MASARUのブログ

since2005。 from Osaka, Kyoto, etc.

横山典弘

横山典弘と「春の天皇賞」といえば、 #keiba

2004年の大逃げ「イングランディーレ」か。
続きを読む

第71回オークス@東京競馬場


2bf2dc83.jpg
ead4427b.jpga3ab1fea.jpg


G1レース初の1、2着の「同着」でした。
ゴールまで残り200mから2頭の叩き合いで最後、ゴール板を同時に通過。
その後の写真判定で首の上げ下げで、ほんとわずか外のアパパネかと思いましたが、判定は同着。
レース後のインタビューでは、アパパネ騎乗の蛯名正義騎手とサンテミリオンの横山典弘騎手が揃って登場。インタビュー後はテレビ向けに喜びの抱擁まで見せていました。

5c6f0cdf.jpg



リンク:【オークス】アパパネ、サンテミリオンが同着V@サンケイスポーツ
続きを読む

第26回マイルチャンピオンシップ@京都競馬場

57610210.jpg234f01ac.jpg0687145a.jpg

8歳馬カンパニー号の有終のラストランでした。
末脚の違いを見せつけてくれました。
淀の空は雨模様でしたが、彼の走りは天晴れでした。

第140回天皇賞@東京競馬場

593af8ed.jpged92c49c.jpg4b05cbd1.jpg

リアルタイムはラジオ中継を拝聴。
4角回ってから直線で、8歳馬のカンパニー号が素晴らしい末脚やった。
女傑ウォッカ号が追うも届かず。
大ベテランの快挙に実況の文化放送のアナウンサー、声裏返っとったがな。
レース後、横山典弘騎手も興奮。
どやっ!おっさんパワー見たか!であったなあ。

天皇賞・春@京都競馬場5

競馬の第133回天皇賞・春@京都競馬場はディープインパクト号(武豊騎手騎乗)が制しました。
3角途中で早くも先頭に出たディープ号。もしかして最後で差し切られるかと思いましたが、そんな心配は不要でした。最後の直線では、いつもの通り地力を発揮し、後続を離していきました。
そんな中G1レース12度目挑戦のリンカーン号(横山典弘騎手騎乗)は直線でディープ号と同じスピードで追いましたが、届きませんでした。G1では2着3着4着が何れも2度ずつあるリンカーン号ですが、初制覇はまた先の話になってしまいました。
当Blog内記事検索
NHKらじる★らじる
NHKらじる★らじる
radiko(ラジオの同時配信)
RADIKO

最新コメント
Buffaloes関連Links
Links
お宝発見!体験型異次元空間
Links
Team-6
ブックレビューガイド
楽天市場
タイムズ駐車場検索 hspace=
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ