MASARUのブログ

since2005。 from Osaka, Kyoto, etc.

立川志の輔

三枝改メ六代桂文枝襲名披露公演「大千穐楽」@フェスティバルホール(2014年3月8日観賞) #rakugo

3月8日土曜日は、大阪・中之島「フェスティバルホール」での三枝改メ六代桂文枝襲名披露公演「大千穐楽」へ。
大千穐楽大千穐楽-2
続きを読む

20130804志の輔らくご@森ノ宮ピロティホール(2013年8月4日観賞)#rakugo

8月4日日曜日は森ノ宮ピロティホールでの立川志の輔さんの落語会へ。
森ノ宮PilotyHall志の輔らくごin森ノ宮2013
続きを読む

20120524立川志の輔独演会@森ノ宮ピロティホール5

24日木曜日は、森ノ宮ピロティホールでの「立川志の輔独演会」の初日へ。
立川志の輔独演会@森ノ宮ピロティホール
続きを読む

南沢奈央(みなみさわ・なお)@週刊朝日20111205号

女優の南沢奈央(みなみさわ・なお)さんが、週刊朝日12月5日号の表紙と巻頭インタビューに。
南沢奈央@週刊朝日南沢奈央@週刊朝日-2
続きを読む

立川志の輔独演会@富田林・すばるホール

31日日曜日は、まず、富田林市の「すばるホール」での「立川志の輔独演会」へ。
立川志の輔独演会@富田林SUBARUホール

続きを読む

『短命』三代目桂文我@志の輔ラジオ 落語DEデート

東京の文化放送の「志の輔ラジオ 落語DEデート」を拝聴。
続きを読む

「笑福亭鶴瓶 WHITE」大阪公演

82a1dc13.jpg今月3日から7日まで6日連続で、大阪のシアターBRAVAで行われた笑福亭鶴瓶さんの落語会があったのですが、「清く正しい日記」のたにっちさんが、そのうちの3日分を鑑賞され、そのレポートをブログに挙げられています。


リンク:
[落語]大秘宴會、3日のメモ@清く正しい日記
[落語]大秘宴會、5日のメモ@清く正しい日記
[落語]大秘宴會、7日のメモ@清く正しい日記
落語大秘宴會 笑福亭鶴瓶 JAPAN TOUR 2009-2010 WHITE 大阪公演@清く正しい日記
(いずれも携帯電話からの閲覧が可能)


いずれも盛況だったようで。何より。
私はチケットは無いものと思い早々と諦めましたが。
続きを読む

「笑福亭鶴瓶 WHITE」

82a1dc13.jpg笑福亭鶴瓶さんが、落語会の大規模なツアー公演を行うようです。

その名も「笑福亭鶴瓶 JAPAN TOUR 2009-2010 WHITE(ホワイト)」。

続きを読む

立川志の輔独演会@能勢・浄るりシアター

3ba6fd2f.jpgea2cf188.jpg


11日は大阪府北部の能勢町(のせちょう)にある「浄るりシアター」での立川志の輔さんの独演会へ行ってきました。
続きを読む

第12回朝日東西名人会@シアター・ドラマシティ

f54deab1.jpg2日木曜日は梅田茶屋町「シアター・ドラマシティ」での朝日東西名人会へ。
続きを読む

ドキュメンタリー映画『小三治』

66f20b07.jpgebbf79da.jpg

十三の第七藝術劇場で観てきました。

以下、ネタバレ。

続きを読む

2月24日桂都丸南座落語会の追加公演チケット

a7640ba4.jpg今月24日(日)の京都・南座での桂都丸さんの三十周年記念の落語会について、同日の夜6時から追加公演があるそうです。
昼2時からの公演のチケットが即日完売になったため、急遽夜公演を開くことになったんでしょう。
でチケット発売はきょう2日の朝。


演目は昼公演と替わらないようです。都丸さんが2席に師匠のざこばさん、そして笑福亭鶴瓶さんと立川志の輔さんの客演も同じです。

鶴瓶ファンのたにっちさんは昼公演のチケットがとれなかったようですが、今回は獲得できたらいいですね。

いつもは「南座」の向かいの「北座」で落語会(染屋町寄席)を開いている都丸さんですが、今回南座の大舞台に乗り込んでの公演ですな。昼・夜とも盛況であればと思います。


リンク:
♪取〜れん取〜れんぴ〜あぴあ、前売け〜ん@清く正しい日記(たにっちさんのブログ)
都丸倶楽部
京都四條 南座@松竹
北座@井筒八ッ橋本舗

(2008.2.2 1:54追記)
都丸さんは2席でなく、3席かけるようですね。失礼しました。
トップ、中トリ、トリと出られるようです。
トップはてっきり、前座で直弟子の都んぼさんかさん都さんかと思いましたが、お弟子さんは下座か手伝いに回られるのでしょう。

2008年4月、文珍10夜

桂文珍10夜連続独演会来年還暦を迎える桂文珍さんが、今年10月から半年かけて、全47都道府県を回る独演会ツアーを行っている。
そのオーラスは、来年4月、NGKなんばグランド花月で10夜連続公演。

続きを読む

今日は「志の輔らくご」

e9bd630f.jpg昨日、今日と梅田茶屋町シアタードラマシティで「志の輔らくご」があったが、時間も金もなく、鑑賞断念。

今回は「文楽編」とのことで、大阪ゆかりの文楽(人形浄瑠璃)とのコラボレーションだったようだが、聴けなかったのが、残念。

さらに全国でもっとも集客のある落語家といわれている立川志の輔さんであるが、この2Daysは当日券があったようで。ますます残念。

次回の大阪公演は是非とも。


リンク:しのすけコム
パソコンサイト
携帯サイト

今夜の『情熱大陸』に立川志の輔さん

今夜23時からの『情熱大陸』@TBS系に”毒のない立川談志”な(笑)立川志の輔さんが登場します。

この番組、落語家さんが取り上げられることがたまにありますが、取り上げられるのは東京の人ばかりで、上方の人はないですねぇ。
#以前、鶴瓶さんが取り上げられたことがあったかどうか・・・。


リンク:情熱大陸@MBS毎日放送
パソコンの場合
http://www.mbs.jp/jounetsu/
携帯電話の場合
[メニュー]→[TV(関西)]→[MBS毎日放送]→[情熱大陸]

20051020談志vs文珍ふたり会@なんばグランド花月5

63d7a0f4.jpgきょうは仕事を定時で終え、NGKなんばグランド花月での「談志vs文珍ふたり会」に寄ってきました。





お題は以下の通り。

『阿弥陀池』桂文華
『胴乱の幸助』桂文珍
(中入り)
『老楽風呂』桂文珍
『子別れ』立川談志
談志・文珍対談

この日は前から四列目の正面で高座をほぼかぶりつきで拝ませてもらいました。
談志さんは以前から二人会のときは会場入りが遅れるとか無断で休むとかがたまにあるそうです(笑)
以前、大阪での米朝さんとの二人会のときには会場に来られなくて、米朝さんを怒らせたとか?
文珍さん、高座へ上がると早々「談志師匠がいつ来られるかわかりません(笑)」。9月に池袋の東京芸術劇場であった二人会のときには”中入り”過ぎても現れず、仕方がなく文珍さんが高座に上がると、客席の一番後ろに談志さんがいて「ここにいるよ」と声をかけられたそうです。遅刻など談志ファンのみなさんにとっては十分”想定内”なことでしょうね(笑)。なお、きょうは”中入り”のときにNGKの楽屋に入られたんだそうです。
東京落語の『子別れ』は上・中・下に分かれていて全部きっちり演ると、90分以上の長講となるんですが、談志さんは、「上」と「中」をダイジェスト風に、そして解説を交えながら、肝心の「下」の部分をウェットでなくドライに好演されました。(この噺、ウェットにお涙頂戴に熱演される師匠は多いですが。)
談志さん、登場してしばらくは小噺とか「○○○○、マンセー!」とかいつもの調子で様子を伺っていましたが、本題になるに連れ声量が大きくなり、テンションが上がっていくのがよくわかりました(笑)
最後の文珍さんとの対談では「もう(大阪では)これが最後」と口にしながら、熱く(といっても談志さんのことですからクールを装ってますが)落語論を展開。もうすぐ70歳なんですが、落語に関してとても前向きなので今後が楽しみです。

追伸
この日のNGKの二人会と同日同時刻に行われていた淀屋橋朝日生命ホールでの雀々さんの会のゲストは立川志の輔さんでした。東京の落語家さんはなかなか大阪へ来ることがないので、重なってもう片方が拝めなかったのは残念。
当Blog内記事検索
NHKらじる★らじる
NHKらじる★らじる
radiko(ラジオの同時配信)
RADIKO

最新コメント
Buffaloes関連Links
Links
お宝発見!体験型異次元空間
Links
Team-6
ブックレビューガイド
楽天市場
タイムズ駐車場検索 hspace=
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ