c1ef99e6.jpgab79a293.jpg

◆2月2日 磐田・ヤマハスタジアム

ヤマハ発動機 21−39 東芝(終了)
(前半:7−26)
(後半:14−13)

神戸製鋼とヤマハ発動機のプレーオフ(マイクロソフト杯)進出の可能性が消滅。

この試合で引退する村田亙選手が後半残り約10分出場。
試合後のセレモニーでは同学年のサッカー中山雅史選手(ジュビロ磐田)やかつて在籍した東芝の瀬川智広監督から花束が贈られ、胴上げされていました。

お疲れさまでした。