライバーだそうです。
生喬さんの本編は『手水廻し』。なかなかでした。
野太い声で男が長い頭を回すとき、生喬さんちょっと流し目でした(笑)

生喬さんに替わって、こごろうさん。
呂竹さんに「『動物園』のオーソリティ」と紹介されたこごろうさんが、自らが初めて米朝さんの前で『動物園』を演じたときのことを思い出したそうです。そのときは米朝さんに厳しく指摘されたそうですが、呂竹さんの『動物園』を見て、そのときの米朝さんの気持ちが判ったそうです。
こごろうさん、『動物園』での虎の歩く仕草を演りたそうでしたが、堪えてはりました(微笑)
私はこごろうさんの『動物園』は聴いたことないのですが、いっぺん聴いてみたいものです。

こごろうさんの本編は『へっつい幽霊』。
「へっつい」とは竈(かまど)ことだそうです。「へっつい」自体、死語だし、「かまど」も日常生活で使っているお家は、どこにもないでしょうから、イメージが沸きづらいです。
#私の親は農村出身なので「かまど」を使っていたそうですが。

こごろうさんのおどおどした幽霊キャラが気に入りました。痩せ身のこごろうさんだから、似合っていたのかも?

中入り明けでは花丸さん。
「中入り後はラクゴリラ純情編で…」と入られた花丸さんは、マクラでは大学時代のエピソードを話されました。因みに出身大学は、中入り前の生喬さんとこごろうさんが大阪芸大、中入り後の花丸さんとつく枝さんは桃山学院大だそうです。
本編では『鷺捕り』を。花丸さんいろいろアレンジされて挑戦されましたが、正直今回はイマイチでした(苦笑)。
今後練られて、スケールアップするのを期待。

『鷺捕り』は噺の最後で、現在福島区の堂島川に架かる「玉江橋」から、四天王寺の五重塔のてっぺんにいる男が見えるというシーンがあるのですが、当時は高い建物がなかったから、考えられるんでしょうが、今なら考えられませんね(笑)

トリはつく枝さん。
マクラでは生喬さんにお弟子さんがついた噺をされました。”真打ちクラス”になったラクゴリラのみなさんなので、お弟子さんがつくのは当然ですね。
来月につく枝さんの師匠である五代目桂文枝さんの三回忌追善興行が繁昌亭であり、その宣伝も兼ねて、師匠とのエピソードから、師匠文枝さんの十八番であった『悋気の独楽』の本編へ。
つく枝さんのご寮はんの仕草に色気があり、丁稚の定吉もよかったんですが、つく枝さんのご寮さんの声質が高くて、ご寮はんの台詞を聴くのがちょっとしんどかった(苦笑)


次は二ヶ月後の四月。
平日夜は仕事が忙しくなるとなかなかいけないのですが、時間を空けて行きたい会でした。


リンク:出没!ラクゴリラ

第1回新鋭・上方落語会@シアター・ドラマシティ

20060918新鋭上方落語会


18日は落語のハシゴでした。
昼は、梅田茶屋町シアタードラマシティでの「新鋭・上方落語会」に行きました。

この日の演目は以下の通り。

「口上」演者全員
桂つく枝「四人癖
笑福亭鶴二「七度狐
笑福亭三喬「阿弥陀池
桂雀々「代書
(中入り)
桂梅團治「鋳かけ屋
笑福亭仁智「スタディベースボール」

「口上」ではメンバー勢揃い。
代表して仁智さんと雀々さんが口上を述べていました。

トップバッターはつく枝さんの「四人癖」。四人の癖を判りやすく好演。会場爆笑。テンポよく滑舌よく。おそるべし”開口一番”。

三喬さんは「阿弥陀池」。アドリブ織り交ぜ、会場を爆笑に。

中トリは雀々さんが師匠枝雀さんバリの「代書」。
身振り手振り大きくサゲの「ポン!」まで会場を爆笑に。流石、この会開催の言い出しっぺだけのことはあり。すっかり「代書」は雀々さんの十八番ですね。

トリの仁智さんは創作の「スタディベースボール」はこんな話。

プロ野球でヒットや本塁打を打った打者は択一の問題を解かなければならない。それに正解できないとアウトとなる。・・・金満巨人は野球は下手な学者ばかりを揃え、金がない阪神は野球はできるけど、頭はよくない選手ばかり。そんな両軍はシーズン最終戦で優勝を懸け対戦。阪神はヒットや本塁打を打っても問題を間違えるので、得点できずにイニングは進んでいくが。

・・・金満巨人は同じですが、今の実際のメンバーは学者ばかりでないのに順位が下のほうですね(笑)
阪神の選手は創作された当時の選手が出ていました。掛布に真弓に岡田。
赤星や今岡はリアル過ぎてアカンかな?

ほか鶴二さん、梅團治さんもしっかり笑わせてもらいました。


リンク:
桂雀々☆落語のひろば!
笑福亭鶴二のほのぼの亭
桂つく枝の満腹日記

第二回朝日東西名人会@梅田・シアタードラマシティ

20060710朝日東西名人会月曜日は仕事のあと、梅田茶屋町シアター・ドラマシティでの「朝日東西名人会」に行ってきました。

この日の題目は以下の通り。
「延陽伯」桂つく枝
「愛宕山」立川志らく
「憧れの甲子園」笑福亭福笑
(中入り)
「ちりとてちん」笑福亭三喬
「やかん」立川談志

会場入りは開演ギリギリでした。
仕事をしていると、午後6時半の開演は結構きついです。
開口一番のつく枝さん、そつなく話されていました。確かにあの笑顔だと”つかみはOK”かな、と(笑)
志らくさん演じた「愛宕山」の江戸版は初めて聴きました。江戸の旅客(たびきゃく)が京都のタイコモチとともに愛宕山に上るすんですね。あとは上方と同じ。
私は上方版(京都の旦那に大阪出身のタイコモチ)のほうが感情移入しやすいですね。

福笑さんの噺は創作なんでしょう。甲子園での初戦で敗退した高校野球の監督が選手の前で冷や酒をあおりながらクダを巻く噺でした。笑い、泣き、怒りの表情が交錯し、会場は爆笑の連続でした。そして、ブラックジョークも時々飛び出し、(夏の甲子園を主催する)朝日新聞が主催する会でこういう噺を出すのは福笑さんにとってひとつの挑戦なのかな?(笑)
福笑さんは他にも創作噺(過激な噺が多いらしい)ので、いずれまた聴きたいと思いました。

中入り明けは三喬さんの「ちりとてちん」。
知ったかぶりを笑う噺ですね。仕事もそうですが、自身の無知を認めない。素直にならない人と一緒にやっていくのは正直しんどいですね。・・・もちろん自戒も込めて云っているのですが(汗)
因みに三喬さんて「阪急ブレーブスファン」だったそうですが、(放送ではともかく)自身の高座ではそれに触れたことがありません。ひとつのポリシーなんでしょう。世の中には自身の知名度を上げるため「阪神ファンです」という人が多い中で。

トリは談志さん。ちゃんと大阪まで来られました(笑)
マクラでは、鬱(うつ)だといいながら、”あの国”の話をするときはとても活き活きしているように見えました(笑)
そして、”あの国”に関連したジョークがあまりにも過激で観客を”激ひき”させていました(その内容は此処では云えません。別途私まで問い合わせて下さい(笑))
まあお客さんは事前に談志・福笑の名前を見て会場に訪れているので、ある程度までは堪えられるでしょうが(笑)
でマクラを終わって本題は・・・小咄の連続だったような。短いジョークが何本も飛び出しましたが。正直しんどかった(苦笑)。マクラは鮮烈だっただけにね。




こんな時勢に談志さん5

来週の月曜日(10日)に大阪梅田シアター・ドラマシティでの「朝日東西名人会」に
立川談志さんが出演ということで、覗いてこようと思います。

こんな時勢・世相だから談志さんのマクラを聴きたい、と(微笑)
談志さんの毒で毒を消したい、と。

追伸
ちなみに月曜日の会は、立川志らくさん、上方からは笑福亭福笑さん、三喬さん、桂つく枝さんも登場。こちらも愉しみです。


リンク:「第2回朝日東西名人会」7月10日に大阪・梅田で開催@asahi.com

第22回染左改造計画@ワッハ上方レッスンルーム

ef493f69.jpg土曜日の夕方はワッハ上方レッスンルームでの林家染左さんの会へ行ってきました。

この日の演目は次の通り。
「犬の目」笑福亭呂竹
二人ぐせ」林家染左
替り目」桂つく枝
写真の仇討」林家染左
(中入り)
植木屋娘」林家染左

レッスンルームはワッハ上方の7階にあり、50人くらい入れば一杯の座敷です。レッスンルームというのだから、普段はつまりお稽古場として使われているのでしょう。
開口一番は(千葉ロッテマリーンズファンの)笑福亭呂竹さん。昨年の彦八まつり@生国魂神社でのスポーツチャンバラでは渡辺俊介投手のユニフォームを羽織ってのぞみ、みごと優勝したそうです。(→参考ページ
が、この日の呂竹さん、マクラから呂律(ろれつ)が回らないのが見受けられました。当然額に汗、汗。茹で蛸状態でした。
この日のゲストは文枝一門からつく枝さん。マクラでの汗かき話には大いに同感。太っている=汗掻きはイコールでないと思うのですが・・・。そのつく枝さん、
この日の「替り目」は時間の関係で途中までの口演でしたが、好演でした。

染左さんは三席を熱演。「写真の仇討」は染左さん自身”けったいな話”といっていましたが、確かに。写真に刃物を突き刺すなんて(笑)
残る2席も爆笑でした。染左さんは、メリハリ効いてて聴きやすかったです。

その染左さんですが、阪大の出身で、郷土資料館の学芸員を経て、染丸さんに入門されたそうです。

リンク:
卒業生の活躍@大阪大学/文学部
桂つく枝の満腹日記

夢の三競演 三枚看板・大看板・金看板@シアターBRAVA!5

月曜日は仕事帰りにビジネスパークへ文珍さん、南光さん、鶴瓶さんの落語会に行って来ました。席は前から二列目の上座寄りでした。
613967ec.jpg

続きを読む

20050808吉例桂文珍独演会@なんばグランド花月

P252i0013107621.jpg月曜日は仕事帰りになんばグランド花月に「吉例桂文珍独演会」に行ってきました。
定時に退勤したんですが、地下鉄谷町線が人身事故で再開の見通したたずで急遽別ルートでなんばまで。ぎりぎりに着き間に合いました。




この日の題目は以下の通り。

『ちりとてちん』桂つく枝
住吉駕籠』桂文珍
素浄瑠璃『義経千本桜 渡海屋の段』義太夫・豊竹咲太夫、三味線・鶴澤燕二郎
船弁慶』桂文珍
(中入り)
『新・鉄砲勇助』桂文珍
(開演19時、終演21時30分)

『船弁慶』は今年亡くなった師匠である文枝さんの代表作。噺の途中で義太夫とか芝居がかったシーンもあり、文珍さん熱演。
また『船弁慶』に因んで、文楽から豊竹咲太夫さんと鶴澤燕二郎さんをゲストに、素浄瑠璃の『義経千本桜』が披露されました。浄瑠璃を生で聴くのは、10年くらい前に東京の国立劇場で初めて文楽を見たとき以来の生鑑賞。義太夫の咲太夫さん850人入るNGKでマイク無しの地声で義太夫を熱演されたんですが、こちらが不勉強なこともあって、言葉はわかりづらかったです(苦笑)
『住吉駕籠』は、以前米朝さんのを生とCDで聴いたことがありますが、ここまで爆笑ネタだったか?と思うほど笑いました。駕籠屋に絡むあの酔っぱらいに似たオヤジには、絡まれた経験あってリアルでした(微苦笑)
『新・鉄砲勇助』は、古典の『鉄砲勇助』が影も形もないほど現代風にアレンジされていました。鉄砲はでてこなったです(笑)
補助席まで出ていたこの日のNGKは、3席とも客席波打つほど爆笑の渦でした。
文珍さんは、上方で一番笑いのとれる噺家さんやと思います。


リンク:スポニチ大阪

追伸:
この日の会場では10月20日(木)にNGKで開かれる『談志vs文珍ふたり会』の先行予約が行われていました。
談志師匠、当日大阪にちゃんと来られるかな?(笑)
因みに先行予約を担当していた若い男性(吉本の社員さん?)は談志師匠のことを「タ”チ”カワダンシ」と云ってました。
大師匠の名前ぐらい、ちゃんと云えないと…。

以下、アフィリエイト。

桂文珍(5)「老婆の休日」/「ヘイ!マスター」-「朝日名人会」ライヴシリーズ7
桂文珍16「新・世帯念仏」「三枚起請」
桂文珍(9)「地獄八景亡者の戯れ」
桂文珍14「胴乱の幸助」「老楽風呂」
桂文珍(15)「宿替え」/「饅頭こわい」-「朝日名人会」ライヴシリーズ28
桂文珍4「はてなの茶碗」「星野屋」
桂文珍(12)「高津の富」「天狗裁き」-「朝日名人会」ライヴシリーズ21
桂文珍(6)「らくだ」-「朝日名人会」ライヴシリーズ8
桂文珍(2)蔵丁稚/宿屋仇
桂文珍(7)鷺取り/不動坊
続きを読む
当Blog内記事検索
NHKらじる★らじる
NHKらじる★らじる
radiko(ラジオの同時配信)
RADIKO

最新コメント
Buffaloes関連Links
Links
お宝発見!体験型異次元空間
Links
Team-6
ブックレビューガイド
楽天市場
タイムズ駐車場検索 hspace=
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ