MASARUのブログ

since2005。 from Osaka, Kyoto, etc.

野々村芳和

野々村芳和(ののむら・よしかず)@20190601朝日新聞「be」 #野々村芳和 #consadole #朝日新聞

6月1日付の朝日新聞土曜別刷り「be」の巻頭インタビューにサッカーJリーグ「北海道コンサドーレ札幌」社長の野々村芳和(ののむら・よしかず)さん。
IMG_4120
続きを読む

Jリーグ札幌CEO野々村芳和氏インタビュー@日経BP社 #北海道コンサドーレ札幌 #野々村芳和

J1「北海道コンサドーレ札幌」の代表取締役CEOの野々村芳和さんへのインタビュー記事が日経BP社のサイトに掲載されている。
続きを読む

Jリーグアフターゲームショー@スカパー!

41f2991b.jpgスカパー!で放映している「Jリーグアフターゲームショー」。

かつてフジテレビで放映していた「プロ野球ニュース」(現在はCSのフジテレビ739で放映)のJリーグ版のような番組。
続きを読む

2007J2第6節・札幌×C大阪@室蘭

9b9f9079.jpg

◆3月31日 室蘭市入江運動公園陸上競技場

札幌 1−0 C大阪(終了)
  (0前0)
  (1後0)

【得点者】カウエ(札幌)

前半は札幌の守備にはまるも、後半にリズムがでたんですが。
惜敗でした。

以降に後程、追記します。


(2007.3.21 22:29追記)
試合の模様はカフェセレッソ@南津守での観戦会で拝見しました。

前半は堅守な札幌ペース。
中盤でちまちまボール回しているうちに奪われ、カウンターから危ない場面が何度も。しかし”不動の3バック”であるゴールポストの活躍もあり、前半は無失点に。
後半は札幌の守備が緩みだしたころに、森島(寛)選手が投入。攻撃にリズムが生まれ、札幌は対処しずらそう。いいジョーカーぶりを発揮。
しかし、その森島(寛)選手の”吹かし”とか、他の選手のゴールも枠に入らずなど、得点機を逸しているうちに、あちらにゴールを決められてしまいましたとさ。
このあとは猛攻の場面もありましたが、同点ゴールはならずでした。

札幌は昨年までセレッソにいたブルーノ・クワドロス選手が移籍。私はオフシーズンはサッカー情報を追っていなかったので、ブルーノ選手が札幌に移籍していたとは知りませんでした。
コンサの赤黒のジャージに身を包んだブルーノ選手はとても精悍(せいかん)でした。守りの要として、またセットプレーではあの高さがとても脅威でした。
改めて、素晴らしい選手を失ったことが寂しかったです。
また左サイドには「北陽のマラドーナ」こと西谷正也選手がいました。めぐりめぐって札幌にとは。その西谷選手は何度も左サイドを駆け上がり、札幌の得点機を演出。また自身もゴールを奪おうと仕掛けていましたが、セレッソのゴールを奪うことはありませんでした。

カフェセレッソでは他のセレッソサポーターとともに観戦しました。
放映されたスカパー!の中継は札幌の地元放送局(STV)が制作を担当したようで、それもあってかコンサドーレ寄り。解説の野々村芳和氏(私やモリシと同学年)は元コンサドーレのかたですが、的確。しかし、例えれば(他競技で悪いが)西武ライオンズなどの管理野球の出身者が近鉄バファローズの奔放な野球について語るときのことを思い出しました。的確なんだけど、わかってるわ(苦笑)。わざわざ云うな(憤)、と。
試合内容も内容だったし、自宅で一人で見てたら、フラストレーションは溜まるでしょうな。

試合を通してみれば、札幌の三浦俊也監督(大宮アルディージャから移籍)のプラン通りの試合運びだったんだろうな。前半から所謂コンパクトなサッカー。三浦監督の思惑通りに選手が動いているイメージ。ゴールは奪えなかったものの。そして、セレッソの選手交代を待って、選手を投入し、きっちり守備を修正。対処してました。

同じ負けでも惜敗と惨敗は違いますが、三浦監督のプラン通りで敗戦なら、完敗ということか(苦笑)


リンク:試合結果@J's GOAL
当Blog内記事検索
NHKらじる★らじる
NHKらじる★らじる
radiko(ラジオの同時配信)
RADIKO

最新コメント
Buffaloes関連Links
Links
お宝発見!体験型異次元空間
Links
Team-6
ブックレビューガイド
楽天市場
タイムズ駐車場検索 hspace=
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
カテゴリー別アーカイブ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ