MASARUのブログ

since2005。 from Osaka, Kyoto, etc.

桂歌々志

桂歌々志改メ三代目桂歌之助襲名披露公演@千日前ワッハホール

642d2844.jpg5日の夜は千日前ワッハホールでの桂歌々志改メ三代目桂歌之助襲名披露公演に行ってきました。
前売りを買っていたのですが、仕事が延び、会場に着いたのは、中入りの頃でした(苦笑)
補助席まで満席でしたので、立ち見で見ました。


この日の演目は以下の通り。

平林(たいらばやし)』桂まん我
書き割り盗人』桂米左
さくらんぼ』桂雀々
子ほめ』桂ざこば
(中入り)
<襲名披露口上>桂ざこば・桂雀松・桂小米朝 司会:桂米左
「曲独楽」桂米八
<追加口上>桂米朝
寝床』歌々志改メ三代目桂歌之助


中入り明けは口上でした。
元々は、口上に米朝さんが入り、司会は小米朝さんが務める予定でしたが、米朝さんが自宅で目眩したそうで。それで遅れての到着となり、口上には間に合わずで、司会は米左さんでしたが、米左さんは”そつなく”司会を務められました。
小米朝さんは繁昌亭のこけら落とし公演で、東京から来演の桂歌丸さんを”三遊亭・・”と紹介してしまったそうで(圓楽さんとイメージが重なったのか?(笑))。今回、どないトチられるのか心配であり、且つ楽しみでもあったのですが(笑)
口上では、みなさん新・歌之助さんの師匠である先代歌之助さんのエピソードを紹介。歌之助さんの独演会の日に”事件”が起こるのですが、中島らもさんがそのエピソードを小説『寝ずの番』の中で披露されています。・・・そんなエピソード、フィクションではなかなか思いつかないですからね(笑)
そんな中、ざこばさんだけは「歌之助の独演会の日に事件が起こるのは、偶然や。そやから気にするな。だからここで米朝が死んでも偶然や(笑)」旨のことを話されてました。

雀松さんは大学(千葉大学工学部)を出た新・歌之助さんから知人を通じて「雀々さんの弟子になりたいので紹介してほしい」と云われたそうですが、当時30歳代の雀々さんは色々な事情があって弟子入りが叶わなかったとのこと。・・で暫くしてたら先代歌之助さんの弟子に入ったのだそうです。

口上の締めは大阪締めでした。
かけ声は小米朝さん。「では米朝の名代として・・」にざこばさん「オマエは名代やない!米朝の息子としてや!」。「では米朝の愚息として」に変えると、ざこばさん「そうや愚息や!」・・・そのやりとりに会場は大爆笑。
舞台真ん中の新・歌之助さんの両端をざこばさんと小米朝さんが大声で掛け合うものだから、頭を下げたままの新・歌之助さんは可哀想やったなあ(笑)
なお大阪締めを行うときに「打ちましょう!」と手を挙げなければならないそうです。

米八さんの曲独楽の後は、米朝さんが登場。遅れての口上。介添えさんには小米朝さん。間に合って何より。正座から立たれるときがしんどそうでした。

トリは新・歌之助さん。
『寝床』をたっぷりと。アクションやくすぐり入れて会場を沸かせていました。
演じきると、緞帳が下がっても会場は万雷の拍手。先代のファンの人も多く来られていたでしょう。新・歌之助さんを暖かく見守っていたようでした。

なお新・歌之助さんの襲名披露は、今月22日から天満天神繁昌亭の昼席で一週間。3月1日は東京の内幸町ホールで開かれるそうです。



リンク:
「三代目歌之助襲名へ現実感」 桂歌々志が本社来訪@朝日新聞
歌々志が3代目桂歌之助を襲名@日刊スポーツ
桂歌之助の千社札@京の噺家 桂米二でございます

桂雀々落語のひろばVol.33@千里中央A&Hホール

土曜日は、花園でのラグビー観戦の後は、千里中央へ移動し、桂雀々さんの会へ行ってきました。

続きを読む
当Blog内記事検索
NHKらじる★らじる
NHKらじる★らじる
radiko(ラジオの同時配信)
RADIKO

最新コメント
Buffaloes関連Links
Links
お宝発見!体験型異次元空間
Links
Team-6
ブックレビューガイド
楽天市場
タイムズ駐車場検索 hspace=
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ