MASARUのブログ

since2005。 from Osaka, Kyoto, etc.

貫地谷しほり

明日4日から「ちりとてちん」再開

NHK朝ドラ「ちりとてちん」は4日(金)から再開。
ビデオタイマー予約はお忘れ無く。


リンク:連続テレビ小説「ちりとてちん」@NHK

徒然亭一門会@天狗座(連続テレビ小説「ちりとてちん」第73、74話)

NHKの朝ドラ『ちりとてちん』の12月24、25日放送分は天狗座で6年ぶりの徒然亭一門会。
貫地谷しほり@ちりとてちん
続きを読む

ドラマ『ちりとてちん』第12週まで終了

NHKの朝ドラ『ちりとてちん』が第12週まで終了。
草々の破門騒ぎも一件落着。

きょうの放送は参った。涙腺に来た。
脚本はよくできていると思う。笑ろうて泣いて。

ところで落語指導の林家染丸さんのブログにヒロイン役の貫地谷しほり嬢が登場しています。
染丸さんブログでの2ショット画像を見て、今後もいろんな変装があるようですね(笑)

同ドラマの年末年始の放送は年末は28日まで。年始は4日から。


リンク:
ちりとてちん視聴率アップ!@ニッキ紙(林家染丸さんのブログ。携帯電話からでも閲覧可能)
連続テレビ小説「ちりとてちん」@NHK

ドラマ『ちりとてちん』のガイドムック

先日、ドラマ『ちりとてちん』のガイドムックを購入しました。

NHKは朝ドラと大河ドラマのガイドムックを出しているようです。

ガイドムックに主要はキャストのみなさんのインタビュー。
徒然亭草原役の桂吉弥さんは「(草原は)自分と全然違うタイプ」と。
確かに全然違う(笑)
師匠の徒然亭草若役の渡瀬恒彦さんは「こんな役をいままで演じたことない」旨のこと云うてはりました。
渡瀬さんてシリアスな役が多かったですからね。

ガイドムックには落語指導の林家染丸さんに、女性落語家の第1号の露の都さんや桂あやめさんのインタビューも掲載されていました。

青木崇高さん演じる徒然亭草々は豪快な役柄なので「笑福亭」が似合いそうに思いましたが、染丸さんが指導されているので、彼の噺っぷりは、「林家」だな。と(笑)


以下、アフィリエイト(amazonへリンクしています。)

ちりとてちん―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)

BK秋のふれあいひろば@NHK大阪放送局

Lindaさんご夫妻が今週末にNHK大阪放送局で開かれている「BK秋のふれあいひろば」に行かれたようです。BKとはNHK大阪放送局のコールサイン(JOBK)に由来してて、古い藝人さんはNHKのことを「BK」と呼んでおられることがあります。

朝ドラ「ちりとてちん」のセット見学や落語指導(林家染左さんが担当されたようです)に、ドラマに出てくる「天狗座」が会場に設けられてて、そこでは桂小米朝さんが一席口演されていたようです。

また特別番組の全国放送があり、ヒロインの貫地谷しほりさんは、昼に夜に番組出演に引きずり回されたようです(笑)

なお「天狗座」では日曜日も公演があり、落語指導担当の林家染丸さんのほかに、落語家役で出演する本職の桂吉弥さんも出演されるそうです。

それにしても、「ちりとてちん」の徒然亭(つれづれてい)の紋はなぜ、「蝉」なんやろうか?


リンク:
ラグビーの友人と@P.B.Lindaの部屋
BK秋のふれあいひろば@NHK大阪放送局

『ちりとてちん』

ちりとてちん-1ちりとてちん-2


今月から始まった朝ドラの『ちりとてちん』ですが、毎日ビデオで見ています。
前回、大阪局制作の『芋たこなんきん』は、ビデオに録って、週末に見ていましたが、多忙で全部見るのが大変でした。
今回はどんなに残業が遅くなっても、飲み会で遅くなっても15分だけ時間を割いて見ています。

脚本がよくできていますね。コメディータッチで、ときに涙をさそう場面も。
朝ドラにありがちな(前作の「どんと晴れ」のような)優等生ぽいヒロインでないし。

めっけものだったのは、ヒロインの母親役の和久井映見さん。好演していますね。
ある噺家さんは彼女演じる母親を見て、癒し系だと云うてはりましたが、納得です。

ただ、ヒロインが幼少時代に祖父が聴いていたテープの落語を聴いて笑うシーンがあるのですが、その一席を演じていたのは、渡瀬恒彦さん演じる徒然亭草若の『愛宕山』。落語を口演するというより朗読しているかのようでした。
正直笑えるか?・・・あのテープだけは本職の名人に任せる訳にはいかなかったのだろうか。


リンク:連続テレビ小説「ちりとてちん」@NHK

追伸
ヒロインの兄弟子である徒然亭草々のライバルの若手落語家を本職の桂よね吉さんが演じてて、その高座の場面(演目は『辻占茶屋(つじうらちゃや)』)でしたが、テレビ画面に下座(お囃子場)が映ったのですが、鐘を叩いていたのは、林家央二さんでした。

染殿寄席@阪神西宮・白鷹禄水苑

eaa5c6df.jpg4b1a22f4.jpge1a742e7.jpg


9日は西宮は白鷹禄水苑での「染殿寄席」へ行ってきました。
会場は阪神電車西宮駅から札場筋を徒歩10分、海へ向かったところにあります。

528d1e42.jpg日本酒メーカーの白鷹さんが手がけているお店で、旧家をイメージした建物の中に、ショップ、レストランなどがあり、2階に今回の会場である「宮水ホール」がありました。
ホールがざっと入って100席ちょっとくらいのキャパシティ。

最後列からも染丸さんの表情や身振り手振りもよくわかりました。


この会の開演前に白鷹さんの蔵出し吟醸酒もしくはソフトドリンクの一杯サービスがあったのですが、会場へはクルマでいったので、ソフトドリンクを頂戴しました。
しかし、氷水に冷やされた蔵出し吟醸酒がとってもうまそうだったので、帰りに1瓶買ってしまいました。




ご挨拶 河内厚郎
阿弥陀池』林家卯三郎
地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)・前半』林家染丸
(中入り)
地獄八景亡者戯・後半』林家染丸
トーク「酒、噺、街・・・」林家染丸・河内厚郎

三味線:山澤由江
舞台番:林家染吉



卯三郎さんが登場する前のこの会のプロデュースされた河内厚郎(かわうち・あつろう)さん(雑誌『関西文學』編集長)のが挨拶。「染殿寄席」につぃて触れられました。
この会は20年以上前には同じ西宮市内の「染殿池(そめどのいけ)」の近くで、染丸さんが当時染二さんだったときに数回開かれていたそうですが、今回、白鷹禄水苑さんの協力で20年ぶりに復活したそうです。

前座の卯三郎さんは『阿弥陀池』を披露されました。
卯三郎さんは「後ろが『地獄』だから『阿弥陀』にした」と云っておられましたが、『阿弥陀池』の噺の中に「西宮」が出てくることもあり、この噺にされたのかと思いました。

染丸さんの『地獄八景』は前編、後編に分けて口演されました。全編通しだと1時間を超える長講だから分けられたのでしょう。以前、NGKでの「桂文珍独演会」で文珍さんによりこの噺が口演されたことがありましたが、そのときも今回と同じく2編に分けられたと思います。
噺の中には現代の世相も入れられました。そして大きなホールと違うところが、細かい仕草が愉しめるとこと。今回、軽業師の綱渡りを足の動きを指で再現なされました。NGKでこれやられてもわからない。小規模のホールだからできることですね。
あと噺に入る前、下剤の「大黄(だいおう)」の説明をされました。「大黄」を知らないと、この噺の”サゲ”(オチのこと)がわからないからでしょう。

貫地谷しほり『地獄八景』終演後は、染丸さんと河内さんによるトーク。トークは今回口演された『地獄八景』や、染丸さんが現在落語三味線指導を担当されているNHKの朝ドラ『ちりとてちん』についてがほとんどでした。
現在は稽古からリハーサルそして、本番までつきあうので、朝から晩までNHK局舎に閉じこもりぱなしだとか。
お弟子さんやなくて、落語に関して素人である俳優・女優さんに指導するので、大変な作業だと推測しますが、染丸さんは「役者さんの瞬発力には恐れ入った」旨のことを話しておられました。抜群の集中力を発揮しないと務まらないないのでしょうね。
主演の貫地谷しほり嬢(東京浅草出身。ちゃきちゃきの江戸っ子らしい)のイントネーションはとても不安だが(苦笑)、ドラマのシナリオ自体は愉しめるんじゃない・・・染丸さんの話を聴いて思いました。
#ドラマの詳しい内容、展開も話をされましたが、ここでは触れないでおきます。


会場にはLindaさんご夫妻に、モーやんさん、AKASIさんもこられていました(AKASIさんにご挨拶できなかったのは残念でした。)

リンク:
染丸@web林家染丸公式ホームページ
河内厚郎事務所
西宮・喜多向稲荷神社(漢織・呉織伝承の旧蹟)。@神戸の空の下で。 〜近畿の史跡めぐり〜(一般ブログ。「染殿池」について触れられています。携帯からも閲覧可能)
白鷹禄水苑公式ホームページ

第17回彦八まつり

彦八まつり「彦八まつり」が今週末(9月1、2日)に大阪・谷町九丁目の生國魂神社で開催されます。
上方落語の始祖・米澤彦八に因み、上方落語のファン感謝デー的イベントとして毎年9月の第1土曜、日曜日に行われてきて、今年は17回目。

今年の実行委員長は、今年噺家生活30周年の桂都丸さんが勤められます。
「30周年記念同期会」と題した土曜日夜の部の奉納落語会では、トリを努められるそうです。

また初日の土曜日には、10月スタートのNHK朝ドラ『ちりとてちん』のヒロインである貫地谷しほり(かんじや・しほり)さんがゲスト出演するそうです。福井出身の女性が落語家を目指すドラマで、それの宣伝があるのでしょう。

「彦八まつり」の毎年のオープニングは、女流の噺家さんや下座(お囃子)の三味線のかたで構成されている「上方笑女隊」によるお色気ショーがあるのですが、朝ドラのヒロインがやってくる今年はプログラムに入っていませんでした(笑)。やらな。

他は人間国宝・米朝さんと喜味こいしさんの対談があったり、するそうです。

私は2日は某サッカーチームの追っかけがあるので、1日に行こうかと思います。
ドラマ「ちりとてちん」で落語・三味線指導を担当されている林家染丸さんも出演する女流の奉納落語会1日昼の部にあり、これは見逃せないなと思っていますが、人混みに慣れてないので、大変だろうな・・・・。


リンク:
彦八まつり@社団法人・上方落語協会
貫地谷しほり オフィシャルブログ『しほりのおしゃべり工房』


なお、チラシ(画像)に「落語家総出演!」とありますが、それは嘘で(笑)、非協会員の枝雀一門は、「彦八まつり」と同時間帯に、トリイホールで会を行うようです。
当Blog内記事検索
NHKらじる★らじる
NHKらじる★らじる
radiko(ラジオの同時配信)
RADIKO

最新コメント
Links
お宝発見!体験型異次元空間
Links
Team-6
ブックレビューガイド
楽天市場
タイムズ駐車場検索 hspace=
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ